ピクシブ百科事典

三雲修

みくもおさむ

三雲修とは、週刊少年ジャンプで連載中の漫画『ワールドトリガー』の主人公の一人
目次[非表示]

「ぼくがそうするべきだと思ってるからだ!!」

プロフィール

ポジションシューター
年齢15歳
誕生日5月25日
身長168cm
血液型A型
星座うさぎ座
職業中学生
好きなもの親の手料理、橋
家族父、母
CV梶裕貴/逢坂良太(VOMIC版)


概要

今作の主人公の1人。
ボーダー玉狛支部所属B級8位の玉狛第二隊長のシューター。
トレードマークは、ほぼ常にかいている冷や汗と父親からのお下がりであるアンダーリムの眼鏡。
作中でも度々「メガネ」や「メガネくん」などと呼称される。

当初は学校に隠れてボーダーの訓練生をしていた。
といっても、一度入隊試験で落とされた劣等生に過ぎなかったのだが、転校生・空閑遊真との出会いにより、彼の運命は大きく変わる事になる。

人物像・活躍

遊真に「面倒見の鬼」と評された通り、ボコボコにされるとわかっていても不良に注意したり、自分の命を顧みずに他人を助けに行ったりと真面目で正義感が強い。
こういった無謀な行動は本人曰く『自分が「こうするべき」と思うことから自分自身が逃げないようにやっている』とのことで、己の弱さを自覚しているからこその自戒であると意識している。遊真と関わったのも当初は親切心や同情よりも、飽くまでその思いが強かった。
思っていることをあまり口にしないため、周囲からはポーカーフェイスに見られているが、内心で冷や汗をかいている事が多い。

自宅は蓮乃辺市と三門市の境界線上にあり、距離の関係で小学校は蓮乃辺市、中学校は三門市の学校にそれぞれ通っている。
学校に現れたトリオン兵を遊真の助けを借りて倒したことによりボーダーに所属していた事がバレてしまった上に、「C級はボーダー外でトリガーを使ってはならない」というボーダーの規定に反したとされ一時は立場が危うくなり、ボーダーを除隊されかけてしまう。
しかし、の機転により処分保留となり、さらに遊真が最近のイレギュラー門勃発問題の原因を突き止め、その功績を貰う事でクビ取り消しと共にB級隊員へと昇進する。

ボーダーに入隊した理由は、自分の家庭教師だった雨取麟児の妹である千佳をトリオン兵から守るためだったが、玉狛支部A級になれば近界にいけるかもしれないと知った千佳が「近界に行き兄と友達を探したい」と言い出したため、彼女と隊を組んでそれを手伝うことを決意。
その際に、父親を蘇らせるという目標をなくし無気力になっていた遊真に、一緒に隊を組んで手伝ってほしいと頼むことで新しい目標を与えた。
ちなみに、修自身は隊を組む際のリーダーは遊真がなると思っていたが、遊真と千佳が「修がリーダーじゃなければチームは組まない」「リーダーは修がいい」と口を揃えて言ったため、リーダーになることに決まった。

その後、第二次大規模侵攻では、千佳を狙うアフトクラトルを相手に玉狛支部を始めとしたA級隊員達の力を借りながらも戦い抜き、最終的にレプリカを敵の遠征艇に投げ込む事で強制撤退させた。
その後、記者会見で「学校の一件でC級隊員にベイルアウトが無い事をバラした責任」を負わされそうになるが、唐沢の機転で矢面に立つ機会を与えられ、「攫われた者達を自力で助けに行く」と大見得を切った。

そうして、遊真千佳B級に上がり正式に「三雲隊」を結成。
B級ランク戦が始まり、「vs諏訪隊荒船隊」戦では、修の立てた作戦で相手を翻弄して順調に勝利を収め、続く「vs鈴鳴第一(来馬隊)那須隊」戦も、不利な戦局を前にしながらも上手く立ち回り、個人では那須に返り討ちに遭ったものの、チームとしては勝利する。

しかし、菊地原二宮から「遊真頼みのワンマンチーム」だと指摘された事から「自分も1人で戦えるようにならなければならない」という焦りを覚え、烏丸の紹介で嵐山出水の指導を受ける。
だが、「vs二宮隊影浦隊東隊」戦での結果は散々であり、「1人で戦おう」と固執したせいで動きが固くなり、何も出来ないまま早期脱落し、チームとしても大敗を喫す事になる。

