ピクシブ百科事典

フィロリアル

ふぃろりある

フィロリアルは、小説「盾の勇者の成り上がり」に登場する鳥型の魔物である。
目次[非表示]

概要

初登場は「盾の勇者の成り上がり」の序盤。
まるでダチョウのような巨大な鳥で、高速で走ることが出来る。食用可。雑食。
(尚文曰くチョ○ボみたいとの事。)

馬車を引くのが好きで変異性に富む魔物

特性として馬車を引くのが大好きで自分専用の馬車を欲しがる。
鳥型魔物だからかキラキラしたもの(益物、ゴミは問わない)を集めたがる習性も持ち、自分の馬車に飾り付けたりもする。
また、雑食でなんでも食べて食欲旺盛。成鳥になるまでに食べたものでステータス・得意なことが変わる。

勇者が育てるとキングorクイーン個体へと育つ特別な魔物

通常はダチョウに少し羽毛を足したくらいの姿だが、四聖勇者が育てると丸っこい外見の能力値が増したフィロリアル・キングorフィロリアル・クイーンと仮称される上位個体へと育つ。
キングとクイーンは通常個体と違い人型になることもできるようになり、会話もこなす。鳥型のままでも喋れるようになる。
その丸っこい外見は一見しただけでは太ったように見えるが、羽毛が背中を主に増量されたためで、体型そのものはダチョウ型のままである。
そのため毛先から地肌まではラフタリアや尚文が肩近くまで腕を突っ込んでようやく届くほどの深さが存在し、子供程度の小柄な存在なら羽毛に埋もれて眠ることも可能。
戦闘もこなし魔法も使えるが得意なのは強力な蹴りを主体にした肉弾戦。勘も鋭くなり色々なことに気がつくため敵からすれば厄介。

もともとは過去の勇者が作った魔法生物。クイーン個体のフィロリアルが勇者と共に戦った伝説も残っており、その影響でふくよかなフィロリアルは「神鳥」と呼ばれている。

グリフォンやドラゴン等、他の騎乗可能生物と仲が悪い。

とある場所ではフィロリアルレースと呼ばれるものも開催され、スピードのみにこだわって育てられたフィロリアルたちが刹那を争っている。

作中に登場するフィロリアル

盾の勇者の成り上がり

フィロリアル・クイーン。
尚文が最初に飼ったフィロリアル。
詳細はリンク先を参照。

  • 村のフィロリアル
尚文が領地で飼っているフィロリアル。
通常のフィロリアルよりも個体値が高く成長している。

  • ヒヨちゃん
薄紫色のフィロリアル。村のフィロリアル達の中でもフィーロに次ぐ古参で、フィーロの子分1号ということになる。名前は村の奴隷たちが付けた。
尚文の希望で、フィトリアから授かったフィーロの権能によってクイーン化を抑制させていたが、元康が村に居ついてからはそれでも抑えきれずクイーン化してしまった。フィーロや、元康が育ててクイーン/キングに到達させたフィロリアルらとは違い、人間態は大人びた女の子の姿で、性格や喋りも秘書官じみた理知的なもの(後述のユキと同等かそれ以上。直属上司のフィーロの、性格や姿の子供っぽさを反面教師にしたのだろうか…?)である。
なお、いつぞや尚文がヒヨちゃんと遊んでやりながら「人間みたいに喋ったり言い返したりしてこない動物だからこそ、一緒にいて胸のうちをさらけ出せたり可愛がったりできるぶん癒される(=フィーロは人間くさくなった分そこら辺ができなくなった)」と吐露していたのを覚えており、しゃべっている姿や人間体は尚文には自発的に見せようとしない(フィーロの二の舞になって尚文に可愛がってもらえなくなるのを避けるため)。また、この件については尚文がいないときを見計らって、自分の下にいる後輩フィロリアルたちに厩舎で「講習会」を開いており、「尚文にもっと可愛がってもらえるようになるための鳴き方や振る舞い」の指導を行ったりしており(その際ヒヨちゃんは人間態で講師の先生姿に)、偶然それを見てしまった尚文は、無垢な動物を装っていた彼女らの「裏側」を目の当たりにしてドン引きしていた。


現フィロリアル・クイーン。
詳細はリンク先を参照。

  • クー
壊れてしまった元康が飼っている三頭のフィロリアルの一頭で赤色のフィロリアル・クイーン。元康の事を「もっくん」と呼ぶ。戦闘スタイルは爪と火を吐く。web版では終盤にグラスたちの異世界の武器である鏡の勇者となる。
名前の「クー」は体色の「クリムゾン」から。
  • マリン
壊れてしまった元康が飼っている三頭のフィロリアルの一頭で青色のフィロリアル・クイーン。元康の事を「もーちゃん」と呼ぶ。戦闘スタイルは魔法と羽根投げ。web版では終盤にグラスたちの異世界の武器である本の勇者となる。
名前の「マリン」は体色の「アクアマリン」から。
  • みどり
壊れてしまった元康が飼っている三頭のフィロリアルの一頭で緑色のフィロリアル・キング。つまり、男の娘。元康の事を「もとやすさん」と呼ぶ。他の二頭と違い基本人型で行動し、戦闘スタイルは人型で斧を使う。三頭の中では比較的ましな性格。web版では終盤に斧の勇者となる。
名前の「みどり」は言わずもがな体色から。
なお、下ネタになってしまうが「アレ」も曰く「まさにキング!」らしい。

槍の勇者のやり直し

  • クロ

チュートリアル編で登場。
黒いから名付けられた。

天使化してすぐにループに入ってしまったためこれといった描写はないが、会話から天然な性格だと思われる。
その後しばらく出番がなかったが、ゼルトブル後編に再登場する。
かなりの厨二病であることが明らかとなった。
黒いからと錬に気に入られて同じ厨二病で意気投合し、コントを繰り広げる。

