ピクシブ百科事典

木虎藍

きとらあい

木虎藍とは、週刊少年ジャンプで連載中の漫画『ワールドトリガー』の登場人物
目次[非表示]

「私はA級 やるって言ったからには絶対にやるのよ」

プロフィール

ポジションオールラウンダー
年齢15歳
誕生日6月26日
身長161㎝
血液型A型
星座つるぎ座
職業中学生
好きなもの自己鍛錬、辛いもの
家族祖父、祖母、父、母
CV花澤香菜


概要

ボーダー本部所属A級5位嵐山隊の隊員。
右に多めに流した前髪と、きつめな顔つきが特徴。原作のカラーリングは、黒髪に紫の目。

普段は小南桐絵と同じくボーダーと提携していないお嬢様学校に通っている。

人物像

プライドが高く自他ともに厳しい性格の持ち主であり、中学生でA級になったエリート隊員であることに誇り(と強いエリート意識)を持っている。
そのため、当時C級の三雲修がモールモッドを倒した(本当は彼のトリガーを借りた空閑遊真)ことにより、一方的にライバル意識を抱く。
その後、遊真がボーダーに入った事でも隠し事をする必要がなくなったため、修とのわだかまりは解けるのだが、直後に彼が自分の憧れの人である烏丸京介の弟子になったと知り、今度は嫉妬心を抱くようになる。
ただ、滅多に口には出さないものの修の評価すべき点はキチンと評価しており、彼の人柄についても一定の理解を示しているため、単なる対抗心だけで修にキツく当たっているわけではない。
また、ナルシストな一面もあるようで、修が通う学校の生徒から写真撮影をせがまれた際、口では断っておきながらしっかりとポーズを決めており、ジャンプNEXTの番外編でも週刊少年ジャンプに掲載された佐伯俊(食戟のソーマの作画担当)によるジャンプヒロインの水着絵ポスターに描かれている自分の姿を見て「我ながらセクシーだわ」と自分のスタイルの良さを自画自賛している(第4巻収録)。

なお、彼女の対人欲求は

  • 年上→舐められたくない
  • 同年代→負けたくない
  • 年下→慕われたい

らしく、加古隊黒江双葉(13歳)に冷たくあしらわれたときは心に大ダメージを喰らっていた。

活躍

1巻にて、らの学校を襲撃したモールモッドの討伐に来たのが初登場。
自分達が到着する前に隊規違反を犯してモールモッドと交戦したを咎め、同日放課後にはわざわざ本部へ連行するために校門の前で待っていた。
しかし、その道中でイレギュラー門が開き、爆撃型トリオン兵・イルガーが現れた事から一人で迎撃へ向かう。難なく追い詰めたかに見えたが、自爆モードへと移行されてしまい、一転して危機に追いやられるが、下で待機していた遊真が川へと引きずり落として事なきを得た。
そして、交戦中にが民間人の避難誘導をしていた事や、その事を自慢しようとはしない態度から彼への見方を改め、上層部にも口添えをしている。

黒トリガー争奪戦では、忍田本部長の命により嵐山隊のメンバーと共に玉狛支部の側に付く。
佐鳥を狙うと見せかけた米屋によって一対一に引き込まれるもどうにか撃破したが、緊急脱出直前に出水当真の連携攻撃へと繋がれてしまい、フォローに回った時枝は撃破され、彼女も片足を無くす事に。
だが、「スコーピオン」を義足代わりにする事で機動力を補い、嵐山を狙う当真を奇襲攻撃で撃破する事で、勝利へと繋いだ。

