ピクシブ百科事典

ガエリオン

がえりおん

ガエリオンは、小説「盾の勇者の成り上がり」の登場キャラクターである。
目次[非表示]

概要

盾の勇者の成り上がり」と「槍の勇者のやり直し」共に同名の親子が登場しているが、子の方は別個体。
そのため、本ページでも別々に記載している。

盾の勇者の成り上がり


親ガエリオン


フィロリアルの女王によりバラバラにされたという真の竜帝の一部である竜帝の欠片を継承した、純血種のドラゴン。自称「最弱の竜帝」。
盗賊に襲われた亜人の生き残りに託されたウィンディアを義理の娘として世話していた。
他の竜帝に自分の持つ竜帝の欠片を奪われたくないがために人里近くに巣を構えていたヘタレ
そのせいで巣の財宝や卵を狙う村人や冒険者に目をつけられて、最終的には剣の勇者である天木錬により殺された。
弱肉強食を旨とするため殺されることは覚悟していたが、当時ゲーム感覚であった錬に淡々と処理するような殺されたことへの怒りと憎しみから死後はドラゴンゾンビと化して、死体の処理に来ていた尚文たちと戦った。

最初は意識のみが核石を取り込んだ尚文の盾の中に潜み錬に一矢報うため虎視眈々としていたが、子ガエリオンに同化してからは真の竜帝になるために尚文に龍脈法の加護を授けるなど協力しつつ竜帝の欠片を探し回っている。

フィロリアルとは種族的な問題で仲が悪く、フィーロには何かと対抗心を持たれ、フィトリアに今は協力すべきだと呼びかけたが向こうからは「卑小な欠片が」と挑発されて悔しがっていた。
元康からは(フィーロの)「ライバル」と呼ばれている。

欠片を集めるごとに竜帝としての知識が増えていき、四聖勇者を殺してはいけない理由やステータス限界値のLv100を突破する方法などを思い出す。
だが、大体の情報は尚文が発見した後に思い出すため『使えない』のレッテルを未だに返上できない。
それと同時に竜帝としての技能も増えて、ドラゴン系のクラスアップの加護の枠を増やしていく
タクト戦以降では大半のかけらを所持していた側近の竜帝であるレールディアから奪い、最も竜帝に近い存在になる。

槍の勇者のやり直しでも登場するが後述。

子ガエリオン

何者かが尚文の村に寄付した物品の中にあったから生まれたオスドラゴン
卵のときに親ガエリオンの魂が憑依し二重人格となっている。
尚文に懐いているが、実は同性愛にまで発展しており、番外編のバレンタインで自作のチョコを渡して告白した結果完璧に尚文に拒絶される。
しかし愛を込めて作り上げたそのチョコと失恋の想いがチョコレートモンスターと反応し四聖勇者たちでも悪戦苦闘する羽目になる事件に発展した。
ちなみに親曰く相手が男でも子を孕ませることができるらしい。
槍の勇者のやり直しではエピローグ相当の部分以外では基本的に登場しないが、後述の別個体は力をつければすぐに人語を喋ることが出来るようになったため、元康からは尚文の好みに合わせてわざと喋ってないのではと疑念を持たれた。


槍の勇者のやり直し

子ガエリオン

ウィンディアの義妹であるメスのドラゴン。最初の世界で登場したオスのガエリオンとは違い、ガエリオン(親)の実子であり最初の世界では略奪目的で巣を襲撃した冒険者に殺されている。
親を「お父さん」ウィンディアを「お姉ちゃん」と呼んで慕っている。
フィーロとは面識がないのだが、親と呼称を分けるのを面倒臭がった元康から最初の世界のガエリオン同様にライバルと呼ばれる。
後に親のほうが「ライバルの親」扱いされるようになったため、最初の世界も含めて面識が全く無いのにライバル扱いという不思議なことになった。

最初の世界のガエリオン同様に尚文を気に入り童貞を狙っている肉食系。後に元康の自称愛の狩人に対して、愛の捕食者を名乗る。
親と同じく人語を話すことが可能。親と子の名前が同一だが、口調が違うのでわかりやすい。口癖は『なの』

