ピクシブ百科事典

金城滔星

かねしろとうせい

金城滔星とは、深夜特撮『牙狼<GARO> 闇を照らす者』の登場人物。
目次[非表示]

演:津田寛治

概要

金城グループの総帥・金城憲水の息子。四男だが滔星のみ母親が違う。
現在は金城家から追放されており、ボルシティでステーキハウスを経営している。
その出自から金城家に恨みを持っていると見られ、ボルシティの治安維持部隊であるSG1から反社会活動に関わっているのではないかという疑いをかけられていた。
そんな世間の評価とは裏腹に、彼自身は道外流牙燕邦と分け隔てなく接する気さくな性格で、少し気が小さいが非常に面倒見のいい好人物である。
経営するステーキハウスにホラーが現れ、流牙との戦いを目撃したことでホラーの存在を知り、しばしば彼の手助けをするようになる。





(※これより下は、ネタバレが含まれているので注意)














正体

その正体は『闇を照らす者』における全ての元凶であり、尊士リベラといったボルシティに潜伏する魔導ホラー達の真の首領として街を裏から操っていた張本人。

幼少期に金城の屋敷に隠されていた一族の魔導具(母・華漣魔戒法師の掟を破って追放された一族の家系)によって、流牙達と出会う以前から法術やホラーに関する知識を得ていたが、彼自身は特に戦う術を持っていないため、自分自身は直接戦わずに、専ら部下の魔導ホラーを使って暗躍していた。
また、華漣は憲水の愛人であったが、金城家の正妻と違って強引に宿らされて滔星を産んだようである。
その出自故に親子共々金城家で冷遇され、華漣はハーレムを囲って自堕落な生活を送り、滔星もそんな母親を軽蔑していた。
ちなみに華漣は、青年だった滔星が試しに使った魔導具が原因でホラーとなって姿を消してしまった。

流牙達に見せていた性格も全て魔導ホラーとの繋がりを悟られないための演技に過ぎず、本性は非常に狡猾かつ独善的。
協力者を装って流牙に近づいたのも、全ては彼にプラントを刺して最強の魔導ホラーに仕立て上げた上で、自分の手下にするためであった。

「ボルシティを完全に自分の支配下に置く」という野望のために卑劣な手口で他者を平然と騙しては利用し、自分の仕掛けた策略に嵌った者達が自分の手の内で踊らされ苦しむ光景を見て嘲笑い魔戒騎士が人間を斬れないのをいい事に流牙達を散々挑発する両親や兄弟や(幼い子供を含む)親族すらも道具同然に見做すばかりでなく用済みとなったら容赦なく切り捨て配下の魔導ホラー達の餌にする莉杏に絶望を与える為に彼女の友人だった燕邦を彼女の目の前で抱く、自らの行いが原因で古のホラー ゼドムが復活する事になったにも関わらず「自分は唯の人間だから」と宣ってその責務を完全に放棄するなど、これ以上ないほどに性根の腐り果てた外道の中の外道
一方、自分が窮地に陥ると命乞いをするなど、小心な一面は元来のものであるらしく、自分の思い通りに事が運ばなかったりすると激昂して冷静さを失うなど、度量が狭く短慮な一面もあり、本質的には小物と言える。

また、本編の15年前には、符礼や流牙の母・波奏、当時魔戒騎士であった尊士達が行っていたゼドムの儀式に乱入して尊士を魔導ホラーにした上、波奏を拉致して魔導ホラーを生み出すためのプラントを生み出すために飼い殺しにしていた。


第17話で憲水が自身の正体を流牙達に明かした事を尊士から知らされ、本格的に行動を開始する。
手始めに憲水を尊士に、憲水以外の金城一族の人間全てをリベラと新たに配下に加えた燕邦にそれぞれ捕食させて、皆殺しにし、その罪を流牙達になすり付けて彼らを凶悪犯に仕立て上げた
そして、その混乱に乗じて自らが金城グループの新代表に就任し、名実共に街の支配者となる。

第18話では乗り込んできた流牙一行に尊士・リベラ・燕邦をけしかけて返り討ちにし、最後のプラントを流牙に刺し込もうとするが、蛇崩猛竜の捨て身の妨害によって失敗。波奏も符礼によって奪還されてしまう。
しかし、戦いの余波で流牙は失明した上に魔戒剣を奪われ、猛竜も片腕を失うという大きな損害を与えた上に、莉杏を捕らえた事で今度は彼女をプラントの母体にしようと目論む。

だが魔戒剣を自力で奪還し、波奏の力で視力を取り戻した流牙達の反撃によって、燕邦、リベラ、ついには尊士までも相次いで失い、さらに自らの行動がきっかけで封印が解かれつつあったゼドムが復活。
ボルシティ全体がその余波で解き放たれた無数の陰我ホラーの脅威に晒されると、護衛につけていたSG1隊員達を捨て駒にして逃げようと目論んだが、そのどこまでも腐りきった陰我がホラーを呼び寄せる結果となり、結局は自分一人が無数のホラー達に憑依されてしまった
陰我ホラー曰く「こんなに陰我にまみれた人間は見たことがない」

最期

流牙達とゼドムの戦いが終わった後、ボルシティの市民は全員ホラーに関する記憶を全て消され、同時に金城グループという存在も完全に抹消される事となった。
魔導ホラーの後ろ盾も、地位も名誉も失い、何より母親と同様にホラーとなってしまった事で魔戒騎士が斬ってもよい存在へと成り下がってしまい、滔星は命惜しさから真っ先に逃亡(その際、金城グループが所有していた資産の一部を持ち逃げした事が後の命乞いのセリフで伺う事ができる)。
ホラーに憑依された事を隠し、自分も記憶を失った人間の一人である風に装いながら、再びかつて経営していたステーキハウスに何食わぬ顔をして戻っていた。

だが、やってきた流牙と莉杏に呆気無くホラーに憑依された事を見抜かれてしまい、それでも往生際悪く命乞いをするが、最期は莉杏から「こんな雑魚ホラー、黄金騎士の相手じゃない」と一蹴されながら、魔戒銃で呆気無く射殺されるという、これまでの悪虐とその醜悪で矮小な人間性にふさわしい最期を遂げた。

余談

金城滔星を演じた津田寛治氏は『牙狼〈GARO〉 RED REQUIEM』で魔戒騎士・ケンギの役も演じているが、滔星とは真逆な人物であった。
牙狼シリーズの黒幕は、生い立ちが悲惨だったりと、同情する点があるのが多いが、2017年現在の所彼だけは、同情する所が全くない外道である。

関連タグ

闇を照らす者 牙狼
吐き気を催す邪悪 外道 小悪党

ジンガ・・・続編における黒幕。

大久保大介・・・中の人が同じ特撮キャラ繋がり。

蛭川光彦下霜草司・・・同じく特撮作品において自分が唯の人間である事を悪用する形でヒーローを苦しめた一般人。ちなみに下霜の演者は牙狼シリーズの後の作品において宿敵の一人を演じている。

メンドーサ・・・こちらもホラーを使い、国を支配していた敵繋がり。
布道シグマ尋海アリス・・・こちらもホラーの影で暗躍していた人間の黒幕達。前者は滔星と同じく最期は己の邪心がキッカケで敗北している。両者共、滔星よりは幾分か同情できる点がある。

関連記事

親記事

闇を照らす者 やみをてらすもの

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「金城滔星」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 707

コメント