ピクシブ百科事典

サディナ

さでぃな

サディナは、小説「盾の勇者の成り上がり」の登場キャラクターである。
目次[非表示]

概要

盾の勇者の成り上がり

シャチ系の亜人
本人によればサカマタ種。

もともとはラフタリアと同じ亜人友好の村に住んでいたが、波の被害で廃村になり、散り散りになった村民たちを探していた。
普段は獣人の形態で過ごしているが、魔力を使いすぎたり真面目な話をする時は亜人形態になる。

戦闘能力が非常に高くレベルリセットされても飄々としていたり、自身に系の魔法を当てて擬似無双活性を使ったり、竜帝(ガエリオンではない)から加護を受けており龍脈法も扱える。
ババアからも変幻無双流の修行は無理強いしないと言われるほど。
水中戦ならばハクコにも勝ると言われ、尚文からレベルを上げるついでにのお宝のサルベージを指示される。

戦闘力以外にも、観察力等も高く、新七つの大罪を覚醒させておかしくなった尚文に従っているフリをしつつ、ラフタリア陣営を陰ながらサポートしていたが、尚文にバレて捕まり、肉体改造を施されてしまう。


槍の勇者のやり直し

フォーブレイ編終盤に登場 元康からはお義姉さんのお姉さんと呼ばれる。
この世界でもラフタリアたちを探すために放浪の旅をしていた。
普段は獣化していることが多く、お調子者で酒臭い。

ゼルトブル前編ではラフタリアが既に死亡している上にアンデッド化した可能性が高いと発覚し、ショックから体調が悪化したが尚文の説得により新たな希望を見出して回復し、尚文と付き合い始める。
尚文の愛は自分以外も受けるべきだと(多少の選りすぐりはあるが)様々な人物を巻き込んでいる。

フィーロたん編の最後のループでも意外なポジションで登場することになる。

人物像?

が非常に大好きで将来は酒に強い人を伴侶にすると豪語するほど。
尚文が全く酒に酔わない体質であると知ってからは執拗にアプローチしている。
ラフタリア一家を生きる意味と認識していて、断片的にラフタリアの過去や自身と一家を守るため戦闘力があることも明かす。
誰に対しても明るく陽気に接するが、彼女の本心やその壮絶な過去について知っているのは今は亡きラフタリアの両親のみであり、それらについて(断片的ではあるが)明かしたのは尚文だけである。


関連タグ

盾の勇者の成り上がり 盾の勇者の成り上がり登場キャラクター一覧

関連記事

親記事

兄弟記事

コメント