ピクシブ百科事典

リベラ(牙狼)

りべら

リベラとは、深夜特撮「牙狼<GARO>~闇を照らす者~」の登場人物。

概要

演:井村空美

ボルシティのテレビ局に所属する女性ニュースキャスター。

市民の間で非常に人気が高く、表向きは「正義は守るもの」と嘯くが、実際は「正義は作るもの」を信条とし、マスメディアの力を悪用して自身や金城グループの敵対者を陥れる卑劣漢ならぬ卑劣嬢。
更には自分を“正義の女神”と慕っている市民を内心では「愚民」と見下している。
普段は冷静に振る舞うクールビューティーであるが、自分の筋書き通りに事が運ばなかったり、コケにされたりした時などには舌打ちしながら激情を露にして口調が荒くなる。

その正体は金城滔星に従う魔導ホラーの1体で、仕事仲間であった風見泰人の恋人を食い殺しただけでなく、第9話で風見が写真に収めた道外流牙と陰我ホラーの戦いを意図的に編集し流牙を指名手配の犯罪者に仕立て上げて追い詰めた。
同話で捏造を抗議してきた風見をも食い殺したことも加え、第12話で「正義とは守るものじゃない、作るものよ」と流牙と莉杏を殺そうとするも、流牙を発砲したところをレポーターに扮した莉杏に生中継され、今度は自分が逆に犯罪者に仕立て上げられてしまった。
その際には自分を棚にあげて莉杏を非難するも、彼女からは前述の台詞をそっくりそのまま言い返されてしまう。
そして、追い打ちをかけるかのごとく流牙の魔戒剣で舌を斬られたことでその場から逃走。なお、失った舌は逃走後に元通りに再生していた。

斬り落とされた舌の一部はのちに魔導ホラーを探知する鈴へと変化するが、皮肉にもそれが第22話で流牙達のアジトを探知される事になる。
その後、しばらく隠居しながら暗躍しており、第17話では魔導ホラーと化した燕邦と共に金城一家を全員食い殺し、上記の生中継はトリックであるとニュースで報道して表舞台に復帰した。

第21話ではSG-1の部隊を率いて蛇崩猛竜楠神哀空吏を追い詰めたが、乱入してきた燕邦に化けた莉杏によってまたしても嵌められ、“燕邦殺害”(この時、既に本物の燕邦は流牙に討たれて死亡していた)という決定的な証拠と共に魔導ホラーとしての正体もSG-1隊員達に露見させられてしまい、完全にボルシティを脅威に陥れる敵として認識され、再び逃亡する羽目になった。

その後、第22話で燕邦の仇討ちに燃えるSG-1から執拗な追撃を受け進退窮まった事から、半ば自暴自棄となり、前述した第12話で切り落とされた自らの舌を頼りに魔戒騎士達のアジトへと直接殴りこみ、流牙ら三人に最後の戦いを挑むも、乱戦の末に最期は流牙の魔戒剣で貫かれて敗北した。

尚、幹部クラスの魔導ホラーの中で唯一リベラだけは人間であった頃の姿や魔導ホラーになった経緯が語られる事がなかったが、同じ幹部クラスの尊士や燕邦が魔導ホラーになる前は何れも正義感が強く、人望ある人物であった事から、劇中では終始、陰湿かつ卑劣な振る舞いを見せた彼女もまた、元は善良な人間であったものと思われる。

関連タグ

闇を照らす者 牙狼 マスゴミ 悪女

メンドーサ…情報操作と世論誘導で魔戒騎士達を追い詰めた悪役繋がり。こちらは『守りし者』の掟を逆手に取って多くの魔戒騎士や魔戒法師を死に追いやる等、リベラ以上にタチが悪い。

蛭川光彦・・・リベラと同じく、マスメディアでヒーローを追い詰める特撮悪役。また、リベラのボスと同様に、“特別な力は持たない唯の人間”という自分の立場を逆に武器にしている。
左京鈴・・・中の人が同じ特撮キャラ繋がり。「架空の町の住人」という共通点を持つが、リベラとは逆に善人である。ちなみに彼女が登場した作品では燕邦の中の人も出演していた。

関連記事

親記事

闇を照らす者 やみをてらすもの

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「リベラ(牙狼)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 421

コメント