ピクシブ百科事典

迅悠一

じんゆういち

迅悠一とは、『ワールドトリガー』の主人公の一人。ボーダー玉狛支部所属S級→A級隊員。 本作の読み切り版『実力派エリート迅』の登場人物「迅遊一」についても解説する。
目次[非表示]

「おれのサイドエフェクトがそう言ってる」

プロフィール

ポジションアタッカー
年齢19歳
誕生日4月9日
身長179㎝
血液型O型
星座はやぶさ座
職業不明
好きなものぼんち揚、女子のおしり、暗躍
家族
CV中村悠一 / 増田俊樹(VOMIC版) / 高橋健介(舞台版)


概要

ワールドトリガーの主人公の一人。ボーダー玉狛支部所属S級隊員→A級ソロの攻撃手。「実力派エリート」を自称し、飄々と振る舞う青年。

作者から主人公とされている4人の中では唯一玉狛第二の隊員でない。

サイドを残しオールバックにした前髪と、額に上げたり首からさげたりしているブリッジ部のないサングラスが特徴。原作のカラーリングはわずかに赤みの強い茶髪に、薄い青の目。
よく似ているといわれるとの区別の仕方は、髪色と重ためのまぶたとサングラスの有無。

サイドエフェクトにより、「目の前の人間の少し先の未来を見る」事ができる

人物像

三雲隊を成立以前からかなり注視しているその真意や目的こそ不明瞭なものの、とにかく彼らを主要人物として見定め、後述するように常に助力し導いている。その入れ込みようから「何を考えている」と訝しがられることもしばしば。
ただ、その三雲隊さえも犠牲を防ぐためにあえて囮にすることもある。

普段は「実力派エリート」を自称し飄々と振る舞っている。だが真意をつかませない暗躍が多いことから「性格が悪い」と称されることも多い。しかも未来視を悪用して大事に至らない人を選んでセクハラを行うため、一部の女性隊員からは嫌な顔をされる。
だが第2次大規模侵攻後に修の母に何度も謝っていたり、侵攻の結果を『だからまあ大体おれせいなんだ』と称するなど、未来が視えるゆえのプレッシャーや苦労も多いことが窺える

親しい人を近界民との抗争で失っているが、三輪のように"近界民すべてが敵"という固い考えは持っておらずボーダーでは近界民友好派の玉狛派に属している。ただし作者の出した派閥分布によると、本人のスタンスは玉狛支部の他の隊員達と比べると、より中立側に近い。実力とサイドエフェクトの重要性は派閥が違う本部の人間からもしっかり認識されており、彼が動くと場の空気が変わるほど。

高校卒業後は進学せず、(元)黒トリガーの持ち主ゆえに部隊も組まないで1人神出鬼没に振る舞う実力派無職。ボーダーに所属する19歳以上の隊員の中で大学に進学していないのは、彼と技術者の寺島雷蔵だけである。
サイドエフェクトと「趣味」とする暗躍が相まって、本意をつかませない飄々とした雰囲気を持ち、考えている事はおろか行動すら理解できないと称される。

ぼんち揚が好物であり、自室には箱単位で買い溜めているほか、しばしば他人にも勧めている。
因みに、玉狛支部にある彼の部屋からぼんち揚をくすねると、自宅に箱単位のぼんち揚が送られてくるらしい。

活躍

本編開始前

ボーダーには、存在が公にされる以前から所属している。現役の戦闘員としては判明している中では小南に次ぐ古株である。創立メンバーの1人である最上宗一に師事していた。5年ほど前に近界との戦争によって最上を含む大勢の仲間を失う。また、時期は不明だが母親を近界民に殺されている

第1次大規模侵攻を経てボーダーの存在が公になった後もボーダーに所属する。侵攻後に入隊して来た太刀川慶と剣の腕を競い合っていた。弧月では彼に勝てなかったので、エンジニアのミカエル・クローニンと共にスコーピオンをに開発した。

3年ほど前、風刃の所有者を決める争奪戦が行われ、候補者全員を圧倒して勝利しS級隊員となった
1年程前に緑川をトリオン兵から助ける。

本編開始から半年ほど前、入隊試験で落ちて直談判しに行こうとした所をトリオン兵に襲われたを助けた。
その後、修がボーダーへ入隊出来たのは彼が働きかけたからだと思われるが詳細は不明。修の事を「メガネ君」と呼ぶのはこの時の出来事からである。

本編開始~トリガー争奪戦

初登場は第1話の冒頭で修を助けているシーンだが、正式な登場は2巻のイレギュラー門編から。
修が訓練生でありながら独断戦闘を行った事の処分を決めている最中に現れ、同時に検討されていたイレギュラー門の原因を探るのに協力させる事を条件に処分保留にさせた。
その後、修と調査に向かい空閑遊真と遭遇。遊真が近界民である事を見抜いたが戦闘も報告もせず、イレギュラー門の原因がトリオン兵・ラッドにある事を教えてもらい、上層部へ知らせて一昼夜の間に一斉駆除させた。

