ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ダイナソア

だいなそあ

ファルコム制作の3DダンジョンRPG。1990年に発売。2002年にWindows対応の『ダイナソア ~リザレクション~』としてリメイクされた。
目次 [非表示]

徹底してシリアスダークなシナリオ、戦闘時の主人公たちと敵モンスターの表示が

タロットカード風であったりと、一般的なRPGからは大きく外れた作風が特徴的なゲーム。

とりわけシナリオの、陰鬱かつ幻想的な世界観は発売当時から際立っていた。

……が、それが仇となり、マニアックな作品という評価を受けることとなる。


この作品には「表」と「裏」のシナリオがあり(リメイク版ではさらにもう一つ追加された)、ともに

ストーリーの進行そのものは変わらないのだが、それぞれのパーティーメンバーが異なることによって

場面ごとの展開がガラリと変わる。とりわけ「裏」シナリオのアクの強さは折り紙つきである。

プロローグ

屍は土に還る―――。戦場の土に灰を撒く者よ。

邪悪な想念の蠢く世界、城は魔霊たちの巣窟と化すのだ。

泣き叫ぶ霊、浮ばれぬ魂たち・・・・・・。

亡者たちは集い、汚れた魂は安らぎを求めて彷徨う。

偉大なる王・ヤールは憎悪と契約を結び、黄泉と現世の狭間で、冥府の審判を仰ぐだろう。


混乱と破滅だけが与えられ、訪れし者たちは皆、狂い死ぬ。

回廊からは幾度も剣を抜く、擦れた音が聞こえるだろう。

同じ魂をもった者たちが引き寄せられては門をくぐる。

それは、たとえ祭殿に火が燈ろうと、いつ果てることもない。


バラの精霊はささやく。悲劇の継承者を求めて。

あまりに過酷な試練は、血に飢えた聖剣テスタロッサをもってしても拭われる確証はない。


汝の中に闘将あらば、四つの魂とともに赴け。

そこには崇高な儀礼も最早なく、孤独な心を癒す隣人だけが汝の力となるだろう。

主な登場人物

アッシュ ヒース


(表シナリオのみ)

オルリック エリス ワッツ


(裏シナリオのみ)

ランディ ヒルダ ルオン


(NPC)

ウォーレン キリー ティナ

ヤール フォルナ

タルシス セラク トリニトラ アリエル

ダリウス 軍神(DINOSAUR)

関連タグ

falcom RPG レトロゲーム

関連記事

親記事

falcom ふぁるこむ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 38374

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました