ピクシブ百科事典

メルティ=メルロマルク

めるてぃめるろまるく

メルティ=メルロマルクは、小説「盾の勇者の成り上がり」の登場キャラクターである。
目次[非表示]

概要

CV:内田真礼
メルロマルクの第二王女。青い髪で魔法が得意。
名前の変遷はメルティ=メルロマルクメルティ=Q=メルロマルク

盾の勇者の成り上がり

父親であるオルトクレイを罵倒した尚文に謝らせようと追いかけたのがきっかけで知り合い、三勇教会所属の護衛の騎士に暗殺されそうになったところを尚文一行に助けられ、しばらくの間同行することになる。
三勇教の教皇を撃破し、尚文の冤罪が晴れてからは尚文たちのバックアップに回る。

タクト編では勇者会議に呼ばれた母ミレリアが戦死し、若くして女王となり指揮を執っている。
このとき名前がメルティ=Q=メルロマルクに変わる。

フィロリアルが大好きでその知識量は元康と双璧を成す。
怒りを忘れクイーン化したフィーロに興味を持ったり、フィーロと遊んで本来の目的を日が変わるまで忘れたり割と天然な性格である。

尚文を異性として意識しており、幼女扱いされると怒りを露わにする。
フィーロの最初の友達にして親友。ある一件により尚文からフィーロの婚約者と認定される。

適正魔法は

web版と他コンテンツでの差異

web版ではグラスと出会った後で登場したが、書籍版では登場が前倒しされている。
当初は外交のためにミレリアと共に国を離れていたのだが、留守を守っているオルトクレイに不審を抱いたミレリアの命で帰還する途中で野生のフィロリアル(実は普通のフィロリアルに化けていたフィトリアだった)を追いかけているうちに護衛とはぐれたところで尚文に出会い、王都まで送ってもらうことになり、その道中でフィーロと仲良くなる。この時は「メル」と名乗り、王族であることは隠していた。

王都に到着後、尚文に因縁を吹っかけて街中で戦いを始めた元康と姉のマルティを止めるため、自分の正体を明かす。時期女王としての権限を使い、もめごとは止められたのだが、王族に不信感を持っていた尚文には拒絶されてしまい、web版同様に暗殺されそうになるまで尚文に避けられ続けてしまった。
また、逃避行の途中でかつてラフタリアを虐待した「隣町の貴族」(アニメ版では「イドル=レイディア」と名前が設定された)に監禁され、さらにイドルの屋敷の地下からラフタリアの幼馴染のリファナの遺体が発見されたり、キールが救出されたことで自国の亜人差別がいかに酷いかを身を持って体験し、亜人差別をなくすことを強く誓う。
書籍版、コミック版では第二王女でありながら散々蛮行をやらかしたマルティよりも発言権が上であり、女王からも信頼されているため王位継承権が第二位から第一位に変更されている。

女王に即位後、息抜きのために視察と称して尚文の村に遊びに来ていたところ、過去の世界への転移に巻き込まれる。政治力などに長けているため、ルフトミラ(ルフト)と共に作戦の立案や過去の世界の協力者たちと度々会議を行ったりと、参謀的存在として活躍する。


槍の勇者のやり直し

メルロマルク編より登場 元康から(フィーロたんの)婚約者と呼ばれる。

メルロマルク編ではミレリアの命もあり、オルトクレイと和解させようとするが、護衛の騎士が三勇教所属のため暗殺されかかるところを救われる。
母親も飛び回っていて行方不明のため、どこへ連れていっても危険と元康にも判断されて一緒に行動することになる。

フォーブレイ編では女王と一緒にフォーブレイへと亡命する。
それを理由にタクトの妹からは亡子と呼ばれ、挙句の果てに決闘と称した攻撃を受けてしまう。

最初の世界とは違い子供扱いされていないからかヒステリーを起こしていない。
加えて出会い方の違いからか、尚文に対し素直に好意を表し婚約者となっている。

フィロリアル達とすぐに仲良しになるがその中でもサクラとはどのループでもすぐに親しくなる。

ゼルトブル後編では勇者一行に同行してバックアップをする。


関連タグ

盾の勇者の成り上がり 盾の勇者の成り上がり登場キャラクター一覧
メルティ 女王

ミレリア=Q=メルロマルク マルティ=メルロマルク オルトクレイ=メルロマルク32世

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「メルティ=メルロマルク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 547562

コメント