そのため、新戦力として三雲隊にスカウトしようとするが、今はまだやることがあると言われ勧誘は失敗。代わりの適任者の存在を示唆され、それが捕虜になっているヒュースなのではという予想が出るものの本人にその意思が無く、さらに立場上上層部も説得する必要があるため、結局保留で終わる。
そして、代案が思いつかないため、取り敢えずもう一度嵐山達の指導を受けようとするが、そこで木虎から自分が他人の厚意に甘えてしまっていることを指摘され、教えを乞うということを学び直し、木虎からスパイダーの使い方を享受する。
そして、その後の「vs香取隊柿崎隊」戦では、スパイダーと千佳の鉛弾を軸にしつつ、それに対する各部隊の動きを読んだ作戦が見事に嵌り、チームで7得点、個人でも2得点を挙げる大勝利を収めた。

しかし、その直後の祝勝会でヒュースから「結果は大勝だが、危ない場面がいくつかあった事」「根本的な問題は何一つ解決していない事」を指摘されると共に、アフトクラトルへ帰国する手段として三雲隊への加入を申し出される。
もっとも、「場合によっては遠征の妨害もする」というかなり厳しい条件を出されたが、アフトクラトルへ遠征する際の途中停泊する国を道案内させる事を約束させる事で上手く上層部を説得し、入隊を許可させる。(ただし、C級からのスタートのため、正式加入は早くともROUND7から)

ROUND6で生駒隊王子隊と対戦予定。

戦闘能力

序盤で度々言われているが、はっきり言って弱い
というのも、喧嘩の腕っ節はからっきしな上に、トリガーを操るのに必要なトリオン量が非常に少ない。要するに戦士としての才能が無い
玉狛支部に転属した際に烏丸を師匠に仰いだが、烏丸もその弱さに頭を抱えてしまったほど。
その後、訓練中に射手に転向することを決意。能力の低さを発想で補うスタイルを勧められる。
以後は烏丸の指導の下、少しでも強くなろうと頑張っている。

A級3位隊長である風間と模擬戦闘で25連戦の末、最後の1戦を引き分けに持ち込んだり、大規模侵攻の際には以前遊真に「修が20人いないと倒せない」と言われていたモールモッドを1人で倒すなど、訓練の成果は徐々に表れているようだ。
大規模侵攻では千佳レプリカの助けが大きいとはいえ、一級戦功まで上げている。

また、B級ランク戦では作戦立案を担当しており、相手の考えを読み遠巻きに戦局を動かしていく戦略は出水嵐山から「筋が良い」と評価されている。

とはいえ、緑川には0-10で完敗し、大規模侵攻も必死の活躍と引き換えに重症を負って生死の境を彷徨っている。
作戦立案に関してもまだまだ経験不足であり、ハイレイン二宮からは「拙い戦略」「戦略を少しかじっただけの雑魚」といった手厳しい評価を受けており、まだまだ前途多難。

ただ、などはそうした修の「弱さを受け入れ、必死に足掻く姿」を評価しているので、今後の頑張りに期待される。

戦闘スタイル

C級時代はレイガストのみだったが、最初は盾モードの事は知らなかった
B級昇格後はアステロイドを加えており、射手転向後はこちらをメインとしている。

基本は、レイガストを盾にして守りを固めながら牽制射撃を放ち、隙を見せた所でスラスターを用いて接近戦に持ち込むスタイル。
また、嵐山からの指導後は、置き玉として仕掛けたアステロイドを利用しての一人挟撃も用いる。
ただ、個人戦はまだまだ動きが固く、戦術が単調になりやすい。

だが、木虎からスパイダーと、エースを生かす戦い方に重点を置くという戦術方針を教わった事で、自身の動きも良くなっており、ROUND5では香取隊若村を1対1で下し、三浦遊真との連携で倒した。

パラメーター

トリオン攻撃防御・援護機動技術射程指揮特殊戦術トータル
2344546432


トリガーセット

メイントリガーサブトリガー
レイガストアステロイド
スラスターFREE TRIGGER
FREE TRIGGERシールド
スパイダーバッグワーム


関連イラスト

漏れる(ワートリ)
修くんいっぱい


Happy Birthday
ボーダーへようこそ!



関連タグ

ワールドトリガー
三雲隊 空閑遊真 雨取千佳 
玉狛支部 迅悠一 レプリカ先生
烏丸京介 木虎藍 三雲香澄

pixivに投稿された作品 pixivで「三雲修」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8722176

コメント