ピクシブ百科事典

メンドーサ(牙狼)

めんどーさ

メンドーサとは、アニメ『牙狼<GARO>-炎の刻印-』の登場人物。
目次[非表示]

「どこまでも哀れだな。魔戒騎士というのは。人を守り者…その1つの事に囚われ、進むべき道を見誤る」
CV:土師孝也

概要

物語の黒幕であり、魔戒騎士魔戒法師たちを憎悪し根絶やしにせんと目論む。
自分の都合のいいように悪政を敷く一方でホラーを操る。

元は元老院付きの魔戒法師であったが、思想の問題で番犬所からは「守りし者の使命を踏みにじった」と糾弾され、師匠だった老師の手によって「堕落者の烙印」を刻まれ破門。ちなみに「堕落者の烙印」は未来永劫子孫に受け継がれるとの事。
当時の番犬所は闇斬師のような処刑人がいなかったためにメンドーサを死刑にはできずに敢えて生き地獄を味あわせる形で前述の刑罰を行なったのだが、その制裁が皮肉にも多くの魔戒騎士達や守るべき人間が苦しめられる遠因となってしまった。

放浪の末にヴァリアンテ国に仕えて家臣となり、魔戒法師の知識を活かして功績を上げるようになる。
その過程でゴスティリア公の娘と結婚した事で番犬所に対する怒りが薄れかけていたが、のちに妻との間に生まれた子供に「堕落者の烙印」が受け継がれた事で憎悪が再燃。
絶望のあまり密かに妻子を殺害した後、自分だけでなく(間接的に)妻子にも冷酷な仕打ちを行なった魔戒騎士達への復讐を決意。やがてヴァリアンテ国を乗っ取って現在に至る。

終盤になって巨大サイズの伝説のホラー「アニマ」を復活させ、メンドーサ自身はアニマを吸収して不死身の人外となった。

アニマメンドーサさま生誕祭2017



しかしレオン・ルイスの「炎の記憶」から顕現したアンナ・ルイス(レオンの母親)の魂によって永遠にその身を焼かれ続けながら魔界に封印された。

余談

彼を演じた土師孝也氏は次作『紅蓮ノ月』で道魔法師(先代の蘆屋道満)を演じている(ただしこちらは出てきてすぐ弟子の道満に殺され、悪のボスの座は奪われてしまうが)。ちなみに、道満を演じていたのは関智一氏であり、二人にはあるキャラを別メディアで演じていた繋がりがある。
また、第3作の『VANISHINGLINE』では関智一氏が演じるソードをバックアップする魔戒法師フェイロン役と善玉に回っている。

闇に堕ちた魔戒騎士や魔戒法師は、基本的に番犬所の裁きを受けるか闇斬師に始末されるかのどちらかであり、『魔戒ノ花』で登場した毒島エイジの場合は改心して投獄の道を選んでいた。
ただし、人間である事を捨てた者(暗黒騎士もしくはホラー化)は、魔戒騎士からは討伐対象と見なされて斬られる運命にある。

関連タグ

牙狼GARO 炎の刻印 オクタビア ベルナルド・ディオン ラスボス

ダリオ・モントーヤ・・・続編でのラスボス。
金城滔星・・・ホラーを使って国を裏で支配した黒幕繋がり。ただし、こちらはかなりのヘタレ小悪党
布道シグマ・・・性格と思考に問題とされて、人間を利用した魔導具を作った黒幕繋がり。

ドクターバイル…裁きの場で死刑にされなかった事が原因でのちの世に災いをもたらしたラスボス繋がり。

メンドーサと似たような末路を辿った他作品キャラ

カーズ フェニックス ディアボロ 戸愚呂兄 ロン ポーキー・ミンチ

関連記事

親記事

炎の刻印 ほのおのこくいん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「メンドーサ(牙狼)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 232

コメント