その後、尾行していた三輪隊の報告で遊真の事が上層部にバレてしまい、城戸司令から所持する黒トリガーを奪取するように命令を受ける。しかし、林藤支部長の機転で強行排除は避けられ、一緒に居た雨取千佳も合わせて玉狛支部へと招く。

黒トリガー争奪戦においては、訓練中の三雲隊を守るために嵐山隊と共に、城戸派である太刀川隊風間隊三輪隊当真勇の混成チームと対決。
最初は穏便に撤退させるつもりだったが、狙いがバレた事からプランBに変更。菊地原を撃破した後、攻撃手トップ2の太刀川風間を含めた5人を相手に圧勝する。

大規模侵攻編

第二次大規模侵においては、出来るだけ被害の少ない未来にするために暗躍。
少なくとも、彼の行動によって以下の事が起きている。

  1. レイジ烏丸が撃破でなく時間稼ぎを目的に戦うことにより、遊真三輪に相手の情報が伝わり、後の戦闘を優位に運んだ。
  2. 遊真を達の所まで連れて行くことにより、ヴィザの撃破は元より、修の危機にレプリカを派遣することができた。
  3. 当真達にボーダー本部屋上からの援護射撃を要請することにより、ミラのワープを連発させてトリオン切れに追いやった。
  4. 風刃を手放し、それを餌に三輪に修を助けてほしいと頼むことにより、視野外からの風刃の攻撃によって、ハイレインの侵攻を妨害し、レプリカが遠征艇をハッキングする時間を稼いだ。
  5. 迅がヒュースの足止めに徹したことにより、捕虜としてボーダーへ収容した。

結果、民間人に死者なし。オペレーター6名死亡、行方不明(C級隊員)32名という、迅曰く「最善とはいかずとも2、3番目に良い未来」となった。
しかし、本人にとっては千佳を囮にしてしまった事やが重傷を負ってしまった事、レプリカが連れ去られてしまった事などが不本意だったらしく、修の母曰く「元気がない」様子を見せていた。

B級ランク戦編&ガロプラ編

B級ランク戦ROUND3「三雲隊VS鈴鳴第一(来馬隊)VS那須隊」においては、太刀川と共に解説として登場。
マイクの音声が入っているにもかかわらず、2人して、ボリボリ音をたててぼんち揚を食べながら挨拶するというマイペースぷりを見せた。
ROUND4で惨敗を喫した修から玉狛第二に入ってほしいと頼まれたが断り、自分より適任な者がいると助言した。また、修に大規模侵攻で千佳を囮にしたことを告白し謝っている。

ガロプラ侵攻時には再び風刃を手に取り、本部内に侵入したガトリンらに会敵し、未来視により敵の狙いが遠征艇とあると見抜いた。
陽太郎雷神丸がヒュースのもとへ駆けつける未来が見えたため、他の敵は本部隊員に任せて彼らのもとに急ぐ。その途中で、三輪隊の要請に応じて警戒区域内で三輪・米屋と戦闘していたコスケロを遠距離からの風刃の斬撃で撃破した。最終的には玉狛支部を抜け出したヒュースと、それを追った陽太郎に合流。
そのまま2人を連れ本部に帰還し、三雲隊のランク戦を観戦。ランク戦終了後は、得意の鍋物料理を振舞った。

ROUND7の翌日、林藤・陽太郎とともにガロプラのラタリコフレギンデッツに接触する。アフトクラトルの属国の情報を戴けたら代わりに遠征の日にちを数十日遅らせる(実際はもともと出発準備に時間がかかるだけ)ことと自分の未来視のサイドエフェクトについてを説明し、ガロプラと玉狛支部の同盟を持ちかけた。アリステラとボーダーの関係についても、ラタリコフの質問を受けて説明している。
更にその翌日、用向きは不明だが本部に赴いている。描写はされていないが太刀川とランク戦を行っていたらしい。遊真たちと合流した後は緑川ともランク戦をしている。

ランク戦終了後は修と遊真を連れてガロプラとの交渉に赴く。同盟締結の証として渡された腕輪型通信機は修に託した。

副作用(サイドエフェクト)

「目の前の人間の少し先の未来を見ること」ができる。超感覚に当たるためランクはS~A。
口癖である「おれのサイドエフェクトがそう言ってる」はそこからきたもの。
いくつかの"あり得る未来"が並列で見えているらしく、実現の可能性が非常に高い未来ならば年単位でかなり先まで見えるが、逆に不確定な未来は、わりと近い将来までしか見えていない。
現実を人為的に"あり得る未来"に近づけることによって未来の操作が可能である。
ただし、1度も目にしたことのないものに関しては詳細を見る事ができないため、その部分の予知はおぼろげなものになってしまう。

また、視覚を介しているため、特に戦闘での利用の場合は混戦になると予知し損なった文字通りの死角が生じてしまう事がある。
もっとも、この点は本人も自覚しているため、地形を利用して射線を切るなどして対策している。

