ピクシブ百科事典

緑川駿

みどりかわしゅん

緑川駿とは週刊少年ジャンプで連載中の漫画『ワールドトリガー』の登場人物
目次[非表示]

「『勝てる』と思ってるやつは隙だらけだな」

プロフィール

ポジションアタッカー
年齢14歳
誕生日10月20日
身長157㎝
血液型O型
星座みかづき座
職業中学生
好きなもの焼肉、ランク戦で勝つこと、迅さん
家族祖父、父、母
CV森下由樹子


概要

A級4位草壁隊のアタッカー。
にトリオン兵から命を救われたことで熱烈なファンになり、一年ほど前にボーダーへ入隊した。

人物像・活躍

基本的に人懐っこい子犬のような性格。作中でも米屋が「芸を覚えたての犬っころの動き」と表現したり、アニメ版で桜子が「ボーダーの愛玩小型犬」と紹介しているので、半ば公認である。
また、米屋を「よねやん先輩」、出水を「いずみん先輩」、木虎に至っては「木虎ちゃん」といった具合に一部の人物への呼び方がフランク過ぎる所がある。ちなみに、遊真は後述の一件から尊敬しているため、自発的に「遊真先輩」と呼んでいる。
加古隊黒江とは幼馴染で、小学生の頃は一緒に山奥の分校に通っていた。
現在は黒江桜子と同じ中学校に通っている。

初登場は2巻だが、姿のみで名前は無し。
入隊指導の対近界民戦闘訓練において4秒を叩き出した隊員として4巻に名前のみ登場。
5巻において、大勢の観客の前でに勝負を挑んだ事により、ようやく姿と名前が繋がる。

これは、に誘われて玉狛に移動した隊員であることを聞きつけて、嫉妬心を抱いたことから評判を落とそうと画策した嫌がらせであった。
だが、目的を果たした所に現れた遊真がその狙いを看破し、逆に勝負を挑まれ2-8で敗れた。(最初の二回遊真はわざと負けている)
最初はただのC級隊員と侮っていたが、後半でその実力に気付いた事もあり、決着後は素直にへ謝罪して和解に至った。作者曰く「最終的には円の軌道で迅の周りを踊り狂った」との事。

大規模侵攻編では、米屋出水と共に人型近界民・ランバネインの討伐へ参戦。遊真戦での経験もあって一対一の場面でも上手く意表を突いて立ち回り、撃破に貢献した。
撃破後は、三人で達の援護へと駆けつけたが、その後現れたハイレインの「卵の冠」によってキューブにされかけ、やむなくベイルアウトした。

B級ランク戦ではROUND2「三雲隊vs荒船隊vs諏訪隊」戦で東春秋と共に解説を担当。その前日には遊真に「グラスホッパー」の使い方を教えている。

ガロプラ襲撃では、とともに基地屋上のスナイパー組を援護している。

戦闘能力

主な使用トリガーはスコーピオン(9110pt→9985pt→9721pt)とグラスホッパー。
グラスホッパーを用いたトリッキーな動きを得意とし、狭いフィールドでも縦横無尽に駆け回るその機動力はボーダートップを誇る。

パラメーター

トリオン攻撃防御・援護機動技術射程指揮特殊戦術トータル
59611713244


トリガーセット

メイントリガーサブトリガー
スコーピオンスコーピオン
グラスホッパーグラスホッパー
シールドシールド
FREE TRIGGERバッグワーム


余談

大規模侵攻の際、一緒に行動していたと合わせてA級3バカと呼ばれることがある。
これは、米屋出水が互いを「槍バカ」、「弾バカ」と呼び合っていた事から、一部のファンがを慕っている緑川を「迅バカ」とこじつけた事に由来する。
しかし、後にグッズ「わちゃっと!ラバーストラップ」やゲーム『ボーダレスミッション』で緑川の「迅バカ」も公認される事となり、オフィシャルデータブック「BORDER BRIEFING FILE」では緑川のページにA級3バカという単語があるため、公式に認められたようである。

関連タグ

ワールドトリガー
草壁隊 草壁早紀 佐伯竜司 里見一馬 宇野隼人

迅悠一 三雲修 空閑遊真 黒江双葉
米屋陽介 出水公平 A級3バカ

pixivに投稿された作品 pixivで「緑川駿」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1016351

コメント