ピクシブ百科事典

ウィンディア(盾の勇者の成り上がり)

うぃんでぃあ

ウィンディアは、小説「盾の勇者の成り上がり」の登場キャラクターである。
目次[非表示]

概要

盾の勇者の成り上がり

犬系の亜人。
竜帝のガエリオンに育てられたが、親ガエリオンは錬に討伐されて亡くなり、1人ぼっちになった所で奴隷狩りに遭う。最終的に奴隷商で売られていた所を尚文に買われる。
そのため錬のことを嫌っているが、錬が自分や自身の罪の事でネガティブな考えをすると喝を入れたりしている。次第に保護者面されるのは嫌がる者のわだかまりがなくなり、名前で呼ぶようになっている。魔物が好きで子ガエリオンを父親のように育てるのが目標。
子ガエリオンの中に親ガエリオンの人格がある事は、親ガエリオンの自立させる方針のため知らされていない。ドラゴンに育てられたためか、若干ドラゴンびいきしている。
思考も魔物寄りで魔物は戦って強くさせるのが一番と考えており、ラトとは意見がぶつかるも、強くさせる方法を共に模索する同士関係であり、研究の手伝いをしている。
しかし学が足りないため、ラトに遊ばれていることが多い。村の皆で、狩りで見つけた魔物の巣から卵を拝借し、尚文に内緒でキャタピランド等の魔物を飼育していた。
その事が尚文にばれた際、キャタピランドを庇おうとした言動から「谷子」という渾名を名付けられそうになる。web版ではこの時点では尚文が本名を知らなかったこともありそのまま谷子と呼ばれるようになったが、書籍版では本人が嫌がり、尚文に本名を名乗ったため、最悪の事態は免れた。
村の魔物の多くがラフ種になった際は若干嘆いていた。竜帝のガエリオンに加護を受けており、龍脈法が使える。また、ガエリオンに乗って戦闘を行ったりもする。

槍の勇者のやり直し

槍の勇者のやり直し」では、メルロマルク編から登場。 元康からは助手と呼ばれる。
メルロマルク編では冒険者に奴隷商に売られかけられているところを元康一行に救われ、そのまま仲間になる。
とても優しい子で、父の残した負の遺産で回りを迷惑をかけないようと、本来は見捨てて言いはずの東の村の救援に駆けつける。
当初は親殺しの錬は恨んでこそいないが、関わろうとも思っていなかった。
しかしカルミラ島でのメンバー交換で錬と組んだことで、我慢していた怒りと不満が爆発して錬をタコ殴りにしてしまい、後に錬と樹が元康たちと対立する一因となる。
フォーブレイ編では錬が仲間なため親殺しはされないが、かなりのお父さんっ子で旅立ちを嫌がったが父の元に帰る手段を提示されて仲間になる。


関連タグ

盾の勇者の成り上がり 盾の勇者の成り上がり登場キャラクター一覧
ウィンディア(曖昧さ回避)

関連記事

親記事

兄弟記事

コメント