ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「これをもちまして、全ての放送を終了します…アーンテナッ!」
CV:日下秀昭

データ

分類:害気目蛮機獣
作製者:害気大臣キタネイダス
作製モデル:アンテナ
身長:211cm(産業革命時:52.7m)
体重:237kg(産業革命時:592.5t)

概要

キタネイダスが「アンテナ」をモデルとして製作した害気目蛮機獣
頭部が巨大なパラボラアンテナ、両膝が小型のパラボラアンテナとなっており、身体の各部にはTVの受信アンテナを配し、更に両腕も電波塔と言う姿を持つ。口癖は「パラパラ、ボラボラ」、或いは「アーンテナッ!」。加えて今時の子供にはまず分からないジェネレーションギャップ物のフレーズを連発する(※先程の「アーンテナッ!」は堺すすむ氏の「なんでか?フラメンコ」の一説「な~んでか?」、他にマスプロアンテナのCMの一説「見せすぎちゃって、困るの~」「かしこまりすぎちゃって、困るの~」と言った具合)。

その能力は自らのアンテナから発する妨害電波で公共の電波をジャックし、自ら捏造した虚偽のTV番組を放送すると言う物。これだけでも十分悪質極まりない迷惑行為だが、更に恐ろしい事に彼が放送する番組は催眠電波として一般家庭のTVに配信される為、、番組を視聴した者はどんなに荒唐無稽な内容でもあっさり信じ込んでしまう。
劇中ではこうした電波ジャックによる虚偽のTV放送で走輔をトップレーサークイズ王早輝アイドル範人大富豪の相続人、そして軍平をよりにもよって銀行強盗犯に仕立て上げた。
催眠電波自体も強力で、その影響は炎神にも及ぶ

尚、ドキュメンタリーは専門外の為に裏目に出る恐れがあり、現実は中継させないようにしなければならない。

戦闘における技は 右手の電波塔から高圧電流を発し、それをそのまま地面に火花を走らせて炸裂させる「ハイライトショック」。そして右手の電波塔から高圧電流を発して頭上に掲げ、相手の頭上から無数の光弾を降らせる「サテライトシャワー」。

活躍

電波ジャックと共にゴーオンジャーに関する虚偽の番組を放送。軍平以外の4人を洗脳して戦線離脱させるが、4人を幸せにしただけではつまらないとして、警察官の軍平をよりにもよって銀行強盗の指名手配犯に仕立て上げてしまう。
犯罪者として警官達に追われる身となってしまった軍平を他所に「工場煤煙十倍法案の可決」、更に「家庭のゴミはどこに捨てても良い法律」「大気中の二酸化炭素を20倍にする法律」等、人間の環境破壊を助長させてガイアークに都合の良い様に世界を作り変える法律を次々と可決して行くアンテナバンキ。

だが、警官から逃げる途中に近くのゴミ山に隠れた際、近くを通った親子の話から軍平に一連のカラクリを見破られてしまう。仲間達の目を覚まさせようとする軍平に発見され、そのまま交戦となるもアンテナバンキは持ち前の戦闘力でブラックを圧倒。
ブラックの危機を知ったボンパーの声も洗脳された4人には届かず、ヘルガイユ宮殿では祝杯を挙げる。

やがて、駆け付けた警官隊がブラックを逮捕する光景を生中継しようとするアンテナバンキだったが、それが失敗であった。ブラックの姿を映した中継がTV越しの4人の目に留まると同時に、警官隊を蹴散らしながらアンテナバンキに立ち向かうブラックの必死の呼び掛けが走輔達の洗脳を解除したのだ。

「俺が倒れても、走輔の熱いハートがお前達を許さない!」
「早輝の笑顔は、どんな時にも絶対に挫けない!」
「連の知恵が、お前達の悪だくみを暴きだす!」
「範人の自由な心を、お前達は絶対に縛れない!」
「あいつらは、必ず目を覚まし、お前達を倒す!」

仲間として4人の事を見続けて来たブラックの魂の叫びにより、アンテナバンキの呪縛から解き放たれた4人はその場に集結。5人揃ったゴーオンジャーの連続攻撃に圧倒されたアンテナバンキは、そのままスーパーハイウェイバスターを受け敗北する。

直後にビックリウムエナジーによって産業革命を起こして巨大化すると、巨大戦ではエンジンオーガンバルオーの2体と交戦。そのままエンジンオーG6で止めを刺そうとするゴーオンジャーだったが、怒れるブラックの気持ちを汲んで止めはガンバルオーに任せる事となり、追い詰められたアンテナバンキはそのままガンパードガンファイヤーを喰らい上記の台詞と共に爆散する。

アンテナバンキの敗北と共に、人々の洗脳も解除されるのだった。

余談

モチーフである「アンテナ」は、情報を電波として送受信出来る道具である。

声を演じた日下氏はキタネイダスのスーツアクターも兼任しており、アンテナバンキの登場したGP-11ではニュースキャスター役として顔出し出演している。

関連タグ

炎神戦隊ゴーオンジャー 蛮機族ガイアーク 蛮機獣
アンテナ

ムカデンパンジー:『爆竜戦隊アバレンジャー』に登場する、同じく電波繋がりの戦隊怪人
テラノTVギン:『地球戦隊ファイブマン』の怪人で、同じく偽の番組で人々を洗脳しようとした繋がり。

ビーコン:『帰ってきたウルトラマン』に登場したTVチャンネル繋がりのウルトラ怪獣

関連記事

親記事

蛮機獣 ばんきじゅう

兄弟記事

コメント