  • ユキ
雪のように白いからと名付けられた。
シルトヴェルト編から登場。

元康がフィロリアル生産者からもらった3つの卵のうち一番高級な卵から生まれたフィロリアル。
そのためフィロリアルの中では一番聡く、全編を通して上品な言い回しや会話をする。
元康のことが好きでアプローチもしているのだが元康からは娘としてだけ見られている上に他のフィロリアルと平等に愛されているため、焼きもちを焼くこともある。
フィロリアルたちの中ではリーダー気質で、サクラののんびりした行動を注意したこともある。

戦闘では魔法や羽を投げるなどの戦法を良く取り、メルロマルク編では四霊復活の混乱の中で投擲具の勇者に選ばれた。
ゼルトブル編ではフィロリアルのレースに出場する(戦績が良くないと予選にすら参加できないほどの会場)
不幸なことにレースと波の日がかぶって自分だけ除け者にされた時は怒りをあらわにした。
シロと名付けられる予定だったが、最初の世界の個体と名前が被ってしまうためユキになった。

  • コウ
シルトヴェルト編から登場、黄色いからと名付けられた。
天然で好奇心と食欲が旺盛。

全編を通して食欲旺盛で、キールの尻尾、樹の髪、イミア自身を食料と思い込み、攻撃できない=弱いと尚文のことを舐めきっていたが、ブチ切れた尚文のしつけにより考えを改めるようになる。
あまりにも怖かったのかトラウマになっている。

悪いこととは知らずに盗賊を食べようとするが、元康と尚文から止められている。

  • サクラ
シルトヴェルト編から登場
桃色だが、ピンクだと色々宜しくないことになるということで近い桜色だからと名付けられた。
おっとりとしていてフィロリアルの3匹の中で一番尚文に懐いていて、メルロマルク編以降では尚文が主人になっている。

ループごとに性格はそのままだが人化の姿に一番変化が見られる。
元康が主人だった場合は目の色がピンクだが、尚文が主人になった場合は目の色が青くなるという変化を見せる。
ちなみに別の個体のように思えるが、フィーロたんをより彷彿させるサクラの香りなので同じ個体である、元康が言うなら間違いはないだろう。
原因までは分からないが別のフィロリアルでも前例があり、元康はこれを主人の違いによる変化と考察する。

メルロマルク編では17歳くらいの大人の姿に変化している。
元康ですら少し戸惑ったが、単に珍しいだけで冷静に特に問題ないと判断される。
髪がピンクなので、エクレールに錯覚するほど似ているらしい。
メルロマルク編では四霊復活の混乱の中で槌の勇者に選ばれた。
フォーブレイ編では再び幼い姿で登場する
本当は尚文の酔い無効のおかげなのだが、乗り心地が良いと勘違いされて錬と樹に乗る権利を取り合われる。

羽毛の色は桃色がベースで手羽先が白。
フィーロたんと逆の色合い。

  • ルナ
メルロマルク編から登場。
クール系な性格で、会話は一言二言で終わることが多い。

紺色でネイビーちゃんと名付けられる予定立ったが、キールと尚文の提案で月からとってルナになった
クイーン形態では白も交じり、体躯が他より少し大きくなっている。
かわいい物好きで特に獣化したキールを好んでいる。

メルロマルク編ではフィロリアル形態では、紺/白、人化時の髪の色が銀と色合いが異なるが、フォーブレイ編では同じだった。

フォーブレイ編では会話に出てきていない。
ゼルトブル後編では再び登場。
羽毛の色と性格はメルロマルク編と同じである。
元康はこれをキールがいるかいないかで変化すると考察した。

フレオン
元康が初めに育てたフィロリアル。名前は自分が好きなギャルゲーのキャラクター(青目で金髪で天使)から。
まだ元康がまともだった頃、尚文にフィーロの正体を教えてもらった後、自分もフィロリアルを育てようと思って購入した個体。
可愛がって城で育てており、もう少しで成鳥と思われていた晩、フレオンの容体は急変、死んでしまった。血統が良いためクイーン化に耐えられない病弱な個体だったと説明を受けた。
当時はこの事件を通して尚文を逆恨みして、より嫌いになっていたらしい。

周回の途中、この話を聞いた尚文とメルティから、ユキちゃんも血統が良いが当たり前にクイーン化している、おそらくマルティから成鳥になれば厄介になると思われて消されたのではないかと予想された。
この尚文の推理を聞いた元康はより一層赤豚への怒りを募らせ、フレオンちゃんの仇を取ることを決意する。

関連タグ

盾の勇者の成り上がり 槍の勇者のやり直し
盾の勇者の成り上がり登場キャラクター一覧
魔物 チョコボ


























以下、書籍版でのネタバレ















書籍版20巻で何者かの手で尚文たちは村ごと数百年前の時代に飛ばされてしまうがその時代にフィロリアルはまだ存在しなかった。この時代以後に誕生したと思われていたが……。

その後、その時代の盾の勇者「城野守」は仲間にして婚約者の「フィロリア」を以前の戦いで失っており、ホムンクルスの体を用意し、何とか彼女をよみがえらせようとしていたことが発覚。ひと悶着あったものの、尚文たちの協力でフィロリアの蘇生のめどが立ったのだが、ホムンクルスの体は守護獣「朱雀」の因子が入っていたため背中に羽があるフィロリアルの人型を思わせる姿だった。

さらには、彼女をコピーした使い魔も存在しており、そのうち一頭はあのフィトリアの幼き姿だった……。

フィロリアルはフィロリアの蘇生実験の末に、一種の遺伝子操作で誕生した彼女たちの子孫だったのである。

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「フィロリアル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 33248

コメント