ピクシブ百科事典

天木錬

あまきれん

天木錬は、小説「盾の勇者の成り上がり」の登場人物である。 「盾の勇者の成り上がり」の外伝である「槍の勇者のやり直し」にも登場している。
目次[非表示]

概要

CV:松岡禎丞
16歳の高校生。「」と「保身」の勇者
切れ長のと白い肌、いかにもクールという印象。
VRMMOの存在する世界から召喚された。

盾の勇者の成り上がり

序盤は尚文とは敵対はしていないものの、盾を死に職と思い込んでいるために少々蔑んだ態度を取るなどしている。中盤までは仲間を置き去りにしたりとソロプレイが目立ち、経験値稼ぎや腕試しといった目的で東の村のドラゴンを倒すが、死骸を処理しなかったために後に大きな災害をもたらす(この件に限れば村民も後処理を引き受けた上で観光資源として死骸を放置したため、一概に彼だけのせいとは言い切れない)。

さらなるパワーアップをしようと無謀にも霊亀に挑んだことにより、仲間は全滅して名声を失う。
一応思うところはあるようで自分のしたことが解ってはいるが、ゲーム感覚が抜けきらず、同時に罪悪感からの逃避でしかなく尚文に話を聞いてもらうも図星を衝かれすぎて激昂する。
更に信じ(させられ)たマルティにも裏切られ、それがトドメとなり盗賊に成り下がる。
この時カースシリーズの強欲、さらにそこから暴食を発現させる。

その後尚文達と戦うも、カースシリーズの影響もあり今まで以上に話を聞かないようになっていたため尚文に見捨てられかけるが(web版では殺そうとした。書籍版でも手足を落として再起不能にして捕縛するべきかと考えた)、エクレールに技量で圧倒された上に矛盾点を論破されて敗北。正気に戻った後は尚文たちと和解して仲間を重要視するようになり、この世界がゲームではないと理解するようになり、四聖の中では尚文の一番の相方となる。(と言うより他の勇者は鳥のことばかり考えていたり、自分の意志が全くなかったりして、尚文は敬遠していた)

カースシリーズの反動で仲間になった直後は強欲の代償でレアアイテムを全くドロップできず、
武器や硬貨も触っただけで崩れ去ってしまう貧乏体質になってしまい、暴食の代償で経験値も入らなくなってしまう。
(の配下)とマルティによるメルロマルク革命の事件では、同じ剣つながりで呪いの武器の正体を暴くのに一役買い、
鳳凰戦では戦闘不能になった尚文に代わり(簡単ではあるが)戦場に指示を出したりもした。

タクト戦ではガエリオンと組んでトカゲ女に対応する。この頃にはカースの呪いがほぼ完全になくなっていて、武器をなくした尚文に剣を渡したりもした。

女神戦では女神からの攻撃を受けて死亡してしまい、剣の精霊の機転で元の世界へと帰還する。しかし、尚文の世界より時間の流れが速いため、尚文に迎えに来てもらう頃には2年ほど経っていた。その間、いつか戦う時が来た時のために一人修行に明け暮れており、2年前の錬を迎えに行こうとした尚文に今の自分を連れて行くよう頼み込む。
尚文と共に異世界に戻り成長した剣技を見せたが、容姿も成長してしまっていたためエクレールから「誰だ、お前は!」と言われてへこんでしまった。

槍の勇者のやり直し

メルロマルク編前半までは中立(国の明らかな不正のため、やや尚文寄り)
本編と同じくレベル至上主義で、強くなることに目がなく、フォーブレイ編以降は元康に強くなる方法を教えてもらう代わりに尚文の一部始終を見せられ、仲間に加わる。

シルトヴェルト編では、最初こそ3勇教に気に入られていたのもあり従順だったが、今ある現状とメルロマルクの言動と矛盾があまりにも有りすぎたため、段々不審感が高まり一回目のリユート村の波の終了時の祝いの宴会でメルロマルクを不審に思いゼルトブルへ姿を消す。

メルロマルク編では、尚文への差別を最初は自分には関係ないこと、弱職だからとまるで無関心だったが、(元康の策略で)クラスアップの際の異なりすぎる条件の他、樹との理不尽すぎる決闘、中間報酬の減額等、目にあまりすぎるものがあり尚文側へとだんだん片寄っていくが、カルミラ島でのメンバー交換イベントをきっかけに対立し、パワーアップして元康達を出し抜くために霊亀と鳳凰を復活させてしまう。

