ピクシブ百科事典

三雲修

みくもおさむ

三雲修とは、ジャンプSQ.で連載中の漫画『ワールドトリガー』の主人公の一人
目次[非表示]

ぼくがそうするべきだと思ってるからだ!!

プロフィール

ポジションシューター
年齢15歳
誕生日5月25日
身長168cm
血液型A型
星座うさぎ座
職業中学生
好きなもの親の手料理、橋
家族父、母
CV梶裕貴/逢坂良太(VOMIC版)


概要

ワールドトリガー』の主人公の1人。
ボーダー玉狛支部所属B級2位、玉狛第二隊長。ポジションは射手〈シューター〉。
トレードマークはほぼ常にかいている冷や汗と、父親からのお下がりであるアンダーリムの眼鏡
作中でも度々「メガネ」「メガネくん」などと呼称される。

当初は学校に隠れてボーダーC級隊員(訓練生)として活動していた。
といっても、一度は入隊試験で落とされたほどの落ちこぼれに過ぎなかったのだが、近界からの転校生・空閑遊真との出会いによって、彼の運命は大きく動き始める。

4人の主人公の中では遊真と並び露出が多く、バトルにおける見せ場の多い遊真に対して特にストーリー展開の主軸に絡む事が多い。

人物

遊真に「面倒見の鬼」と評された通り、自分の身を顧みずに他人を助けに行く性格。よく言えば真面目正義感が強いが、悪く言えば向こう見ずな人物とも言える。
基本的な思考はかなりの慎重派であり、最悪の事態を想定しそれを回避しようとする。 そのためならば"自分"の窮状や不利を理解した上で理性でアクセルを踏み込み突っ走る傾向も見られ、危険時に己の安否を省みていない節さえある、良くも悪くも常軌を逸した精神性の持ち主。
こうした無謀な行動は本人曰く『自分が「こうするべき」と思うことから自分自身が逃げないようにやっている』とのことで、己の弱さを自覚しているからこその自戒であると意識している。遊真と関わったのも当初は親切心や同情よりも、飽くまでこの思いによるものが強かった。

一方で、自身の弱さや経験不足ははっきりと自覚しているため、鋼の意思の硬さに反して自信満々なシーンは少なめ。誇張抜きで「冷や汗をかいていない方が珍しい」と言われるくらいには冷や汗をかきまくっている。

他人を守ることには敏感だが、自分自身に向けられる敵意・悪意には非常に無頓着であり、自身が陥れられそうになっていても気づきすらしない。「自分のことには無頓着だが他人のことは背負い込む」その姿勢は、からは「アンバランス」だと危惧されている。

ボーダーに入隊した理由も、自分の家庭教師だった雨取麟児の妹である千佳をトリオン兵から守るためである。


非常に若く見えるがおり、しばしば姉弟に間違えられるほど。アイデンティティとされるだけあって滅多な事では眼鏡を外さないが、外すと母親似で意外と美形という声もある。なお、原作中では第二次大規模侵攻で負った負傷により昏睡状態で入院していた際にしか外しておらず、自発的に外したシーンは存在しない。

また好きなものにの手料理を挙げているが、中で最も好きなものはカニクリームコロッケである。

眼鏡なだけあって学業成績は優秀な部類に入るが、ボーダーの現役メガネ学生の中では若村麓郎に僅差で敗れ最下位である。なお、現役縛りを無くすと直属の上司が平均にも届かず下に来る。高校は一般校の三門市立第一高等学校への進学が決まっているが、学力グラフによれば進学校のC以下のクラスの生徒よりは上らしい。(犬飼菊地原歌川など)

男子中学生とは思えないほど作中で異性に対する興味を示した事がなく、玉狛支部の女性陣3人と自分1人で外食に出かけた際も、偶然遭遇した辻新之助から指摘されるまで意識すらしていなかった。女性に対して全く緊張しない理由について小南からは「お母さんが美人だから」、自分では「母以上に圧の強い女性に会ったことがないから」であると分析している。
唯一出会って直ぐの遊真千佳は恋人かと尋ねられた際に赤面を見せているが、それ以降は色恋沙汰の気配を一切感じさせていない。

作中の行動

遊真との会合〜三雲隊結成

遊真との接触後、学校に現れたトリオン兵を遊真の助けを借りて倒したことによりボーダーに所属している事がバレてしまった上に、「C級はボーダー外でトリガーを使ってはならない」というボーダーの規定に反したため一時は立場が危うくなり、ボーダーを除隊されかける。
しかし、の機転により処分保留となり、さらに遊真が最近のイレギュラー門勃発問題の原因を突き止め、その功績を貰う事でクビ取り消しと共にB級隊員へと昇進する。

