ピクシブ百科事典

真・槍の勇者のやり直し

しんやりのゆうしゃのやりなおし

真・槍の勇者のやり直しとは、小説投稿サイト『小説家になろう』で連載されていた『槍の勇者のやり直し』の続編である。作者はアネコユサギ氏。
目次[非表示]

概要ですぞ

小説家になろうの作品、槍の勇者のやり直しが完結した後、2017年8月22日に連載が始まりましたぞ!
元康の旅はエターナルぅうううううううう、ですぞ!
話としては槍の勇者のやり直しの最終回の続きになりますな。

年表

内容
20178外伝「真・槍の勇者のやり直し」がなろうにて連載開始


あらすじ

真・チュートリアル編 835~858

時間は元康がフィーロたんに初めて蹴り上げられた時に遡る。
『槍の勇者のやり直し』の最終話、「槍の勇者の並行世界」にてフィーロたんの事を馬鹿にして股間を蹴り上げられた衝撃で未来で起こっていた出来事や波を起こした黒幕を倒したなどを思い出し、そのことから自分がまた過去にループしてしまったことを悟り、装備している槍は何故か『真・龍刻の長針』にパワーアップしており、それらを確認した後にすぐさま尚文に対して「娘さんをください」、「仲間にしてほしいですぞ」などと尚文からしてみれば意味不明にもほどがある要求をし、自分のことを警戒する尚文から信頼を得るために彼が睨みつけていた赤豚とついでに取り巻き(レスティ)を殺し、それを見て即座に逃げ出す尚文達を追いかけるところから始まる。

尚文からしてみれば今まで自分と敵対していたはずの元康の態度がフィーロたんに蹴られた後急変し、いきなりお義父さんなどと呼んできたり、突然マルティを殺したことからかなり強く警戒していたが、元康が沼地を一発で蒸発させるような強力な魔法を放ったことや説明を受けた強化方法ができるようになったことなどから元康の言葉は事実であると(一応は)認め、渋々と彼をパーティに加えた。

シルトヴェルト編アフター→シルドフリーデン編 859~934

真・チュートリアル編の最後で真・龍刻の長針の能力『ランダム遡行』により、「やり直し」におけるシルトヴェルト編ラストにて樹が殺された後、ループした瞬間に戻った話(時間遡行時に第5座標と表記)。
タクト一派の残党が生き残っており、それでいてシルドフリーデン自体も厄介な状態にある。

シルドフリーデンに敗戦後の賠償金の支払い能力があるかどうかの確認のために尚文と元康一行が視察に訪れるも、その国は上層部が汚職で腐敗しきっており、タクト一派により国の利益を貪り取られていた。
この体制を変えるために尚文一行が介入しようとするも、盾信仰より竜信仰の方が根強いためうまく手綱を握る事が叶わず、ドラゴンを嫌う元康が不服な事を承知の上で支配者となり得るドラゴンを探す事になる。

元康がフィーロたんを買い取ったループ(仮) 934

シルドフリーデン編の最後で真・龍刻の長針の能力『ランダム遡行』により、書籍版の本編の世界へループした話(時間遡行時に第1座標・hardと表記、これは作者が書籍版のこぼれ話で「web版はノーマルモード、書籍版はハードモード」と書いていた事が由来)。

フィーロたんに初めて蹴られた場所が違う、リユート村の自治権をかけて尚文とレースする事になったというweb版の元康には覚えがない出来事に困惑しながらも、手元に金が山ほどあり、目の前にフィーロたんがいる事と前ループの尚文がライバルと仲良くした挙句童貞を捧げてしまった事が脳裏に浮かび、つい魔が差してしまう。
結果、尚文からフィーロを買い取り自分の物にしてしまったが……。