戦闘能力

使用トリガーは、後述する黒トリガー「風刃」。
場合によっては通常トリガーも使用しており、その時は二刀流のスコーピオンを武器にしつつ、エスクードで防御や罠を張る。

本人の戦闘センスに加え、攻撃してもサイドエフェクトを活用して殆どの攻撃を見切ってくるため、当てることすら難しいという相手取るには面倒なスタイル。
アフトクラトル最新鋭のトリガーである蝶の盾を使いこなすヒュースを、足止めに徹していたとはいえ、単独かつノーマルトリガーのみで押さえ込むなど、防衛戦においてもかなりの実力者である。

パラメーター(通常トリガー装備時)

トリオン攻撃防御・援護機動技術射程指揮特殊戦術トータル
710157917359


トリガーセット

メイントリガーサブトリガー
スコーピオンスコーピオン
エスクードエスクード
シールドシールド
FREE TRIGGERバッグワーム


風刃

夜明け前
【ワートリ】暗躍。



迅の師匠である最上宗一黒トリガーと化した姿で、数年前に争奪戦を勝ち抜いて手に入れた。
通常の黒トリガーと違って、比較的人を選ばない性質を持っているため、争奪戦の時点で20人以上、現在も10人以上の適合者が存在する。

見た目は普通のブレードであり、そこから幾本か光の帯が出ている。
能力は「物体に斬撃を伝播させ、目の届く範囲ならばどこにでも攻撃ができる」というもので、壁や地面を伝って離れた場所に刃を飛ばす。
ブレードから出ている帯が残弾であり、遠隔斬撃を1発放つ毎に1本消費し、0になると再装填の為に隙が生じる。
遠隔斬撃を使用しない間は「ただのブレードと同じ」と言われているが、実際にはスコーピオンよりも軽く、弧月よりも切れ味と耐久力の高い超高性能ブレードである。

単に遠くのものまで切れるだけではなく、斬撃を仕掛けておく事で時間差攻撃による罠とする事も可能であり、さらに敵の座標さえ分かれば離れた相手に斬撃を命中させることも出来る。
本人も言うように、未来視により相手の動きを読む事ができる迅のサイドエフェクトとの相性は抜群である。

一方で、シールドやベイルアウトなど防御のための機能が一切存在しないという重大な欠点を持つ。攻撃偏重のきわめてピーキーな性能であるため、適合者の数に反して、使いこなすのは非常に難しい。

黒トリガー争奪戦後に行われた取り引きにより、遊真のボーダー入隊を認める代償として本部に献上している
その後、第二次大規模侵攻では三輪に預けられていたが、三輪も終戦後に「攻撃一点特化の能力ゆえに対応力に欠けるため、専有させずに状況に合わせて投入すべき」と進言して返却している。
近いうちに迅が適合者達全員に使い方を教える予定との事。

上述した光の帯の数は使用者のトリオン量に左右されるようで、迅は11本、三輪は6本である。
もし、莫大なトリオン量を誇る千佳が風刃を起動できれば、光の帯は50~60本程出るらしい。作者曰く「たぶんもう剣に見えない」。逆にトリオンが貧弱な修の場合は起動できたところで光の帯は1本しか出なさそうだと遊真は推測している(アニメ版のオマケコーナーより)。

パラメーター(黒トリガー装備時)

トリオン攻撃防御・援護機動技術射程指揮特殊戦術トータル
372418791078120


実力派エリート迅

実力派エリート迅


本作の連載開始以前にジャンプに読切掲載された「実力派エリート迅」の主人公。こちらでは名前が『迅"遊"一』となっている。
ワールドトリガーのプロトタイプとして本作を描くにあたって、遊真よりも迅の方が描きやすいため彼を主役にしたらしい。

この時からブリッジのないサングラス、後ろに流した前髪など大体のデザインは変わっていない。
タイトルにもあるように「実力派エリート」の名乗りも同様。
大きな差異としては、

  • 未来視のSEが見受けられない
  • 組織のイレギュラー要素ではなく、きちんと組織に組みこまれた存在
  • 作者曰く2.7枚目(ワ―トリでは2.4枚目)
があげられる。

ボーダー本部長の唯我誠に「息子を助けて欲しい」と直接頼まれるが、最初は「ムリです」とキッパリと断った。
しかし、現在のボーダー7番基地の状況と誠の真意を知った迅は1人で近界民退治に向かう。

使用する武器はお手製の「風神丸」。
伸縮自在の剣だが、実は制作シロウトなのでかなり脆いため、彼以外には扱えない。
上記のスコーピオンと特性に類似点が見られるため、こちらも設定の元になっていると思われる。

関連イラスト

迅悠一
迅悠一 詰め


再開おめでとう!!!!!!
5/21福岡吾が手11新刊案内


関連タグ

ワールドトリガー 実力派エリート迅 
玉狛支部 三雲修 空閑遊真 雨取千佳
太刀川慶 嵐山准 風間蒼也 三輪秀次
最上宗一
ぼんち揚
未来予知

関連記事

親記事

玉狛支部 たまこましぶ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「迅悠一」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 30034537

コメント