ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

太刀川慶

たちかわけい

太刀川慶とは、『ワールドトリガー』の登場人物。ボーダー本部所属A級1位太刀川隊隊長。攻撃手ランク1位。個人総合ランク1位。
目次 [非表示]

「気持ちの強さは関係ないでしょ」


プロフィール編集

ポジションアタッカー
年齢20歳
誕生日8月29日
身長180cm
血液型A型
星座おおかみ座
職業大学生
好きなものうどんコロッケ、ランク戦で勝つこと
家族父、母
ランク個人総合1位攻撃手1位
CV浪川大輔

概要編集

ボーダー本部所属A級1位、太刀川隊隊長のアタッカー。

原作のカラーリングは灰がかった癖のある茶髪と、眠たげな目つきの黒目、顎髭が特徴。虹彩と瞳孔に当たる部分がハイライトのない格子模様という、特徴ある描写をされている。


なお、顎髭を生やしている理由は「ヒゲありの方が頭よさそうって言われた!」というすごく頭悪そうな理由からである。


人物像編集

本部内でも同派閥の三輪に「とやり口が似ている」と苦手意識を持たれるような飄々とした性格。どうにもうさんくささが漂うところも迅と共通している。

個人ランク戦では総合及び攻撃手で1位を誇る実力者であり、「趣味はランク戦」「好きなものはランク戦で勝つこと」というボーダー屈指、生粋の戦闘バカ。

7巻巻末のポジション診断チャートでは、米屋と共に「たよりになるけどあたまがわるい!ヒャッハー系攻撃手」という容赦ないキャッチコピーのついた枠に入れられた。


黒トリガーを得る前のとは、幾度となく競い合ったライバルであり、後記の玉狛支部への襲撃時の迅との戦闘後の会話では「風刃」の本部返上によるランク戦への復帰表明と個人で攻撃手1位目指すと聞いた際には「おもしろくなってきた」とかなり喜んでいた。その後は迅とは個人戦をするなど仲が良い関係になっている。


持てる才能や努力は全て戦闘に注がれているためか日常面では残念なエピソードが多く、「大学の単位がやばい」「DANGERをダンガーと読んだ」「パソコンのコンセントが抜けてることに気づかず、壊れた!と言って大騒ぎをした」「フルーツグラノーラのドライフルーツだけ全部食べた」などなど、戦闘面以外では相当に抜けている面が窺える。公式データブックやその後の単行本でも「熊谷を6回連続で読み間違えた」「別役を“べつやく”と読む確信が持てない」「きな粉をこぼしまくってボーダー施設内でのきな粉餅を禁止された」など更なる残念なエピソードが明かされている。

「こんな有様でよく大学入れたな…。」と思えるが、実はボーダーからの推薦を利用して入学したとの事で、進学が決まった時、両親は大喜びしたらしい。

二宮からは遠征に一緒に行きたくない人に「頭が悪い」を理由に選ばれている。

この「太刀川は頭が悪い」という認識はボーダー全体でも共有されているようであり、遠征選抜試験の閉鎖環境試験では王子が「太刀川さんは遠征部隊の常連だけれど、この試験に参加してても高得点をとっているイメージがわかない」と言った際には、小南と烏丸と三輪がそれに同意して、それぞれ王子に+1点の評価をした。


また、防衛任務中でのランク戦解説を聴けなかったことを惜しみ、ランク戦解説の音声データを持つ武富桜子の部屋に突撃した事も……。

アニメ版では事前に連絡した上で来訪しているが、桜子に「音声データを貸す代わりに今度自分が行う解説を録音させる」という交換条件をつけられてしまっている。


幼馴染かつ師匠である月見蓮のおかげもあってか、実戦の戦闘指揮では非常に優秀な様子を見せている。興味のある事柄にしか知性を働かせないようだ。


剣術の方の師はボーダー本部長を務める忍田真史

しかしボーダー内の所属派閥では専守防衛派の忍田派ではなく、強硬排除派の城戸派に属している。理由は本部長が防衛重視なのに対し城戸司令は遠征重視であるため。近界への遠征に興味があるから近界へと赴く機会の与えられる城戸派に属しているだけで、師弟の関係が悪いわけではない。


