ピクシブ百科事典

アナコンダ伯爵

あなこんだはくしゃく

ワシが望んだのは能力だけだ!こんな醜い姿ではない!
目次[非表示]

概要

映画クレヨンしんちゃん ブリブリ王国の秘宝』に登場した悪役。
ブリブリ王国の伯爵であると同時に、ブリブリ王国に伝わる伝説の魔人の力を使って世界征服を企む秘密結社ホワイトスネーク団の首領でもある。

首に常に巻いているペット、白蛇アレキサンダーがトレードマーク。
大悪人ではあるが、映画と漫画版では立ち位置が大きく異なる。
映画では、クレしん映画の中でも珍しい悪役らしい悪役で、しんのすけが本気で怯えた数少ないキャラクター。
ブリブリ王国正規軍のヘリを爆破するなど、現代世界において明確に死者を出している人物であり、最期は本人も完全な破滅という相応の末路を迎えた。

漫画版での扱い

原作漫画では、ノリツッコミの場面が多く、が放たれるワナに対して、先に通させた野原しんのすけケツだけ星人の動きが対策だと思い込んで部下と共に実行したり、制服を忘れた戦闘員に「レッグウォーマーは忘れるなと言ったろ!風邪ひいたらどうする!」と怒鳴るなど、どこか憎めない人物で、イラスト右の側近であるミスターハブも彼に忠実に従っている。
最終的にはしんのすけが逃亡用のヘリコプターに勝手に乗り込んだことで逃走に失敗し、ヘリコプターは大破。真っ黒こげになるも奇跡的に一命は取り留め、逮捕された。

アニメでの扱い

映画では、強欲で部下や子供のを見捨てるなど朝飯前の大悪党。
その性格が災いしてか、側近の部下にはすべて裏切られた。
しかし、ミスター・ハブが世界の支配者となるべく持ち出したツボの力で、「魔人よ、お前の力を全てワシにくれ!」という願いで人知を超越した力を得る。
しかし、「全ての力」が魔人と同じ姿になることも含まれていたため、魔人とアレキサンダーごと一体化し、醜いブリブリ魔人の姿となってしまう。
最期は逆恨みと八つ当たりの感情から白のブリブリ魔人と争うが、しんのすけとスンノケシ王子によって魔人の力を封印され、ミスター・ハブを道連れに(意図的では無く偶然)ツボの中に呑み込まれる。その際に魔人と分離して元の姿に戻るが、それと引き替えに永遠に封印された。
(ちなみに、ディズニー映画『アラジン』のジャファーとほぼ同じ最期である)。

声を充てた富田耕生氏は「いかにも悪人らしい最期」とコメントしている。


関連項目

クレヨンしんちゃん 褐色肌

関連記事

親記事

ブリブリ王国の秘宝 ぶりぶりおうこくのひほう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アナコンダ伯爵」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3604

コメント