ピクシブ百科事典

クリストフェル=ハーデン(ナイト)

がるえでんしゃせきゅりてぃたんとう

クリストフェル=ハーデンとはアニメ牙狼三作目にあたる[[VANISHINGLINE]]の登場人物である。通称はナイト。
目次[非表示]

概要

クリストフェル=ハーデンとはVANISHINGLINEの登場人物である。通称ナイト。CV浪川大輔の暗黒騎士でルカサー=ハーデンの父。当該作品における主人公・ソード(牙狼)の最強最大のライバル…だが一度も勝てた試しはない。

プロフィール

出演作品VANISHINGLI
性別男性
誕生日8月25日
出身地不明
身長190cm
体重不明
特技戦い
好きなもの強い者との戦い
嫌いなもの自分の邪魔をされる事


人物

基本的にはクズである。元は魔戒騎士の『震鳴騎士ボルグ』であったが、強い者との戦いを渇望し、妻のアデレード=ハーデンを手に掛け息子を捨てて出奔、その後暗黒騎士となった。アニメシリーズには暗黒騎士が多く登場するが友を庇い闇堕ち、愛する人を守りたい一心から闇堕ちと言った歴代暗黒騎士と比べてみてもそのクズっぷりが伺える。

自身の邪魔をするものが嫌いらしく、コミュ障の疑いがある。

経歴

息子であるルカサー=ハーデンの回想には出ていたが、初登場は7話。ラッセルシティに現れるや否やキングの配下の三剣、ナイトとして街の人々を手当たり次第に切り殺し、ソフィの居る孤児院を襲撃。シスターをソフィの目の前で切り捨て息子をボコボコにし、街を破壊し尽くした後にソード(牙狼)に負け撤退。8話におけるソード(牙狼)VSナイト戦は特撮版のスーツアクターに実際に戦闘アクションをやってもらい、それをアニメーションにする試みがされている。

撤退後怪我を直し、旅に出たソードとソフィの元へ再度立ちはだかるがザルバイクの捨て身の特攻で手傷を負わされた挙句、ソードに二度目の敗北を喫してしまう。

エルドラドへやって来た息子とも再戦し、手傷を負わされるものの勝利。しかし息子を殺す事はなくソードの元へ向かった。最期はソードに敗北し死亡、その鎧も消滅し途絶えた。


その他


とある回で他の三剣がスーツを着ている中、一人だけ何故か魔法衣のままという視聴者から総ツッコミの入る回があった。

幾ら魔法衣が周りの一般人からは違和感がないように見えるという牙狼の設定があっても絵面に違和感があり過ぎた。肩書きが「ガルエデン社セキュリティ担当」だったが、何とも怪し過ぎるセキュリティ担当である。それを期に「ガルエデン社セキュリティ担当内藤さん」という愛称まで出来る事となった。

武器は剣ではなく薙刀に近い形状をしている。作中で息子のルークは一貫して彼を「暗黒騎士」と呼ぶが、薄墨桜特典CD三話「心闇」においては「父さん」と呼ばれていた。

アデレードを殺害し暗黒騎士となった時点で年齢が停止している為、肉体年齢は31歳の模様。また、他の暗黒騎士についても暗黒騎士となった時点で年齢が停止するようなニュアンスの話が製作サイドから出ていた。

実は彼も魔導輪を持つ。腕に魔導輪を嵌めたシーンの描写があり、ソードと同様の魔導二輪(彼の場合は前輪が一つに後輪が三つのバイトラのような形の為魔導四輪かもしれない)も使用。

暗黒騎士という事で、その力は相当な物だと推察されるが如何せんライバルであるソードが強過ぎた為、少し不遇な面がある。しかし、その散りざまは実に見事だった。

関連イラスト



別名・表記ゆれ

ナイト

関連タグ

VANISHINGLINEソード(牙狼)ルカサー=ハーデン

この記事のカテゴリ

キャラクター アニメ

関連記事

親記事

VANISHINGLINE ゔぁにしんぐらいん

兄弟記事

コメント