フィーロを買い取ったところまでしか話が描かれていないのは、作者曰く「読者の想像に任せる」との事で、その後の話にてこのループで起こった事が断片的に説明された。

伝承のフィロリアル編 934~975

フィーロを買い取ったループから何度かループを経験した元康が第3の波(グラスが出現した波)直前の時間軸まで遡行した話(時間遡行時に第1座標と表記)。

あれだけ執心していたフィーロたんへの愛が恐怖に変わってしまう程に深い心の傷を負った元康は、かつて自分が育て成鳥になる前に死んでしまったフィロリアル「フレオン」と再会する。
このままいけば赤豚の手にかかってフレオンちゃんが死ぬ事が確定している事を悟った元康はフレオンを救うべく行動に出る。

フォーブレイ編&ゼルトブル前編アフター・四聖勇者編 975~

伝承のフィロリアル編の最後で真・龍刻の長針の能力『ランダム遡行』により、「やり直し」におけるフォーブレイ編とゼルトブル前編の最終決戦直後の時間軸までループした話(時間遡行時に第8座標と表記)。
死んだと思われていたラフタリアが実は生存していた(今までの他の周回でも生きていた)ことが判明したり、未来から魔導ゴーレムたちが現れて仲間になったり、尚文の子供達が誕生したり、錬が尚文の愛用包丁をウェポンコピーしてゼルトブルで闇の料理界を荒らしたり、樹が魔法学園へ特別講師として赴任・あわせて元康も女装して生徒として潜入するなど、賑やかな生活を送る一行。
そんな中、ある日樹が魔法学園の授業のために予習していた変身魔法<アル・ポリモーフ>を四聖勇者たちが試そうとしたところ、聖武器が反応してアル・フォーフェアリーモーフという魔法が発動し、四聖勇者たちは各地の修行場で伝わっている原住民(ペックル・ウサウニー・イヌルト・リスーカ)の姿にそれぞれ変身してしまう。アル・ポリモーフで変身したときとはどうやら様子が違うようで……。

スキップされた周回

作者の活動報告にて、以下の周回がスキップされたことが語られている。

チュートリアル編アフター

「やり直し」におけるチュートリアル編で、尚文が殺害される直前にループした話。
『盾のピンチに槍がギリギリ駆けつけて結果、ハッピーエンドだった』『槍が迷走する話』とのことだが、ネタがやばすぎるためにスキップされることになった(『そこは想像だから良いんだ』とのこと)。
時系列としては、伝承のフィロリアル編と四聖勇者編の間に通過した設定となっている。
作中でもその周回について語られることはないが、『チュートリアルアフター編2なんて形にして描くかもしれません』とも書かれている。

メルロマルク編アフター

「やり直し」におけるメルロマルク編のラストでループした直後の時間にループした話。
話が重くなりすぎて真槍の作風に合わないと判断されたため、スキップされることになった。
スキップされる前は、時系列は伝承のフィロリアル編⇒メルロマルク編アフター⇒チュートリアル編アフターとなる予定だったが、スキップされた関係でメルロマルク編アフターは伝承のフィロリアル編より前(元康が廃人状態の時)に通過したことになっている。
四聖勇者編に入ってから作中でいくつか詳細が語られており、樹は罪悪感に押しつぶされて数年で病死、錬は大量殺人鬼へと変貌した結果聖武器に見放され人格も壊れてしまったため、ガエリオン達によってドラゴン化の呪いをかけられたとのこと。


登場人物

一部キャラクターを除き、元となった本編「盾の勇者の成り上がり」及び前作「槍の勇者のやり直し」と共通しますな
詳しくは「盾の勇者の成り上がり登場キャラクター一覧」をご覧くだされ!

関連タグ

盾の勇者の成り上がり 槍の勇者のやり直し

関連リンク

外伝 真・槍の勇者のやり直し 第1話|小説家になろう
本作は「盾の勇者の成り上がり」と「槍の勇者のやり直し」の続き(836話〜)にあたる。

関連記事

親記事

槍の勇者のやり直し やりのゆうしゃのやりなおし

pixivに投稿された作品 pixivで「真・槍の勇者のやり直し」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 58120

コメント