ピクシブ百科事典

レオン・ルイス

れおんるいす

レオン・ルイスとは、アニメ『牙狼<GARO>-炎の刻印-』の主人公。
目次[非表示]

「俺は二度と俺の中の炎を見ることは、ない!」
CV:浪川大輔

来歴

本編の主人公で、黄金騎士・ガロの称号を継いで魔戒騎士になった17歳の少年。

魔戒法師であった母親のアンナが魔女狩りによって火刑に処された時、炎の中で産み落とされ
絶影騎士・ゾロこと父親のヘルマンに託され生き延びた。
母の火刑という忌まわしい記憶による悪夢に苛まれている時には左半身に刻印が浮かび上がる。
ヴァリアンテの王子であるアルフォンソの母・エスメラルダはレオンの母・アンナの妹であるため、アルフォンソはレオンの従兄にあたる。

無愛想だが正義感が強く心優しい一面をもつ。女たらしの父親のヘルマンに変わり財布を握っている。
母の温もりを知らずに育った事から復讐心を捨てきれず、時に我を忘れて暴走する危険を常に孕んでいる。

メンドーサの策に嵌り心滅獣身状態となり暴走してしまい城下町を焼き尽くしたことでガロの資格を失ってしまう。
しかし、幾多の悲劇を乗り越えて再びガロの鎧を取り戻し、守りし者として心身共に成長していった。
戦いが終結した後は城下町に残り、両親から託された「守りし者」の志を、次代の騎士へと繋いでいくことを誓っている。

テレビシリーズの1年後に生まれた、弟ロベルト・ルイスにとって、レオンは歳の離れた兄でもあり、厳格な師匠でもあった(歳が離れすぎているためか、終始「レオン」と呼び捨てで呼ばれている)。
レオンは自分と同じ過ちを繰り返さないよう、心身共に強い騎士とすべく、鍛錬を積ませているのだが、アルフォンソからは「そもそも戦う理由のないロベルトは、無理に騎士になる必要もないのではないか」とも指摘されている。

概要

魔女狩りによって母を焼かれた上安住の地を追われ、その後戦いの中で鎧を奪われ、復讐の相手と生きていく意味すらも失い、ようやく手にした新しい家族と平穏な日々すらも奪われ、最後には父親までも殺されてしまうという、
おおよそ考えうる全てのものを奪われ続けてきた、牙狼シリーズ屈指の不幸主人公である。
従来のシリーズにおいては、黄金騎士の名はまさに絶対者の称号であり、それを剥奪されるという展開は、まさに前代未聞であった。
続く劇場版「DIVINE FLAME」では、敵の亜空間追放攻撃に巻き込まれ、右腕だけを飛ばされてしまい、あわや腕まで奪われるところだったが、こちらは時の狭間に飛んだ際に回復した。

しかし最終的には、数多の試練の末に「守りし者」としての使命を悟り、黄金騎士の名を受け継ぐに相応しい人物へと成長を遂げている。
シリーズ中でも異色作に当たる本作だが、両親から騎士としての使命を受け継ぎ、また次代へと繋いでいくことを誓った彼は、シリーズに共通して流れる「古から受け継がれる使命」というテーマを、最も体現した黄金騎士であるとも言えるだろう。

また、劇中にはベッドシーンめいたものがあり、シリーズで唯一「大人の階段を登った」ことが明示されている黄金騎士でもある
しかしそれでも童貞臭さは抜けきらなかったらしく、後日アルフォンソに「エマ殿はどうだった?」と聞かれた時には、無駄に意識して「はぁ!? 何が!?」と叫んでしまった(あくまでもアルフォンソが聞きたかったのは、エマ・グスマンの精神状態のことである)。
この一件に関しては、元・レオンの大切な人であるララを演じた逢葉まどか氏が、色々と意味深なツイートを繰り返している。

関連タグ

牙狼 炎の刻印

pixivに投稿された作品 pixivで「レオン・ルイス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 57809

コメント