ちなみにボーダーでも最強クラスの彼がいつA級に昇格したかは不明だが本人曰く「小2の夏、すでにA級だった」との事。このヒゲはさぁ…


活躍編集

3巻にて遠征から帰ってきたトップ部隊の1人として登場。ターゲットである空閑遊真の黒トリガーの特性が学習だと聞くと玉狛支部への即日襲撃を提案するが、その途中で立ち塞がったと交戦する。途中までは数の優位を活かして互角に渡り合ったが、迅の未来視のサイドエフェクトと、これまで隠していた黒トリガー「風刃」の能力の前に敗北する。


大規模侵攻編では、基地に迫る自爆モードで硬化したイルガーを1撃で切り裂いて登場。

その後は撤退した風間隊に代わり東部地区のトリオン兵排除を命じられ、主にラービットの掃討を行った。なお、「人型が市街地へ向かう場合は交戦してもいい」という命令だったため、本人は「来い来い黒トリガー来い」と念じていたが、結局戦う機会はなかった。

とはいえ、ラービットを単独で11体撃破(2体村上鋼に付けていたにもかかわらず)という驚異的な結果を残し、新型を中心に敵戦力を大きく削ったこと、東部地区の被害を最小限に減らしたことを評価され特級戦功(報奨金150万+1500P)を上げている。

なお、太刀川以外で特級戦功を上げた人物は三輪秀次天羽月彦、そして空閑遊真と、総じて黒トリガー使いであり、ノーマルトリガーのみで特級戦功を上げたのは太刀川ただ1人である。


B級ランク戦編では「三雲隊VS鈴鳴第一(来馬隊)VS那須隊」において、と共に解説を担当。

マイクの音声が入っているにもかかわらず、2人してボリボリ音をたててぼんち揚を食べながら挨拶するというマイペースぷりを見せつける。

この試合中で気魄を見せる那須隊の様子もあって、実況の三上から「気持ちの強さは勝負に関係があるのか」と問われたのだが、それに対する彼の答えが冒頭の台詞。更に、この後に「勝負を決めるのは戦力・戦術、あとは運」「気持ちの強さで勝ち負けが左右されるってんなら俺が1位になれるはずがない」とまで言っているので、最初はアレに見えるかも知れないが、最後まで読んでみるとなかなか納得できるものがあるのではないだろうか。

この台詞が「読者ランク戦名ゼリフランキング」で1位を獲得している点からもその印象深さが窺える。


ガロプラ襲撃では風間小南村上と共にボーダー本部地下で遠征艇の防衛を担当。

から「真っ二つにされる未来が見えた」と言われていたが、これを逆手に取って、小南に自分諸共真っ二つに斬らせることで先手を打ち、ガトリンを撃破し撤退に追い込んだ。

相手のガトリンには「攻撃を繋ぐバランサー」と評され、他メンバーのフォローも出来ることも判明した。ちなみにこの時のガトリンの心中での呼ばれ方はヒゲであった。

ガトリンの方も髭が生えてるだろうとか風間の呼ばれ方も呼ばれ方だったので評価はあっているが、ある種シュールなギャグとなってしまっている。


ガロプラの襲撃を凌いでから数日後、ボーダーに入隊してすぐにB級へ昇格したヒュースと弧月のみによる模擬戦を行い、B級の攻撃手たちでは歯が立たなかったヒュースに5-1と圧勝している。


