ピクシブ百科事典

ソード(牙狼)

すてごろのおうごんきし

アニメ版『牙狼』シリーズ第3作『VANISHING LINE』の主人公。
目次[非表示]

「お前の夜は終わりだ!」

CV:関智一

概要

本作の主人公。黄金騎士の鎧を担う豪快タフガイ。分厚い胸板・見上げる巨躯・大好物は特大Tボーンステーキ巨乳美女。魔導輪ザルバをキーに駆動する巨大バイク・魔導二輪を駆り、巨大都市・ラッセルシティにて人間を脅かすホラーと戦いながら、謎のキーワード「エルドラド」を追う。

人物像

些細な事は気にしない一方で思い遣りの心を忘れない人情派。酒も色事も食事も、楽しむべきは存分に楽しむことを信条としており、魔戎騎士としてホラーから人々を守るなら、人間らしさを忘れてはいけないと考えている。
修業時代には妹のリジーと二人で暮らしていたが、本編核心にも関わる大災害で死別している。
当時はショックでホラー相手に自分の死も厭わず暴れ回る程荒れていたが、『妹の生きた証を立てられる奴(=自分)が一人くらいはいなければ』といつしか悟り、『どんなにつらい事があっても、一人でも多くの人々が顔を上げてまた歩き出せる。そんな世界をホラー達から護り抜く』という強固な信念を持つに至った。

普段は中国系の魔戎法師たちが兼業として経営するラッセルチャイナタウンの中華飯店に間借りしつつ、ホラーが関わる事件が無いか寄合所でもあるファストフードダイナーに通っている。目覚まし時計をセットしても寝坊するくらい朝に弱い。

戦闘能力

近年の平成ライダー顔負けのド派手なバイクアクションが本作の売りだが、彼の新価はその身体能力。
見た目に違わぬパワーファイトで鎧無しでもホラーをステゴロであしらい、ぶっちゃけ鎧を纏っても剣よりゲンコツで戦った方が強い。しかし、剣ではなく素手でホラーを討滅する戦闘スタイルから『魔戒剣並に体に邪気が溜まる』という欠点をガルムに指摘されており、定期的な浄化を必要とする事が牙狼薄墨桜特典ドラマCD第二話『宿命』にて明かされている。
辛辣なザルバをして『バカだがヘボじゃない』『あいつは最強の牙狼だ』と言わしめ、作中内でも終始苦戦する場面が少なく(絶対絶命だった点を挙げるなら第5話のあの場面であろう)、暗黒騎士ナイトからもその力量を認められている等、歴代のアニメシリーズどころ歴代黄金騎士の中でも戦闘力・フィジカル・メンタルともにダントツの頼もしさを誇る実力者。
その圧倒的な強さで黒幕であったエルドラドキングも対面と同時に瞬殺している。
第二OPイントロにて闊歩する山の如き威容からついたあだ名が『GORI』…イヌ科要素が鎧の顔しか残っていない。違和感仕事しろ


その力は感情の高ぶりによって更に増し、拳が光って唸ったり、敵相手に度々頭部を掴んでヒートエンドしたり、ソフィを護って散ったザルバの覚悟を背負い愛と怒りと哀しみのスーパーモードにパワーアップしたりと、ファンの間からは『ラッセルシティのガ○ダムファイター』として認知されつつある。

余談

従来の黄金騎士が使っていた魔導馬の轟天に乗っていないのは『バイクに乗る黄金騎士』をテーマにしたかった制作陣の意図と『ソードの体格に轟天は違和感があったため』らしい。特撮版の原作者である雨宮慶太監督に『轟天をどうするか』と相談した際に『轟天を壊してしまえばいいのでは』という話になり、第0話としてエピソードを考えていたが諸々の事情により第0話は製作されなかった模様である。

尚VANISHINGLINEのキャラクターは愛称と本名がそれぞれ設定されているが、ソードのみ本名が明かされていない。妹の本名が「エリザベス・ランバルド」であるため、彼もランバルド姓であることは確かである模様。

関連タグ

VANISHINGLINE 牙狼
蘆屋道満:前作「紅蓮ノ月」の敵。中の人つながり。
ゴウキ(牙狼):同じくパワータイプの黄金騎士。俳優もプロレスラーだったりする。

関連記事

親記事

VANISHINGLINE ゔぁにしんぐらいん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ソード(牙狼)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 18945

コメント