ピクシブ百科事典

This_Man

ゆめおとこ

This Manとは、人々の夢の中に現れるという謎の男である。
目次[非表示]

概要

彼の存在が最初に報告されたのは、2006年のアメリカニューヨーク。ある精神科を訪れた女性が、「奇妙な男が夢の中に頻繁に現れる」と精神科医に相談した。あまりによく出てくるためにその男の顔を記憶してしまったその女性は、医師と共にモンタージュを作り、完成したのがメイン画像の顔である。

異様に太く一本につながったかのような眉毛と、横分けの薄い頭髪大きく裂けたような薄い唇。他にも団子っ鼻、たれ目などの特徴を持った、丸顔の中年男。どことなくいびつで不気味な印象を与えるこの人物が、女性の夢の中に幾度となく出没するというのだ。

それからしばらく後、同じ精神科を別の男性がカウンセリングに訪れた。聞けば、彼も夢の中で何度も同じ男と出会うのに悩まされているとのこと。精神科医が試しにモンタージュを作成したところ、何とその男の顔は、以前の女性の夢に現れたという男のそれに瓜二つであった。さらにこのことを同業者たちに話したところ、彼らの元にも似たようなことを訴える人々が訪ねており、彼らが「夢で会ったのはこの男」と作ったモンタージュの顔も、やはり同様の特徴を持っていたという。

不審に思った精神科医は、インターネット・サイトを通じて、「EVER DREAM THIS MAN?(この人を夢で見たことはありませんか?)」との文句とともにモンタージュを公開した。その結果、驚くべきことに、「彼に会ったことがある」とのメッセージが、実に2千件以上も返信されてきたのである。それもアメリカのみならず、イギリスや中国、さらには日本など、国や地域を問わず文字通り世界中の人々が彼と遭遇していたのだ。

さらに、この男が夢の中で具体的に何をするのかについても調査の対象となったが、その内容については千差万別であった。「追いかけられた」といった恐ろしいものや、「世間話をした」「食事をした」などの日常的なもの、中には「恋に落ちた」といった変わり種もあり、結局、男の正体や目的は「不明」というのが、現時点での結論である。

この謎の男の存在は世界中で話題になり、いつしか” ”This Man””と名付けられ、 都市伝説として広く知られるようになった。

正体に関する仮説と考察

「“This Man”は何者なのか」。この大きな謎はエピソードの奇怪さの為もあってか、多くの人々の興味を引きつけた。ネットを通じて世界中で議論され、結果、様々な仮説が生まれた。

ユング集団的無意識に関する学説を踏まえ、ストレス状態にある人々が夢の中でイメージする人間の姿が“This Man”の正体であるという「典型説(ARCHETYPE THEORY)」、世の東西を問わず夢を見た人々が彼の存在を感知し鮮烈に記憶しているのは、彼が創造主であるためとする「宗教説(RELIGIOUS THEORY)」、彼は世界の何処かに実在する人物で、人々の夢の中を自由に行き来することができる超能力者であるという「ドリーム・サーファー説(DREAM SURFER THEORY)」、等々…。

その中でも最も有名な説の一つによれば、彼の正体は「アメリカ軍が人々の夢を操作する研究を進める過程において、実験的に作り出した存在」である。
いわく、米軍内部には「超能力部隊」なる秘密の部署が存在し、特殊な電気信号を介して人間の脳を操り、記憶や意識・感情などをコントロールすることで、アメリカに都合の良い国際世論を作り出したり、逆に敵対勢力を戦意喪失・弱体化させたりするための研究を進めている。その一環として人々の夢の中に、研究の進捗レベルを確認するため、いわば「試験放送」のような形で出現させたのが“This Man”だというのだ。
しかしながら、これはあくまで荒唐無稽な都市伝説の一つであり、この説を立証する証拠なんてものは存在しない。

さらに最近では、「 “This Man”に関するエピソードそのものが作り話である」という説まで登場した。
実は、“This Man”の存在を世界に紹介した件のニューヨークの精神科医などは存在せず、実際にインターネット・サイトを作ったのはイタリアの社会学者・Andrea Natellaという人物である。広告やマーケティングに関する専門家である彼は、ネット上にばらまかれた情報がどのように世界中に広がり、また変化していくのかについて調べるべく、“This Man”という架空の怪人物を創り出し、人々の興味を引くであろう謎めいたエピソードとともにその存在をネットに流した。そして、それによって生じた“This Man”に関する世界中の様々な情報を再度、収集・検証することで、 情報の伝搬や移り変わりについて調査・研究しようと考えたのだ。
つまり、「 “This Man”を巡る一連の世界的な騒動――2千件を超えるウェブ・サイトへの返信メッセージやネット上で行われた議論、果ては“This Man”に関する様々な仮説や、それに影響されて繰り広げられた人々やマスメディアの行動――そのものが、彼の社会学実験の研究対象であり、成果だった」というのが、この説の結論である。
そしてその中には、上記のエピソードにインスピレーションを得たイラストレーターたちがPixiv内外に投稿した“This Man”のイラストや、それらのイラストおよびネット・マスメディアの情報を基にして作成・編集されたこの記事の存在、そしてここまでそれを読み進めてきたであろう、あなた自身も含まれていることは言うまでもない。

果たしてどの説が正しいのか。“This Man”は本当に存在するのか、その目的は何なのか。真実は「藪の中」、もとい「夢の中」である。

関連タグ

 都市伝説 怪人 海外

世にも奇妙な物語2017春:題材にしたドラマが放送された(本人の声は玄田哲章が担当)
ドレミー・スイート東方Projectに登場する夢の妖怪・。人々や妖怪に手製の安眠枕を販売し、“This Man”によく似たエピソードの事件を引き起こした。
魔法少女サイト:不幸な少女に魔法のステッキを送る謎のwebサイト「魔法少女サイト」の運営者であるサイト管理人モチーフになったとされる

外部リンク

EVER DREAM THIS MAN?:上記のインターネット・サイト。海外サイトのため英語表記である。
This Manとは- ニコニコ大百科

pixivに投稿された作品 pixivで「This_Man」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 41109

コメント