ピクシブ百科事典

ポーク・パイ・ハット小僧

ぽーくぱいはっとこぞう

「ポーク・パイ・ハット小僧」とは、『スティール・ボール・ラン』に登場するキャラクター。
目次[非表示]

概要

ジョニィ・ジョースタージャイロ・ツェペリから「聖人の遺体」を奪う為、ファニー・ヴァレンタイン大統領が差し向けた刺客の1人。
名前に小僧と付いている通り、最低限の学しかないクソガキで、「ウィーン、ガシャガシャ」と、マシンの駆動音を思わせる擬態語を口癖とする。
又、常に空腹なのか悪食な面も強く、攻撃によって折れた自身のを見て「歯って食えるのか?」と言っていた程。
但し、戦闘に関してはある種の才を持っており、普段の愚鈍さが鳴りを潜める。

スタンドワイアード

【破壊力 - D / スピード - B / 射程距離 - B / 持続力 - B / 精密動作性 - D / 成長性 - D】

大きな鉤針が先端に付いた2本のワイヤーの形状をした、人工物型or道具型スタンドで、普段は本体の体内に収納されている
詳細は当該記事を参照。

余談

名前の由来は、ジェフ・ベックのアルバム「ワイアード」に収録されている曲「Goodbye Pork Pie Hat」から。
なお「ポーク・パイ・ハット」とは名前の通りハットの一種であり、頭に巻き付けた竹飾りのようなものとは全く関係ない。ホットパンツを履いていないホット・パンツといい……。

関連タグ

ジョジョの奇妙な冒険

ボインゴ大柳賢:子供のスタンド使いの先達。

関連記事

親記事

ファニー・ヴァレンタイン大統領 ふぁにーゔぁれんたいんだいとうりょう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ポーク・パイ・ハット小僧」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 40460

コメント