その後玉狛支部でA級になれば近界にいけるかもしれないと知った千佳が「近界に行き兄と友達を探したい」と言い出したため、彼女と隊を組んでそれを手伝うことを決意。
その際に、父親を蘇らせるという目標をなくし無気力になっていた遊真に、一緒に隊を組んで手伝ってほしいと頼むことで新しい目標を与えた。
修自身は隊を組む際のリーダーは遊真がなると思っていたが、遊真と千佳が「修がリーダーじゃなければチームは組まない」「リーダーは修がいい」と口を揃えて言ったため、隊長となることに決まった。

第二次大規模侵攻

第二次大規模侵攻では、千佳を狙うアフトクラトルを相手に玉狛支部を始めとしたA級隊員達の力を借りながらも戦い抜き、最終的にレプリカを敵の遠征艇に投げ込む事で強制撤退させる。
その後の記者会見にて、根付の"仕込み"により「学校の一件での三雲の行動がC級隊員にベイルアウトが無い事を露呈させた可能性」を言及され、その責任の矛先を向けられるが、唐沢の機転で実際に矢面に立つ機会を与えられると、「ぼくはヒーローじゃない 誰もが納得するような結果は出せない」「攫われた者達を自力で助けに行く」と大見得を切った。これによりボーダーが近界への遠征を計画している事(実際には既に遠征を繰り返している)が周知され、世間の話題を拐うと同時に新規入隊希望者の増加に繋がった。

その後は安全面の観点から千佳を正隊員に押し上げたい上層部との利害が一致し、大規模侵攻での修と遊真の戦功を千佳に譲渡する形で全員がB級に昇格したため、正式にB級「三雲隊(玉狛第二」を結成。遠征参加の選抜を目指しランク戦を戦って行く事となる。

B級ランク戦

B級ランク戦が始まると、初戦は大規模侵攻での後遺症の影響もあり不参加だったが、遊真・千佳両名の活躍から危なげなく勝利。
「vs諏訪隊荒船隊」戦では、修の立てた作戦で常に相手を対応する側に回させて順調に勝利を収め、続く「vs鈴鳴第一(来馬隊)那須隊」戦も、不利な戦局を前にしながらも上手く立ち回り、個人では那須に返り討ちに遭ったものの、チームとしては勝利する。

しかし、菊地原二宮から「遊真頼みのワンマンチーム」だと指摘された事から「自分も1人で戦えるようにならなければならない」という焦りを覚え、烏丸の紹介で嵐山出水の指導を受け、唯我とも奇妙な師弟関係となる。。
しかし「vs二宮隊影浦隊東隊」戦では「1人でも戦えるようになる」「皆の協力に報いる」という思いが空回りし、何も出来ないまま早期脱落、チームとしても大敗を喫す事になる。

これにより風間から「自身の成長という不確定な要素に頼るだけでは不十分」「隊長の務めを果たせ」という助言を受けると、新戦力として三雲隊にスカウトしようとするが、今はまだやることがあると言われ勧誘は失敗。代わりの適任者の存在を示唆され、それが捕虜になっているヒュースなのではという予想が出るものの本人にその意思が無く、さらに立場上上層部も説得する必要があるため、結局保留で終わる。
もう一度嵐山達の指導を受けようとするが、そこで木虎から他人の厚意に甘えていると指摘され、教えを乞うという態度を取り直し、彼女からスパイダーの使い方を享受する。(これは他人の厚意に報えないと自分を重く責める修の性格を気遣っての態度でもあった)

その後の「vs香取隊柿崎隊」戦では、スパイダーと千佳の鉛弾を軸にしつつ、それに対する各部隊の動きを読んだ作戦が見事に嵌り、チームで7得点、個人でも2得点を挙げる大勝利を収めた。

しかし、その直後の祝勝会でヒュースから「根本的な問題は何1つ解決していない事」を指摘されると共に、アフトクラトルへ帰国する手段として三雲隊への加入を申し出される。
ヒュース側からは「本国の情報を喋らない」「直属の主君に害を成すなら船を沈める」という条件を出されたが、途中停泊する国でのガイド役の存在は遠征の成功率を大きく上げる事や、「アフトクラトルに辿り着く」という目的は一致している事から道中でのヒュースの造反はありえない事を上層部を説得し、入隊許可を取り付けさせる。(ただし、C級からのスタートのため、正式加入は早くともROUND7からとなる)

ROUND6で生駒隊王子隊と対戦。
スパイダー地帯を広げるため、序盤からバッグワームを使用し姿をくらますが、ランク戦の初期配置は各人一定の間隔が空くというシステム的な観点からおおよその位置を知られ、王子隊からの追跡に遭う。
しかし、過去の反省からあえて自分の位置をさらすことで、南沢樫尾を鉢合わさせて自分は戦闘域から離脱する。
その後は千佳の援護に回り、千佳と共闘して樫尾を倒すも、追ってきた王子に敗北。
戦闘に敗れはしたが気落ちはせず、最後まで無線で部隊を指揮した。

