ピクシブ百科事典

ハイレイン

はいれいん

ハイレインとは、週刊少年ジャンプで連載中の『ワールドトリガー』の登場人物。
目次[非表示]

「『金の雛鳥』は俺が捕らえよう」

プロフィール

出身アフトクラトル
身長180cm
誕生日29歳
トリガー(黒)卵の冠(アレクトール)
好きなもの優秀な駒・陽動・分断・家族・穏やかな暮らし
CV佐々木望


概要

アフトクラトル・玄界遠征部隊の隊長。同隊に所属するランバネインは弟に当たる。
アフトクラトルを統べる4大領主の一角にしてその中でも最大派閥を率いているベルティストン家の当主。
角は側頭部に生えている。イメージは「」。

プロフィールにもあるように陽動作戦を得意としており、第二次大規模侵攻でも様々な手でボーダーを翻弄した。

人物像・活躍

その立場通り、冷静沈着かつ慎重な性格。常に失敗を想定し、その上で次善策を用意して作戦を立てるため、エネドラからは根暗と言われている。
目的の為に手段を選ばない冷徹さを持っており、限界に差し迫っていたエネドラの黒トリガーを回収するために敢えて彼の暴走を見逃し、敗北後は彼を切り捨てたり、任務に忠実で優秀な部下であるヒュースをいずれ敵になる可能性を考慮し、切り捨てようとする。一方で、有能な人材であれば敵であろうと賞賛しスカウトしようとする一面も存在する。

大規模侵攻に際しても事前に偵察型トリオン兵・ラッドを放ってボーダー側の戦力を測るなど攻撃前から入念な事前準備をしており、攻撃開始後も目的であるC級隊員をあぶり出すため、既存のトリオン兵と強力な新型トリオン兵「ラービット」による挟撃や、イルガー5匹による本部基地への特攻でボーダーを揺さぶった。

そして、甚大なトリオン量を持つ「金の雛鳥」である雨取千佳を補足すると陽動にエネドラランバネインを加えつつ、ヒュースヴィザに回収を命じた。
これに対してボーダー側も激しく抵抗していたが、混戦した状況を好機と見て一気に勝負をかけるべく自らも出撃する。

雨取千佳をトリオンキューブへと変えるも、キューブは三雲修が回収して先行し、その場にいたA級隊員達は時間稼ぎをするべく全力で立ち塞がった。
だが、彼の狙いは修を孤立させる事にあり、ミラのワープで追いつき、あと一歩の所まで追い詰めたが、そこに結果的に陽動を無視していた三輪秀次が加わる。
相性の悪さとこれまでの戦闘でデータを与えすぎていた事が重なって苦戦を強いられ、それでもどうにか千佳を確保しようと躍起になったが、最後はレプリカによって遠征艇を乗っ取られて強制帰還命令を出され、撤退を余儀なくされる。
そして、修が持っていたキューブは千佳ではなくドサクサに紛れてすり替えたダミーであり、残り僅かな時間で探索するのは不可能であったため、放棄して立ち去った。

ただし、C級隊員を30名ほど確保しており、最低限の目的は果たしている。
また、「金の雛鳥」に関しては、最初から遠征で捕獲できるとは考えておらず、失敗時には配下の人間で代用する事を想定していた。その配下というのが、ヒュースが仕えているエリン家の当主であるため、抵抗戦力を削ぐために置いていったという訳である。
さらに、大規模侵攻の後も属国のガロプラ・ロドクルーンに遠征の妨害をするように命じている。

卵の冠(アレクトール)

トリオンを卵生の生物型のトリオン弾に変換し、撃ち出す能力を持つ黒トリガー。
現時点では「燕」「魚」「トカゲ」「蜂」「海月」等が確認されていて、形状ごとに違った軌道を取る。
これらの特徴や弾の形状から出水には「わくわく動物野郎」と言われている(ちなみにこの単語は英訳された際に「MR.DISCOVERY CHANNEL」と翻訳され、ちょっとした話題になった。)。

弾には「トリオンのキューブ化」と呼ばれる能力が備わっており、トリオン体が触れてしまうとラービット同様正六面体のキューブに変化させられ行動不能になる。
こちらは、トリオン体以外のトリオンにも有効で、トリガーで作られた武器・シールド・トリオン弾も無力化されてしまう。一応、手足に1発2発食らった程度ではキューブにはならないものの、受けた部分は変形して使用不能になるため、大幅な戦力ダウンになってしまう。
弾速はそこまで速くはないがとにかく弾数が多く、軌道も非常に複雑な制御が可能なので、回避するのは困難を極める。
さらにキューブからトリオンを搾取する事で、トリオン体の修復及びトリオンの補充まで可能という掟破りの能力まで備える。

欠点はトリオン以外には干渉出来ず物理的な攻撃力を持たない点と制御には目視の必要があるため、長距離で待ち構えている狙撃手には対応できない点。
と言っても、狙撃に関してはよほどの凄腕で無い限り防がれてしまう上に、「近界民に対抗するにはトリガー(トリオン技術)が必須」という前提条件を考えれば物理攻撃も大して期待できない。
加えて、彼もこれらの弱点を熟知しているため、ミラやラービットと連携する事でカバーしており、隙という程でもない。

別格と言われる黒トリガーの中でも屈指のチート能力と言っても過言ではない。
実際、間接的に倒した緑川駿も含めると3人ものA級隊員を撃破している。

ゲーム『ボーダレスミッション』では、さすがに弱体化されていて、魚(自身の周囲を旋回)と海月(地面を這ってゆっくりと敵を追尾)と燕(敵に向けて直線に飛ばす)の3種のみになっている。
キューブ化も単純な高威力に置き換わっているが、迂闊に喰らえば即死させられる厄介さはそのままである。
特に「燕弾」は高速かつ多数の弾が襲ってくる凶悪な性能を持っており、警戒が必須である。
また、回復能力は「体力が半分以下になった場合に1度だけ全回復」となっているが、その際に一時的に無敵になるため、思わぬ反撃を受けて事故死する事も有り得るので要注意。

パラメーター(黒トリガー装備時)

トリオン攻撃防御・援護機動技術射程指揮特殊戦術トータル
401828787105123


関連イラスト

卵の冠
卵の冠



関連タグ

ワールドトリガー アフトクラトル

pixivに投稿された作品 pixivで「ハイレイン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 464910

コメント