ピクシブ百科事典

菊地原士郎

きくちはらしろう

菊地原士郎とは、週刊少年ジャンプで連載中の漫画『ワールドトリガー』の登場人物
目次[非表示]

「このままじゃ引き下がれないでしょ」

プロフィール

ポジションアタッカー
年齢16歳
誕生日12月14日
身長164㎝
血液型O型
星座くじら座
職業高校生
好きなもの仲間、友人
嫌いなものトマト、ピーマン、煮魚、牡蠣、優秀そうなやつ
家族父、母
CV菅沼久義


概要

ボーダー本部所属A級3位の風間隊隊員のアタッカー。
初登場は3巻の黒トリガー奪取作戦編。
猫のような目と下がり眉、肩ほどの長さのストレートな髪が特徴。
カラーリングは茶髪黒目。

人物像・活躍

年齢やランクの上下に関わらず、様々な人物に文句を言う毒舌A級アタッカー。
そのひねくれた性格からか、現在まで(14巻時点)にプロフィールが公開されている登場人物の中で、唯一「好きなもの」ではなく「キライなもの」が書かれている。
なお、彼の好きなものは、twitterのQ&Aで判明した。

黒トリガー奪取作戦時は、模擬戦での印象からの実力を見誤り、彼を無視して玉狛支部へ向かおうと提案する。
直後、「風刃」を発動させた迅に首を飛ばされ作戦中最初のベイルアウト者となる。

作者いわく、「アホの子」で、「ぼくが最初に狙われたのは、あの中で一番手強いとさんが判断したから」と本気で考えている節がある。
しかし、カメレオンによる隠密戦闘をコンセプトとする風間隊にとって、菊地原の能力は戦闘の鍵であるため、あながち彼のその考えは間違っていないかもしれない。

大規模侵攻において、丁度防衛任務についていた事もあり新型を含むトリオン兵の排除を担当。
ラービットに襲われていた諏訪隊を助けたのち、転送されてきたエネドラと交戦した。
相手の攻撃により風間がベイルアウトさせられたが、諏訪隊忍田本部長との連携によって撃破を果たす。

ガロプラ襲撃時は、ランク戦会場の警備を歌川と担当。
後に本部内でウェン・ソーと交戦する那須熊谷の二人を強化聴覚によってサポートした。

戦闘能力

戦闘では主に囮として敵をひきつけたり、相手の武器の強度などを耳で判断する分析役。
また、SE共有による聴覚を利用した攻撃・回避行動の重要な要でもある。

パラメーター

トリオン攻撃防御・援護機動技術射程指揮特殊戦術トータル
8778814851


トリガーセット

メイントリガーサブトリガー
スコーピオンスコーピオン
FREE TRIGGERカメレオン
シールドシールド
FREE TRIGGERバッグワーム


副作用(サイドエフェクト)

「強化聴覚」。強化五感に当たるためボーダーでのランクはC。
常人の5~6倍の聴力の持ち主であるが、本人さえサイドエフェクトであると指摘されるまで気付かなかったことからもわかる通り、超人的なものではない。
自他共に地味で使いどころのない能力と認識していたが、風間のみが、当時流行り出していたトリガー「カメレオン」との組み合わせに有用性を見いだして彼をスカウトした。
菊地原のSEによって、風間隊は隠密部隊としての地位を確立し、一気にA級にまで駆け上がることとなる。

隊員間で聴覚情報を共有して連携をとったり、敵を捉える他、聞こえてくる「音」から材質や重量、状態などを読み取り、相手の攻撃の予測や装甲の厚さの判別ができるなど、実際このSEは汎用性があり有能な能力であると言える。

普段は「いらない音を拾わずに済む」という思い込みから髪を伸ばしているが、この能力をフルに使う際は、耳を覆っている髪を後ろで結び、耳を丸出しにする。

作者のキャラ評

黒トリ危機一髪 【菊地原】

A級3位の実力者だし、献策もそんなにハズレたことは言ってないのに、たった一回首と胴が離れたせいでアホの子扱いされるはめになったアホの子。
「ぼくが最初に狙われたのは、の中で一番手強いとさんが判断したから」とか本気で考えている可能性がある。風格を感じさせる大物。

(JC4巻 カバー裏より)

関連イラスト

風間隊
A級3位風間隊アタッカー SE持ち



関連タグ

ワールドトリガー
風間隊 風間蒼也 歌川遼 三上歌歩
宇佐美栞

pixivに投稿された作品 pixivで「菊地原士郎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2172636

コメント