ROUND7では小荒井、奥寺相手に逃げに徹し、簡単には落とされない。ユズルの狙撃から小荒井を守り、点を取らせないなどの成長を見せたが、停電した時に持っていたレイガストの光で狙撃される、床ぬき狙撃に対して咄嗟にバッグワームを付けないなど、戦闘経験の少なさから来る咄嗟の反応は他の隊員に比べてワンテンポ遅いと言う弱点がある。

ROUND8では対二宮の対策を練っていく中で、自身の「トリオン量が乏しすぎるため新しくトリガーを追加する余裕がない」事と「トリオン量が乏しすぎるため威力重視のアステロイドでも簡単に塞がれてしまう」という2つの弱点を逆手に取る。「三雲はトリガーを追加できない」事を知っている相手の心理を利用し、追加するのではなく通常弾のアステロイドを誘導弾のハウンドと入れ替え、ランク戦の最終局面に至るまで誘導性能を切ったハウンドをアステロイドのように見せかけて使用していた。普通は威力差でバレてしまうが、元々三雲はアステロイドですら低威力のため誰もがその微々たる差に気づくことが出来なかった。
最後の局面で初めて追尾機能を使用し、不意を突かれた二宮に大ダメージを与える事に成功。そのまま遊真とのコンビで二宮を撃破し、ランク戦最終戦の勝利に大きく貢献した。


戦闘能力

作中で嫌という程散々言われているが、はっきり言って弱い
というのも、運動センスが無く喧嘩の腕っ節もからっきしな上に、トリガーを操るのに必要なトリオン量が非常に乏しい。どれほど乏しいかと言えば入隊試験の時点で足切りで不合格にされるほど。要するに戦士としての才能が無い
玉狛支部に転属した際に烏丸を師匠に仰いだが、烏丸もその弱さに頭を抱えてしまい、「本当にB級か?」と疑問を呈されてしまったほどである。
その後、訓練中に射手に転向することを決意。能力の低さを発想で補うスタイルを勧められる。
以後は烏丸の指導の下、少しでも強くなろうと努力を続けている。

A級3位隊長である風間との模擬戦闘で24連敗の末、最後の1戦を引き分けに持ち込んだり、大規模侵攻の際には以前遊真に「修が20人いないと倒せない」と言われていたモールモッドを1人で倒すなど、訓練の成果は徐々に表れているようだ。
大規模侵攻では千佳レプリカの助けが大きいとはいえ、一級戦功まで上げている。依然として弱い事には変わりないが

B級ランク戦では作戦立案を担当しており、相手の考えを読み遠巻きに戦局を動かしていく戦略は出水嵐山から「筋が良い」と評価されている。

とはいえ、緑川には0-10で完敗し、大規模侵攻も決死の活躍と引き換えに重症を負って生死の境を彷徨っている。
作戦立案に関してもまだまだ経験不足であり、ハイレイン二宮からは「拙い戦略」「戦略を少しかじっただけの雑魚」といった手厳しい評価を受けており、まだまだ前途多難。
だがスパイダーを利用した戦術やヒュースを新たに加えると言った行為やランク戦を戦っていくなかで徐々に成長しつつあり、B級ランク戦ROUND8では遊真に対して二宮が「三雲では到底二宮隊の脅威にはならない」と言うが、その発言を聞いた遊真は自身のサイドエフェクトが反応した事から「つまんないウソつくね」と二宮に返しており、ROUND8の時点では二宮は三雲を二宮隊の脅威として認めていることがわかる。

ランク戦では味方のサポートと敵の妨害に徹するスタイルが功を奏し、小さくない存在感を見せるようになってきているが、修自身の対戦相手からの扱いは依然としてカモであり、基本的に1対1ならば問題なく倒せる存在と認識されている。

ただ、そうした修の「弱さを受け入れ、必死に足掻く姿」を評価する者は少しずつ増えてきており、今後の更なる頑張りに期待される。

戦闘スタイル

C級時代はレイガストのみだったが、最初は盾モードの事すら知らなかった。しかしトリオン貧者の修にとっては力押しで叩き割られない強度を保障してくれるレイガストのシールドモードは生命線とも言える存在であり、専用オプションのスラスターを利用した推進力を加えた攻撃で攻撃面でもそれなりに鋭い一撃を出すことが出来るため、欠点を補完する欠かせない武器となっている。

