ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

  1. 大根漬物ご飯の親友である黄色い物体。かりこりとした食感が堪らない。「沢庵漬け」。
  2. けいおん!琴吹紬の眉毛が太い形状になぞらえたファンからの愛称。原作の表紙裏の漫画が元ネタで、アニメでもこのネタが使われたので、公式にもOKな愛称のようだ。


1の詳細

大根の漬物の一種。
天日で干して水分を飛ばした大根を、ぬか漬けしたもの。

漬けておくと、大根の辛み成分であるアリルイソチオシアネートが分解され、あの独特の鮮やかな黄色い色素へと変化する。

考案者は江戸時代の禅僧沢庵上人とする説がある。
元は沢庵が独自に作っていた名もない漬物だったが、時の将軍である徳川家光が沢庵のいる東海寺を訪れ、茶請けとして具したところ大層に気に入り、「名前がないなら『沢庵漬け』と呼ぼう」としたことからこの名が付いたという。
ほか、「混じりけのないもの」という意味の【じゃくあん】が訛った説、「貯え漬け」が訛った説など、複数の発祥が存在する。
さらに平安時代に慈眼大師良源上人が、大根を藁と塩で重ねて漬ける「定心房(じょうしんぼう)」という漬物を考案しており、これがたくあんの原形ともいわれる。なお現在も比叡山で「定心房たくあん」として売られているものがあるが、こちらは現在のたくあんと同じものである。

江戸時代以降、庶民の食卓には欠かせないおかずとして親しまれ、漬物の代表選手の一つにまで昇進。
燻製で乾燥させる秋田県の「いぶりがっこ」、海苔巻きにする「新香巻き」、さらにはマヨネーズとあえてコッペパンで挟む「サラダパン」など、様々なスタイルで現在も日本の食卓を彩ってくれている。

一方で、実は外国人が臭いと感じる日本食の一つでもあり、その匂いは納豆や鮒鮨にも引けを取らない臭いを持っている。
19世紀の女性旅行家イザベラ・バードは、「こんなスカンク(のおなら)みたいな臭いをよく平気で嗅げるわね!?(意訳)」とかなり辛口に著書『日本紀行』に記している。


2の詳細

百合好きな彼女が喜んでブックマークしそうな、けいおん系百合イラストにたくあんホイホイというタグがつくことがある。

なお、本来は上記の通りほとんど作者のジョークだったが、2010年2月きゅうりのキューちゃんで有名な東海漬物から、コラボ商品~ムギちゃんの眉毛~ 「実はこれ、沢庵なの♪」の名称で本当に商品化された

ちなみに味は甘口で、とてもごはんがススムくん状態だ。

表記ゆれ


関連タグ


  • 土方歳三…沢庵漬けが好きすぎる歴史上の人物。

関連動画

関連記事

親記事

大根 だいこん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「たくあん」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「たくあん」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2846878

コメント