ピクシブ百科事典

真・槍の勇者のやり直し

しんやりのゆうしゃのやりなおし

真・槍の勇者のやり直しとは、小説投稿サイト『小説家になろう』で連載されていた『槍の勇者のやり直し』の続編である。作者はアネコユサギ氏。
目次[非表示]

概要ですぞ

小説家になろうの作品、槍の勇者のやり直しが完結した後、2017年8月22日に連載が始まりましたぞ!
元康の旅はエターナルぅうううううううう、ですぞ!
話としては槍の勇者のやり直しの最終回の続きになりますな。

年表

内容
20178外伝「真・槍の勇者のやり直し」がなろうにて連載開始


あらすじ

真・チュートリアル編 835〜858

時間は元康がフィーロたんに初めて蹴り上げられた時に遡る。
槍の勇者のやり直しの最終話、「槍の勇者の並行世界」にてフィーロたんの事を馬鹿にして股間を蹴り上げられた衝撃で未来で起こっていた出来事や波を起こした黒幕を倒したなどを思い出し、そのことから自分がまた過去にループしてしまったことを悟り、装備している槍は何故か『真・龍刻の長針』にパワーアップしており、それらを確認した後にすぐさま尚文に対して「娘さんをください」、「仲間にしてほしいですぞ」などと尚文からしてみれば意味不明にもほどがある要求をし、自分のことを警戒する尚文から信頼を得るために彼が睨みつけていた赤豚とついでに取り巻き1を殺し、それを見て即座に逃げ出す尚文達を追いかけるところから真・槍の勇者のやり直しは始まる。

尚文からしてみれば今まで自分と敵対していたはずの元康の態度がフィーロたんに蹴られた後急変し、いきなりお義父さんなどと呼んできたり、突然マルティを殺したことからかなり強く警戒していたが、元康が沼地を一発で蒸発させるような強力な魔法を放ったことや説明を受けた強化方法ができるようになったことなどから元康の言葉は事実であると(一応は)認め、渋々と彼をパーティに加えた。

シルドヴェルト編アフター 859〜

真・チュートリアル編の最後で真・龍刻の長針の能力『ランダム遡行』により、前述のシルドヴェルト編にて樹が殺された後、ループした瞬間に戻った話。
タクト一派の残党が生き残っており、それでいてシルドフリーデン自体も厄介な状態にある。


登場人物

一部キャラクターを除き、元となった本編「盾の勇者の成り上がり」及び前作「槍の勇者のやり直し」と共通しますな
詳しくは「盾の勇者の成り上がり登場キャラクター一覧」をご覧くだされ!

関連タグ

盾の勇者の成り上がり 槍の勇者のやり直し

関連リンク

外伝 真・槍の勇者のやり直し 第1話|小説家になろう
本作は「盾の勇者の成り上がり」と「槍の勇者のやり直し」の続き(836話〜)にあたる。

pixivに投稿された作品 pixivで「真・槍の勇者のやり直し」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6821

コメント