ピクシブ百科事典

マジェント・マジェント

まじぇんとまじぇんと

ジョジョの奇妙な冒険の第7部「スティール・ボール・ラン」に登場する架空のキャラクターである。
目次[非表示]

「失うものがねえ人間が一番恐ろしいって事を思い知るがいいぜ!」

概要

ウェカピポとタッグを組んでいるスタンド使いで、冗談を言ったりしているが相手にされていない。マジェント自身は冷徹なウェカピポを憎らしく思いつつも好意を抱いていたが、当のウェカピポからは「下っ端のカス」という評価を下されていた。
マキナック海峡への移動の際に馬に直接乗らずにそりを引いてもらっていたり、度々咳き込んでいる事から体が弱い可能性がある。

劇中での活躍

ジャイロ・ツェペリジョニィ・ジョースターと戦った際にはウェカピポと共に追い詰めたのだが、自身の能力を利用されて片目を失い、傷跡が残るほどの重症を負ってしまう。
そのまま死亡したのかと思われたがたまたま通りかかったDio(ディエゴ)に助けられる。ウェカピポが裏切る一部始終を目撃したためウェカピポへの復讐の為に行動することとなる。

後にフィラデルフィアでスティーブン・スティールを銃撃、瀕死の重傷を負わせる。そしてウェカピポと再会、死闘を繰り広げることに。自身の身体にダイナマイトを巻き付けて点火し、馬車諸共爆破しようとする。当然マジェントはスタンド能力によって無敵状態なのでダメージは受けない。こうして罠にハメられたウェカピポだが、鉄球を用いてスティールを守り、自身はデラウェア河に投げ出され負傷してしまう。マジェントはその間隙を突いて銃撃するも片目が不自由だったことから仕留め損なう。これによりウェカピポの反撃を許してしまい、馬車の車軸に用いていたワイヤーを全身に巻き付けられて川底に沈められてしまった。マジェントは咄嗟にスタンド能力を用いて溺死から逃れるが、浮かぶためにはスタンドを解除すしてワイヤーを外す必要がある。が、解除すれば溺死してしまう。マジェントは「Dioがまた助けに来てくれるはず」と都合よく考え、スタンドを解除せずに川底にいる事を選択する。やがて第2部のカーズのように考える事を止めた。ちなみに「Dioを慕っている」「顔の傷の怨みが敗因になった」という部分はこちらの人物とよく似ている。

名前の由来はSOUL'd OUT の楽曲「Magenta Magenta」。
ちなみにこの楽曲、ジョジョの大ファンであるSOUL'd OUTが第2部に登場した『エイジャの赤石』をモチーフにし作成した歌である。

スタンド

20th Century BOY(トウェンティース・センチュリー・ボーイ)
身に纏うタイプのスタンドで、バッタ状の姿をしている。このスタンドを発動している間は、自身が受けるダメージを全て周りに散らしてしまうという絶対的な防御能力を得る。ただし発動中は一際身動きが取れないため一長一短の能力といえる。
作中ではダイナマイトを体に巻きつけ、着火した後に能力を発動しスティールの乗った馬車を木っ端微塵にしていたりした。(当然マジェントは無傷)

関連タグ

ウェカピポ ディエゴ・ブランドー ファニー・ヴァレンタイン大統領

ジョニィ・ジョースター ジャイロ・ツェペリ

関連記事

親記事

SBR すてぃーるぼーるらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「マジェント・マジェント」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 353890

コメント