フォーブレイ編以降は、メルロマルクの陰謀を知り、勇者一行に加わり旅をしているうちにチームプレイの何たるかを理解し、弟子を取るまでになる。
また、共同生活をしていく上で多芸すぎる尚文に対抗して、戦闘以外で何か手に職をという発想で、剣繋がりで魔物の解体を覚える。
樹に音楽の才能があると露見した時は恨みがましい目で樹を見ていた。

また、カナヅチであるため海へ狩りへ行く際はかなり嫌がった。


人物像

四勇者の中では比較的だがまともな感性と正義感を持っており、東の村のドラゴンの二次災害を聞いたときは顔を真っ青にしながら尚文に手間をかけたことを謝罪もしている。
しかし、自分にどうしようもなく甘い面があり追い詰められるとそれが顕著となり、女王の権威を振りかざしたり、地道な鍛錬を怠っており、書籍版では武器の力を使わない純粋な剣の技量のみの試合ではエクレールを相手に無様に立ち回るしかなく、スキルを使うという反則で倒した上に言い訳ばかりと段々地金が晒されていく。
序盤で尚文に多少のフォローをしたときも後出しジャンケンのようなタイミングや、責任を負わずに済む場合しか行わないため、実質尚文の益とならず、尚文からの印象も良くなかった。

本編(盾の勇者の成り上がり)中でも度々クールぶったりまるでサブカルの主人公が言いそうな厨二病のような言動が目立っていた彼だが、「槍の勇者のやり直し」のゼルトブル後編では正式に厨二病を患っていることが発覚し、クロとコントを繰り広げる。

ラフタリアがいない時には代わりに尚文の悪事にツッコミを入れたりする。
特に、web版の本編中盤ではラフタリアが修行のため長期離脱してしまい、実質尚文の相方となっていた。
書籍版では彼女が離脱しないため出番は大幅に減ってしまっているが、彼女からも他の二人よりマシと思われているのか、たまにではあるが「レンさん」と名前で呼ばれている。

元の世界にどこか尚文に似た知り合いがいるらしく、書籍版21巻冒頭ではそのことに触れている。


能力・戦闘スタイル

尚文の仲間になる前は、強化方法の共有をしていなかったために尚文の防御力を突破できずにチート呼ばわりした(武器は霊亀素材の上位のもの)。
その際にその程度の攻撃力で霊亀に挑むなんて無謀と尚文に言われた。

改心後は共有を実践したり、避けていた鍛錬や文字の勉強など(書籍版では鍛冶も勉強している)にも精を出すようになり、第一線で戦えるようになった。

カナヅチだが、適性のある魔法は援護。また、魔法も水の一部なので適性がある。
氷を出せるので槍の勇者のやり直しでは砂漠地帯での猛暑に重宝された。

苦労人?女難?

改心後はそれまでとは逆に責任感の強い性格になったのだが、強くなりすぎてすっかり苦労人キャラとなっている。
例えば書籍版ではグラス達の異世界に尚文や達が渡った際、村の留守を任されたのだが、残ったメンバーが元康ガエリオンといった問題児ばかりだったため、ストレスと胃潰瘍で倒れてしまった。
16歳の若者が胃潰瘍を発症するのだから、どれだけ精神的負担が酷かったか容易に想像できる(帰ってきた尚文も、話を聞いたときは呆れたものの、実際に錬のやつれ具合を見て怒るに怒れなかった)。

さらには、自覚のないままラフタリアをはじめとする女性陣にモテまくる尚文や、やはり自覚がないのにリーシアと相思相愛になった樹に比べて(元康は論外)女性問題でも恵まれない。
自分を救ってくれたエクレールには思いを寄せているのだが、恋愛に興味のない彼女からは仲間としてならともかく、異性と見なされていない。また、上記の自分が倒したドラゴンの養女であるウィンディアには責任を感じており、何かと気にかけているが彼女からも煙たがれている(最初は嫌われていたので、まだマシになった方)。
後日談にあたるweb版番外編では、あまりの哀れっぷりに見かねた尚文が助け舟を出すほどだが、相変わらず双方ともに男性として見てもらえず、上記の通りリーシアと上手くいっている樹を羨ましがっている。

果たして、彼に春は来るのだろうか‥‥。


関連タグ

盾の勇者の成り上がり 盾の勇者の成り上がり登場キャラクター一覧
厨二病 保身
苦労人

その他の四聖勇者
岩谷尚文 北村元康 川澄樹

関連人物
エクレール=セーアエット ウィンディア(盾の勇者の成り上がり)

pixivに投稿された作品 pixivで「天木錬」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1139

コメント