B級昇格後は弾トリガーのアステロイドを加えており、射手転向後はこちらをメインとしている。トリオン量の寡多が火力、弾速、射程、弾数の全てに如実に影響を与えてしまう射手の性質上、修の放つ弾は「ヒョロヒョロ」と称されてしまうほどに貧弱なものであり、センスが求められる合成弾や変化弾の扱いも不得手とあって他の射手のような多彩な弾道を引くこともできない。しかし、どれだけ威力が低かろうがガードしていない部分に直撃すれば甚大なダメージを与えるトリガーの特性を活かし、必要最低限の場面で姿を見せて弾を放つ。また射程を活かして「他の相手と交戦中」の敵の前であえてレーダーに映り込み、存在をチラつかせることで敵の意識を逸らし戦局をスローダウンさせるなど、隊員たちと連携して正面切った撃ち合い以外の手段で有利な場面を作り出す手腕は一定のレベルに達していると嵐山准に評されている。しかし個人戦ではまだまだ動きが固く、戦術が単調になりやすい。

木虎から伝授されて以降新たにワイヤー型トリガーのスパイダーを装備し使用している。ワイヤー陣を張る事で自分がその場にいなくても間接的援護でエースの遊真を生かす戦い方に重点を置くという戦術方針を教わり、「エースと並び立つ」のではなく「よりエースを特化させる」事で戦力の増強へと繋げた。三雲隊の理想的な動きはワイヤー陣を完成させてその奥から千佳の砲撃で陣地外の敵に圧力を掛け、相手に遊真に有利な環境での戦闘を強いる形として確立された。

一方で、ボーダーのトリガーの「セットするだけでトリオンを消費する」という仕様上、枠自体は空いているにも関わらず修が新たなトリガーを追加するには今使用しているトリガーから何かを抜かなければならないというレベルにギリギリな状態でやり繰りしており、トリオン量の乏しさから戦術や作戦面での創意工夫や立ち回りなども制限されてしまっている。

その戦闘スタイルをまとめると、「ここぞという場面以外では会敵しないよう逃げつつも、複数のトリガーで敵の意識にプレッシャーをかけ行動を制限し相手の思考や行動を予測する」という戦闘員としての「嫌がらせ」の戦法で敵を翻弄し、
「予測した状況下で自分たちの持っている武器を活かした発想・工夫でチャンスを作り、味方との連携を以て勝負をものにする」という隊長としての「勝ちの画を描く力」を活かした戦法でチームを勝利に導く。

単純な戦士としての資質には多くの場面で疑問符を付けられているが、自身の弱さを知るが故に観察と準備を怠らず、使えるもの全てを使って勝ちに行く姿勢は高く評価されていると言える。

その上でタイマン以外の更なる弱点としては、経験不足から来る咄嗟の出来事への対応の遅さ。予想外の事態に陥った際に行動がワンテンポ遅れる事があり、その隙を突かれて計画が狂う事がある。事前に用意した勝ちパターンを崩された際にどこまで食い下がれるかが今後の課題と言えるだろう。

パラメーター

トリオン攻撃防御・援護機動技術射程指揮特殊戦術トータル
2344546432

※「トリオン:2」という数値はボーダーの全正隊員中最低である。

トリガーセット

メイントリガーサブトリガー
レイガストアステロイド
スラスターFREE TRIGGER
FREE TRIGGERシールド
スパイダーバッグワーム

ROUND8ではアステロイドに変えてハウンドを装備している。

余談

ジャンプの配信するスマホアプリ『ジャンプチ ヒーローズ』では、遊真千佳などの他の3人の主人公や、ハイレイン三輪秀次といった作中印象に残る活躍を残した強キャラが⭐︎5レアで実装されている中、メイン主人公の一角である修は⭐︎3レアで実装されており、ある意味原作リスペクトな扱いを受けている。

作者のキャラ評

エターナルメガネ【オサム】
最初期の設定にただ一言「メガネ」と書いてあった一点突破キャラ。口癖は「な……!」。かなりの高確率で頰に冷や汗をかいており、冷や汗をかいていないオサムを50個集めると抽選で金のオサムと交換できる。

(JC1巻 カバー裏より)

6つの傷を持つメガネ【おさむ】
色々あったが生き延びたメガネ。話数を重ねるごとに師匠ポジのキャラが増え続けており、このままのペースでいくと2050年には修の師匠が3800人を超えるという試算が弾き出されている。相変わらず冷や汗はかいているが、昔より「なんかやってくれそう感」がアップして、まあまあ主人公している。ごらん、金のオサムは、ぼくらのすぐ傍にいたんだね。
(JC22巻 カバー裏より)

関連イラスト

黄金の輝き
修くんいっぱい


Happy Birthday
三雲隊



関連タグ

ワールドトリガー
三雲隊 空閑遊真 雨取千佳 
玉狛支部 迅悠一 レプリカ
烏丸京介 木虎藍 三雲香澄

関連記事

親記事

三雲隊 みくもたい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「三雲修」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 17555408

コメント