大規模侵攻編では、嵐山隊一同で行動していたが、イルガー戦での借りを返すため、警戒区域から出られない遊真に代わってと共にC級隊員のフォローへと向かう。
そこで、新型トリオン兵のラービットと交戦し、分厚い装甲の前に苦戦を強いられるが、片足を犠牲にしながらもどうにか勝利する。
しかし、その直後に新たな門が開き、さらに3体の改造体ラービットが現れる。明らかな異常事態にの狙いがC級隊員の捕獲である事に気付き、達に知らせたが多勢に無勢という事もあってすぐに捕まり、キューブ化されてしまった。
なお、その後木虎を捕獲したラービットは小南が撃破し、キューブ化された木虎達は本部のエンジニアの手によって元の体に戻っている。

大規模侵攻後に始まったB級ランク戦では、嵐山達と共に玉狛第二(三雲隊)の試合を見守っているが、相変わらず手厳しい評価をしており、修が烏丸の紹介で嵐山たちに射撃戦の技術を教わりに来た時も厳しい態度を崩さなかった。
直後のROUND4が散々な結果に終わり、新しい策を模索していた修は時枝の紹介もあって協力を求めてくる。
最初は即答でこれを拒否したが、修が焦りで迷走している事と周囲の優しさにすっかり甘えてしまっている事実を指摘し、さらに二宮出水に弟子入りした話を引き合いに出すことで「他人に物を教わる姿勢」を改めさせた上で引受け、修に「スパイダー」の使い方と彼らの目的である「即時遠征部隊入り」のために取れる方策を教えた。

ガロプラの襲撃時は嵐山や烏丸らと共に基地の周辺で人型トリオン兵「アイドラ」の大部隊を迎え撃ち、途中から黒江とタッグを組んでガロプラのオペレーター・ヨミが操るアイドラの対処に当たっている。

アニメオリジナルストーリー「逃亡者編」では、エルガテスから逃げてきた人型近界民と接触した三雲隊を監視するため、修達が合宿を行っている四塚市へと派遣されている。

B級時代

ボーダー入隊時に3600(通常は1000。4000でB級へ昇格)という規格外の初期ポイントを与えられ、現在もA級部隊のエースとして活躍している木虎だが、第122話で彼女が過去に大きな挫折を味わっていたことが明らかとなった。
時枝によれば、木虎はB級に上がった当時はガンナーだったが、トリオン量が少なかったためにガンナーとして通用せず、アタッカーに転向してスコーピオンを使うようになったらしい。
そこから彼女は努力を重ね、現在の実力と戦闘スタイルを身に着けて嵐山隊躍進の原動力となり、課題だったトリオン量も鍛錬に伴うトリオン器官の成長でガンナーとしても十分戦えるレベル(本人曰く「平均の範囲内」)になったため、現在はオールラウンダーとなっている。

戦闘能力

ポジションは万能手で、主に「スコーピオン」と拳銃を扱う。
足にスコーピオンを纏わせる「足ブレード」という技や、ワイヤーの間を高速移動しながら銃撃の雨を浴びせるといった、機動力を重視したトリッキーな戦い方を得意としている。

作中では苦戦を強いられる描写が多いが、これは隊での行動よりも単独行動が多い上に相手が初見の重装甲型のトリオン兵というのが理由であって、決して彼女が弱いわけではない。

太刀川小南は単独でイルガーやラービットを倒しているが、彼らが桁違いに強いだけであって、他のA級隊員は彼女と同様に苦戦している。

パラメーター

トリオン攻撃防御・援護機動技術射程指揮特殊戦術トータル
4878936449


トリガーセット

メイントリガーサブトリガー
アステロイド:拳銃スコーピオン(改)※
スパイダー(改):拳銃※FREE TRIGGER
シールドシールド
FREE TRIGGERバッグワーム

※スコーピオンは持ち手を中心に風車のように回転させる機能を、スパイダーは拳銃にワイヤーの巻き取り機能がつけられた改造型になっている。

関連イラスト

6巻!
木虎ちゃん



関連タグ

ワールドトリガー
三雲修 烏丸京介
嵐山隊 嵐山准 時枝充 佐鳥賢 綾辻遥


オサキト キトオサ

pixivに投稿された作品 pixivで「木虎藍」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1837290

コメント