遠征選抜試験編では、2日目の戦闘シュミレーション演習で二宮が言った「俺の部隊に太刀川はいらない」と聞くと、「はい 二宮くん減点〜」と軽く言いながら、二宮に減点をしていた。この一件は忍田本部長から怒られたらしく、水上8番隊での水上のやり方について、アリかナシかの議論になった時には「格言、大事だと思います。by賢者」と書いて水上に減点をした。国近から真面目にやらないとまた怒られるよと言われると、真面目に減点の理由を言った。太刀川によると、水上は自分で揉め事を起こしているから先の予測はできているだろうし、もし隊長がクビになっても保険として荒船がいて、そもそも自分が好き勝手にやったケツを拭かせるために、最初から荒船を選んでいた可能性もあると言った。この発言を聞いた国近から、褒めてるのに何故マイナス評価をなのかと聞かれると、荒船と今の2人の負担が大きいので、水上から引いた分を荒船と今に足しておくと言い、国近も納得していた。


戦闘能力編集

主な使用トリガー弧月の二刀流。

オプショントリガー「旋空」を合わせる事で離れた相手も一刀両断する。


個人総合1位なだけあって実力はかなり高い。単純な剣の腕によるゴリ押しに始まり、集団戦では自身も攻撃しつつ味方攻撃手の隙をカバーして“次”に繋ぐなどスムーズに連携をこなし、基本シールドではなく二本の弧月で防御、果ては搦め手まで使う。も予知だけでは彼に勝てないため、新トリガー「スコーピオン」の開発に乗り出した程。その後の勝率は五分になったとの事だが、トータルでは太刀川の方が勝ち越しているという。


彼を含めた総合順位上位陣の所持ポイントは長らく明かされていなかったが、第160話にて45961ptである事が判明する

さらに、太刀川はメインサブ両弧月の二刀流で左右を攻守で使い分けていない。

その為、サブの弧月もメインの弧月(ptが既出の方)に近しいptを持っていると思われる(ポイントの振分け方は作者により説明済み)。

要は、一人で90000pt越えのptを溜め込んでると思われる。(独自研究)

それまでに明かされていた最大点の持ち主は攻撃手4位の村上鋼(12042pt)、(因みに減点前ならば影浦雅人(14780pt)で、攻撃手で10000pt以上持ちは7人しかいないとも言われている中これである。

その圧倒的すぎる数字に衝撃が走ったと同時に、そんなアホみたいにランク戦ばっかしてるから大学の単位がやばいのでは?という真理が見えてしまった読者も多い。


名実共に、現在のボーダーでトップレベルの実力者と言って良い存在。ヴィザに剣を習ったヒュースにも「これほどの剣の使い手はアフトクラトルにもそうざらにはいない」と評されている。

また、パラメータをみると分かるがトリオン能力は高くはない部類。更に、これまで戦闘に役立つようなサイドエフェクトを持っている描写もない。また、トリガーセットもグラスホッパーを除けばシンプルで、弧月以外に直接的な戦闘手段を持たない。これで総合1位に君臨していることからもその高い実力が窺い知れる。


しかし、これでもまだ師匠の忍田本部長との実力差は大きいらしく、作者いわく「(力の差は)現在の遊真と小南くらい(10本勝負で3対7ほど)だと思われます」とのこと。

「ノーマルトリガー最強の男」の座は、まだ遠い。


パラメーター編集

トリオン攻撃防御・援護機動技術射程指揮特殊戦術トータル
61498827256

トリガーセット編集

メイントリガーサブトリガー
弧月弧月
旋空旋空
シールドシールド
グラスホッパーバッグワーム

作者のキャラ評編集

もじゃひげ青春二刀流【太刀川】
ボーダー本部・目が格子状な人ランキング1位。二十歳を過ぎても黒のロングコート+二刀流というスタイルに微塵の照れも見せない、なかなかのつわもの。生粋のバトル野郎だが、指揮をできる点で米屋より上。でもバトル以外の部分は色々とダメそう。大学の単位がやばい。

(JC4巻 カバー裏より)


関連イラスト編集

95話

ワートリログ3

忍田と太刀川無題


関連タグ編集




関連記事

親記事

太刀川隊 たちかわたい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 32506179

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました