ピクシブ百科事典

GSh-30-1

ぐりゃぜふしぷのふとぅりつぁっちあじん

ソビエト連邦が開発した航空機関砲。

概要 


1980年初頭、KBP精密機器設計局によって開発された、口径30mmの航空機関砲である。

 多くの第二次世界大戦後の航空機関砲は、リボルバーカノンやガトリング砲などの方式をとっているのに対し、本砲はボフォース40mm機関砲等と同じ、垂直鎖栓装置とラマーを、反動を利用して稼働させる方式をとっている。

 この方式ではショートリコイル式に比べ構造が複雑になる代わりに、重量を抑える事ができ、本砲の本体重量が50kgと、西側諸国の機関砲より非常に軽量なのは、その所以である。

性能

 射程
 空対空目標に対する有効射程距離は200~800m、地上目標に対する有効射程距離は1200m~1800mとされている。

 空対空目標に対する攻撃力
 30mm砲弾を発射が可能というだけあり、弾丸の破片は、炸裂地点から200m以内の航空機を損傷させるという絶大な威力を持っている。

 発射速度
 発射速度は最大で毎分1800発であり、GAU-8 30mmガトリング砲と比べかなり遅いが、30mmADEN砲より早い発射速度を持っている。

関連記事

親記事

機関砲 きかんほう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「GSh-30-1」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 77

コメント