ピクシブ百科事典

ショートソード

しょーとそーど

剣の種類の一つ。ゲームでは初期装備品として扱われやすい。
目次[非表示]

概要

主に中世のヨーロッパで使われた武器。日本語に訳すると「短(い)」だが、ナイフのように短くはなく、ロングソードと比べて「相対的に短い」物でしかない。
どちらかといえば、ショートソードが「普通の剣」で、ロングソードが「普通より長い剣」とするのが妥当である。
主に上から使うため、ほかの騎兵歩兵に届くような長さを持つロングソードとは違い、こちらは主に歩兵が用いる。また、どちらも基本は片手持ちであり、もう片方の手にを持つ事が多い。
どちらも中世の終わりには廃れていき、戦場ではブロードソードサーベル、日常ではレイピアに取って代わられていった。その廃れているショートソードは装飾品になったりしている。

創作内では

という事で、本来は威力にさほどの遜色もない筈のショートソードだが、創作内では「ロングソードより弱い武器」扱いされる事が多い。そこまで扱いが悪くなくても、「威力は低いが非力な者でも扱い易い」位の存在である。

これはショートソードの名を広めた『ダンジョンズ&ドラゴンズ』においてロングソードが身長制限(=種族制限)以外に欠点が無かった(相対的にショートソードに利点が無かった)のが主な理由だろう。
※「フットマンズ(歩兵用)」と「ホースマンズ(騎兵用)」と言う分類なら存在していたが、ショートとロングと言う分類はD&D以降である。

また、日本国内ではショートソードを直訳した短剣ダガー)として解釈したからとも言われている。

関連タグ

武器  ノーマルソード ロングソード
パステル・G・キングフォーチュン・クエスト)…ショートソード(短い剣のタイプ)を使用。

pixivに投稿された作品 pixivで「ショートソード」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6732

コメント