ピクシブ百科事典

オルトクレイ=メルロマルク32世

くず

オルトクレイ=メルロマルク32世は、小説「盾の勇者の成り上がり」の登場キャラクターである。
目次[非表示]

概要

CV:仲野裕

盾の勇者の成り上がり

盾の勇者を陥れ続けた愚王

メルロマルクの
ただしメルロマルクは女王国であり、王配である彼は女王である妻ミレリア不在時の代理でしかない。
七星勇者の1人杖の勇者であり、かつて亜人との戦争で活躍し英知の賢王と呼ばれていた。
登場当初は杖に見放されかけており、その力を使えなかった。

シルトヴェルトの亜人に関係する因縁から、亜人に崇められる盾の勇者である尚文に様々な迫害を行うが女王が帰還するとともに盾の勇者に行った数々の行為の罰としてマルティ共々改名の罰を受けてオルトクレイからクズ(クズ=メルロマルク32世)へと名前を変えられ、王族としての権限をはく奪される。

亜人に家族を殺され続けた復讐者

以前はルージュ=ランサーローズという名前で、フォーブレイの末席王子であったが、ハクコ種に両親共々親しい者を皆殺しにされた恨みでシルトヴェルトと戦争しているメルロマルクに移住し、現在の名前に改名して将兵として活躍した。
そんな矢先に、溺愛していた盲目の妹をハクコの手によって死んだであろう程の血がその場に残されていたことからさらにその復讐心を募らせた。
ハクコへの制裁を終えた時には一度溜飲を下げ、シルトヴェルトの過激派であったハクコもいなくなったことで一先ずメルロマルクの王としてはシルトヴェルトと和平するつもりもあった。だが、その一貫としてきていたシルトヴェルトからの来賓に息子を毒殺されてしまう。

これらの出来事よりハクコを始めとしたシルトヴェルトと亜人種、そして彼らの信仰の対象である盾の勇者を目の敵にしており、三勇教と手を組んで盾の勇者を陥れ続けていた。
改名後も尚文を見かけるたびに騒いでいたのだが、殺されたと思っていたの忘れ形見で瓜二つのアトラとその兄フォウルに出会って、徐々に態度を軟化させていく。

家族に家族を殺された杖の勇者

タクト一派や彼と通じていたマルティ改めヴィッチ達の手によりアトラとミレリアを殺され、その後の尚文の叱責により立ち直り、の勇者、そして英知の賢王として復活し尚文と和解する。その時に自身のこれまでの蛮行の愚かさに気づき、自らクズを名乗り続けることを決意する。

英知の賢王の名は伊達ではなく、タクト戦では四聖全員から現代科学や航空技術の話を聞き、敵側の行動を予測し見事に的中させたり、女神の尖兵戦では持ち前の頭脳を生かし配下や仲間を使い敵を足止めしつつ敵のみを魔法で焼き払ったり、魔法の二次効果をかすることなく躱すなどの活躍をし
女神軍を蹂躙しつつ、尚文たちをはじめ「英知の賢王」を知っているシルトヴェルトの面々を慄かせた。

web版と他メディアとの差異

web版ではタクト戦の後で捕らえられたヴィッチを完全に見限り処刑する。
書籍版ではタクト戦の時点ではヴィッチが逃亡しているため手を下していない。自分では手心を加えてしまうかも知れないとまだ未練を残しつつも、尚文に息の根を止めてくれと伝えており、覚悟は決めている。


槍の勇者のやり直し

元康からクズと呼ばれ、尚文に害しか与えない老害と認識されている。

本編では見られなかったが、盾を擁護するものも反逆者と見なして隙あらば殺そうと企んでいる。
シルトヴェルト編ではシルトヴェルトに戦争を仕掛けるが、女王に偽物の謀反者として扱われ捕虜にされる。(殺すと杖の眷属器が飛んでいってバレてしまうため)
フォーブレイ編ではマルティと一緒に殺されるが、それを露呈しないよう影武者が成り代わる。その影武者は三勇教徒であり、三勇教とミレリアの親戚筋の女性と共に暴走、国を贄にして悪魔を召喚する事態となってしまう。
実はこの時までオルトクレイの魂も杖と共にあった。オルトクレイはミレリアの親戚に憑依していたマルティの本性を知り、三行半をつけてミレリアに杖を託していった。
ゼルトブル編後編ではミレリアの願いもあって殺されはしないものの、クズと改名され牢に幽閉されてしまう。
こちらの世界でもアトラと再会した際に大人しくなり、杖の勇者としての使命を再自覚するが四聖勇者らと和解はできなかった。


関連タグ

盾の勇者の成り上がり 盾の勇者の成り上がり登場キャラクター一覧
クズ(曖昧さ回避)
光落ち 哀しき悪役

コメント