ピクシブ百科事典

枕営業

まくらえいぎょう

枕になることでもなければ、枕を売る営業でもない。
目次[非表示]

売春の一種。

概要

説明しよう。
枕営業とは、業務上で付き合いのある人間同士が性的な関係を築くことによって、物事を有利に進めようとする営業方法のことである。
(『バックステージ・アイドル・ストーリー(BiS)』より)

芸能界において

枕営業中


違うよ。全然違うよ。

芸能界で、特に新人や、売れない女優アイドルなどをプロデューサー社長といった偉い大人に「売り出してもらうため」「仕事をもらうため」に、自分の肉体を差し出すビジネスのこと。
日本に限った事ではなく、所謂「キャスティング・カウチ」などハリウッドでも昔から用いられてきた、古典的な営業方法である。
略称は「枕」、同義語として「夜の営業」「性接待」などがある。
古来より存在するが、双方の合意のうえで成り立っている営業であり基本的には和姦。そのまま偉いひとのになったり、愛人関係に発展するケースもある。
合意ではなく強要されたり脅されたり、断ることができず仕方なくというケースも多々ある。

枕営業自体は広く行われている売春行為であり、政財界でも一般企業でも普通に存在する。
女性だけでなく、男性も行っている行為である。偉いひとが女社長だったり、ゲイだったりするケースも多いからである。
人口比を考えれば、芸能界よりもその他における枕営業人口の方が圧倒的に多い。

ハリウッド

上述の「キャスティング・カウチ」のように、オーディションだと思って偉い人の部屋に入るとカウチが置いてあり、その場で性行為を強要されるという手段は大昔から行われていた。
なかなか口を割る女優がいなかったため、この問題については長年にわたり業界内でも見て見ぬふりで黙認されてきたが、2017年にハーヴェイ・ワインスタインによる枕強要(レイプも含まれる)が、広く暴露され騒動となった。
手口⇒

ワインスタインと仕事をしてきた監督男優たちは、この事実を知っていても黙っていたということで批判を浴びているが、クエンティン・タランティーノは「止めさせなかったことを後悔している」と謝罪している。

声優業界

2007年にアーツビジョンの代表が、オーディション合格の条件として枕営業を強要し逮捕されたことで、声優でもやはり存在することが明るみになった。
声優業界も芸能界のうちなので当然といえば当然だが、関智一は声優業界の枕営業については「あまりメリットはない。将来のことを考えるとリスクが高すぎるが、合意のうえで成り立っているわけだから逆に根性があるし、どっちもどっち」と語っている。

創作のシチュエーションとして

オーディションの後に個別に呼び出されたりすると危険なニオイがする。
実際に枕営業が発覚した場合には、アイドルとしての価値は暴落するが、その一方で、同コンセプトにより創作されたポルノは世に溢れており、芸能界を舞台にした薄い本でも格好の題材となっているのはご周知のとおり。
芸能人と一般人には、そういった状況すら消費になりうる皮肉な体質がある。

pixivでもやはりアイドル・アイドルキャラクター絡みの設定が多い。
やはり「若くて可愛いアイドルが裏であんな行為を強要されている」というシチュは、ゲスな興味を惹くものである。もちろんAVでも定番のネタである。

考えられるシチュエーション

マジでやって犯罪として立件された事例もある。
なお、社会的地位を利用して相手に行為を強要するのは職権乱用(パワーハラスメント)に当たる。くれぐれもしてはいけない。

「社会的地位の高い男性に奉仕する女性」というシチュエーションがイメージとして湧きやすいが、男女は逆になることもある。どちらにせよダメなものはダメ。うらやまけしからんと思ってもダメ。

  • アイドルが出演のためテレビ制作側のお偉方に。
  • 学校の生徒が成績(単位)のため先生に。
  • 会社の部下が出世のため上司に。
  • 支持を得たい人物が支持者・協力者を増やすためいろんな人に。
などなど。

pixivにおいて

タグの性質上、R-18のイラストが多いため、ピクシブ百科事典には表示されないが、pixivでは『営業中』なイラストに付けられている。
非R-18には事前の状況や、メイン画像のようなネタ絵がある。

関連項目

売春 営業  シチュ R-18

外部リンク

枕営業-Wikipedia

pixivに投稿された作品 pixivで「枕営業」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13676041

コメント