ピクシブ百科事典

リーシア=アイヴィレッド

りーしああいゔぃれっど

リーシア=アイヴィレッドは、小説「盾の勇者の成り上がり」の登場キャラクターである。

概要

カルミラ島にて初登場。「ふぇええ」が口癖。

気弱でテンパりやすい一方で、に対しては一途を通り越した執着心は普段の物腰に似合わないものを持ち合わせている。また、卑劣な相手には逆に強い怒りを抱くヒーロー気質で、この時ばかりは潜在能力も解放され見間違えるような実力を発揮するようになる。

自身の窮地を樹たちに救ってもらい彼の仲間になるが、樹の仲間曰く一番後に入った下っ端であり、使いっ走りにされた挙句、樹と関係ないところで活躍し、評価された事を根に持たれ、陰謀によって解雇される。
彼女から事情を聴きだした元康経由で話を聞いた尚文が自分と境遇が似ているからと激しく怒り、樹に認めてもらうため一時的に盾の勇者パーティーのメンバーとなる。

本来は後衛型の適性を持っていたが、弓の勇者である樹は前衛を欲していたため適性を無視した成長方針を求められ、中途半端なステータスになってしまった。尚文の奴隷になることで成長補正を受けながらレベル1からやり直したり、ババアに変幻無双流の稽古を(強制的に)つけてもらったりして大器晩成な万能型としての才能を開花。水系魔法・援護魔法も使える魔法剣士になる。
最終的には呪いによって暴走した樹を助けるために戦い、七星武器に選ばれて勝利するまでになる。
その後は率先して呪いの後遺症を患った樹の世話係になる。

投擲具の勇者として認められるも、初期の頃は正式には選ばれていない状態のため武器は半透明の状態で現れる。
エアスト系スキル、SPの追加などがされて一応は勇者としてカウントされていた。
後に、タクトから投擲具が剥奪されたことで正式に投擲具の勇者となる。

関連タグ

盾の勇者の成り上がり 盾の勇者の成り上がり登場キャラクター一覧
川澄樹

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「リーシア=アイヴィレッド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9368

コメント