ピクシブ百科事典

出水公平

いずみこうへい

出水公平とは、週刊少年ジャンプで連載中の漫画『ワールドトリガー』の登場人物
目次[非表示]

「シールドごと削り倒してやる」

プロフィール

ポジションシューター
年齢17歳
誕生日9月21日
身長175cm
血液型B型
星座おおかみ座
職業高校生
好きなものエビフライ、コロッケ、みかん、全攻撃
家族父、母、姉
CV石川界人


概要

ボーダー本部所属A級1位太刀川隊のシューター。

米屋三輪と同じく、ボーダー提携の普通高校に通っている。
原作のカラーは、クリーム色の髪と茶色の目。分けた前髪を両目にぶっこんでいるらしい。

出水、米屋緑川の三人を合わせてA級3バカと呼ぶことがある。

人物像

男子高校生らしい軽いノリの持ち主だが、「常に考えながら戦う」ポジションであるシューターだけあって、状況に合わせて適切なトリガーを使い分けつつ相手の裏をかく事を得意とする。
作者曰く「あまり悩まない天才型」であり、5巻のペーパーにて判明した学力はそこそこ良いのだが、米屋からは「弾バカ」と言われている。

私服センスがイマイチであり、学生服・隊服以外だと「千発百中」と書かれたTシャツを着ているのが確認できる。
出水の戦闘スタイルを文字にしたこの「千発百中」Tシャツは、ボーダーのグッズ企画部が出水のために作ってくれたもので、全8色のカラーバリエーションがある。
ちなみにこのTシャツは実際に商品化されており、発売日も彼の誕生日に合わせている。


太刀川隊の隊服を着るのが決まった時も、黒ロングコートを見て「マジか超かっけぇ!」と思ったらしい。

活躍

4巻の黒トリガー奪取作戦にて初登場。顔出し早々に、全攻撃(フルアタック)と見せかけて全防御(フルガード)を展開し、敵スナイパー・佐鳥の位置を炙り出した。
その後、三輪当真と連携して嵐山隊を追い詰めたが、思いがけないタイミングで当真が倒された隙を三輪共々佐鳥のツインスナイプで撃ち抜かれ、そのまま撤退した。

大規模侵攻編においては、米屋緑川と共に人型近界民・ランバネインの討伐へ参戦。巧みな援護射撃で二人をサポートした。
撃破後は二人と共に達の援護に回ったが、現れた敵の指揮官・ハイレインを前に苦戦を強いられる。当真達スナイパーチームの狙撃で一度は優位に立ったかに見えたが、ミラがラービットを転送した事で狙撃地点を潰されて援護を失くし、ベイルアウトに追いやられた。しかしその戦闘能力の高さ・繊細なトリオンコントロールはハイレインに「捕えて部下に加えたかった」とまで言わしめた程である。

これらの活躍により、論功行賞では米屋緑川と共に一級戦功(報奨金80万+800P)を上げている。
この三人組は、人型近界民との交戦後にとした約束の通り、焼肉をおごってもらっていたり、米屋とは、学校のクラスが同じで一緒に昼飯を食べている描写があったりと、普段から仲は良い様子である。

戦闘能力

射手用攻撃トリガー4種(アステロイド・メテオラ・バイパー・ハウンド)を状況に合わせて使い分ける中距離戦闘型。

那須隊那須玲と並び、数少ない「バイパー」の弾道をリアルタイムで引ける技量の持ち主であり、弾を迂回させて反撃を受けないようにするといった小技も見せる。
また、無数の小さな的に一気に誘導弾(ハウンド)を当てて見せたりなど、繊細なトリオンの制御も上手い。
さらに、本来時間が掛かるシューター専用の大技である合成弾をものの数秒で作れるセンスを持ち合わせる。
BBFによれば、合成弾を生み出したのは彼であり、何となく思いつきでやったら出来てしまったとのこと。これが彼を「天才肌」「弾バカ」と言わしめる由縁である。

好きなものに全攻撃(フルアタック)を入れているだけあって、トリオン量に物を言わせて盛大に弾丸を放って圧倒する場面が多く、作者からもビジュアル担当と評されている。
しかし、そんな派手な攻撃の本質は相手を引きつける陽動であり、周囲が仕留める隙を作るのが彼の仕事である。

パラメーター

トリオン攻撃防御・援護機動技術射程指揮特殊戦術トータル
128105953456

トリガーセット

メイントリガーサブトリガー
アステロイドアステロイド
メテオラバイパー
バッグワームハウンド
シールドシールド


関連イラスト

弾バカと槍バカ


フルアタック
アステロイド



関連タグ

ワールドトリガー
太刀川隊 太刀川慶 唯我尊 国近柚宇
A級3バカ 米屋陽介 緑川駿
佐鳥賢

pixivに投稿された作品 pixivで「出水公平」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12780457

コメント