ピクシブ百科事典

ジャスティス・ラブ

じゃすてぃすらぶ

ジャスティス・ラブとは、劇場版クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!夕陽のカスカベボーイズに登場する悪役。
目次[非表示]

CV:小林清志

「この映画の主役は俺だ。お前たちではない」
「まだ終わりじゃないぃぃぃぃ…」(映画の終わりを嘆いていたセリフ)

概要

ジャスティスシティの知事である。
直訳すると『正義』。
どこか憎めないヤツ、もしくは単なる変態が多い劇場版クレヨンしんちゃんの敵キャラの中では類を見ない完全な悪役
性格は至って非常に冷徹で、残虐非道
人々に強制労働をさせ、自ら定めた法律に触れた者を毎日馬で引きずり回している。
また、風間くんを保安官に招いた理由も一種の暇つぶしとしか見ていない。
この世界そのものである映画を「終わらせない」ようにしており、映画を終わらせるための「おわり」の文字をどこかに封印している。
それだけでなく、招いたみさえをあざ笑い、それに対し激怒したしんのすけ共々鞭でしばき回し、ゴミ同然のように処分した
彼のやり方にひろしや、映画オタクのマイク達の反感を買い、アンチ・ジャスティスを集結させる要因を作っている。

戦闘力と末路

鞭の達人で、鞭のみでクーデターを起こしたリーとハリー・ラックの銃を落とすだけでなく、(不完全とは言え)パワーアップしたしんのすけ達すらも寄せ付けなかった。
彼の切り札としてジャスティスロボというカウボーイ型の巨大ロボットを所有しており、いくつか重火器を内蔵している。
物語終盤でオケガワの発明した道具により、パワーアップしたしんのすけ率いるかすかべ防衛隊に追い詰められ、敗北。
封印から解き放たれた「おわり」の文字が空に輝く中、映画の終わりを嘆いていた。

本来の映画における役割

本人曰く、「この映画の主人公である。
そして「映画を完結させて元の世界に戻る」と主張するアンチ・ジャスティスに「映画は既に完結している」とも述べている。
映画の内容的にこれらは虚言であるというのが一番無難な解釈である。
だが、映画の「おわり」を封印していたのはジャスティスであり、見苦しいまでに映画の「おわり」を阻止しようとすることから先の発言は全て真実であり、自分が主人公として活躍して既に終わらせた映画を自分たちが消えないために強引に続けていた(その過程であの歪んだ性格も形成された)とも解釈できる。
…もっとも、「映画を正しい形で終わらせる」ためにしんのすけ達カスカベの人々を映画の中に引き込んだのはその映画自身であり、ジャスティスが本当に主人公だったにせよ、彼は自身にとって全てである映画そのものからは既に見放されていたことになる。

関連タグ

クレヨンしんちゃん
嵐を呼ぶ!夕陽のカスカベボーイズ
独裁者 ディストピア 吐き気を催す邪悪 人間のクズ 汚物
グルジェフ総統メビウスロボット長官…同族
金有増蔵…こちらも劇場版では珍しい完全な悪役。

関連記事

親記事

夕陽のカスカベボーイズ ゆうひのかすかべぼーいず

兄弟記事

コメント