ドラゴンの例に漏れずフィロリアルが嫌いでサクラやユキとよく喧嘩したり張り合ったりしている。
一方でフィロリアルとは正々堂々と競い合おうとするスタンスで、タクトの配下の竜帝やグリフォンに攻撃されていたサクラを庇ったり、憎まれ口ながら(サディナの勘では)レース前のユキの体を気遣ったりしている。
恋愛的な意味でもフィロリアルをライバルと思っていたためフォーブレイ編ではフィロリアルたちと似たような背丈の幼女として人化する(尻尾を思わせる髪型の赤い長髪とのこと)が、後に子供が尚文の恋愛対象外なことに気づいたため他のループでは大人として人化している。

フィロリアル以上に元康とは犬猿の仲で嫌い合っており互いに煽ったり挑発している。
元康からは何かと厄介者と思われているが一応フィーロのライバルに勝手に退場されると拍子抜けと存在は認められている模様。
また、ループのシステムを知ってから元康の境遇への同情を見せるが、当の元康があの性格なのでやはり仲は良くない。

メルロマルク編では親ガエリオンが錬に殺された後に巣穴で冒険者に殺される前に尚文たちに救出される。連鎖復活した四霊との戦いでは投擲具の勇者となったユキや鞭の勇者となったウィンディアと共に鳳凰と戦った。
フォーブレイ編前半では親が殺されること無くウィンディアと共にパーティー入りする。その後竜帝の力を利用して元康の槍に記憶をスペースを作ること成功し、ループに便乗するようになる。
実はメルロマルク編から槍のプロテクトを破ってループしようとしており、前のガエリオンの記憶の一部が継承されていた。それもあって最初から尚文への好感度が高い。

尚文の童貞を奪われたとわかった際には滝のように涙を流しループを切望するが、ループする際にその世界が消えることを知ったためショックを受け、尚文や皆のためにループを終わらせようと元康への協力を申し出るが拒否されてしまう。
ゼルトブル後編ではループに便乗してメルロマルクの奴隷商の持つ卵に意識を移すが、厄介者を排除しようと元康によって川へと流されてしまう。しかしその行動まで想定済みであり、卵から孵った後に元康の槍を通じて経験値を一部奪ったり、他の竜帝をラストエンヴィーのカースの力を借りて倒すなど、裏で着実に力を付けていた。
満を持して元康たちと合流するが、カースの力の弊害で元康のラストエンヴィースピアの色欲の呪いで元康化して「ですぞなの」という語尾に変化し、サクラとキスをする羽目になる。

最初の世界のラフタリアによって元康をフィーロと再会させてループを終わらせるべく行われたループの際には元康を応援して見送るが、当人からはライバルに応援されると途端にやる気が落ちると思われるなど徹底的に嫌われており、
その後番外編のバレンタイン事件でオスのほうのガエリオンを取り込んだチョコレートモンスターの一部を素体に最初の世界に現れるが直後に元康に蒸発させられた。しばらくして再生し村に現れてウィンディアと感動の再会をし、オスのほうのガエリオンから核石を奪おうと戦いを挑むも敗北。グラス側の世界の竜帝の核石を集めた後に村に居付いている。

親ガエリオン

メルロマルク編では本編と同じく錬によって殺されてしまう。
ドラゴンゾンビとなってしまうが、倒されることで浄化されて子の方に竜帝としての力を託す。
フォーブレイ編前半では、ウィンディアと卵を勇者一向に養育費の宝と一緒に預ける。
自身の領地は部下に任せて自分は勇者との約束違いの保険も兼ねて、卵に取り込まれる形で憑依して動向を見守る。
ウィンディアにペットにされそうになった時はプライドの一切をかなぐり捨てて、尚文に『強くさせてくれ』と懇願した。
ゼルトブル編後半ではループしてきた子ガエリオンによって山奥の縄張りへとウィンディアと共に平和的に退去したため登場しない。


関連タグ

盾の勇者の成り上がり 盾の勇者の成り上がり登場キャラクター一覧
魔物

コメント