ピクシブ百科事典

シンドバッド黄金の航海

しんどばっどおうごんのこうかい

『シンドバッド黄金の航海』(The Golden Voyage of Sinbad)は、1973年のアメリカ映画。1958年の『シンバッド七回目の航海』から始まる「シンドバッド三部作」の15年ぶりとなる2作目
目次[非表示]

概要

本作は、レイ・ハリーハウゼンが特撮監督を担当した、シンドバッド三部作の二作目。
ただし、前作「シンドバッド7回目の航海」とは、内容的にはつながっておらず、シンドバッドのキャラクターや立ち位置などは、別物になっている。

航海中のシンドバッドの帆船に、奇妙な鳥(ホムンクルス)が黄金の刻印を落としていった。それを拾い、自分のものとするシンドバッド。
マラビア王国に着いたシンドバッドは、魔術師クーラとその手下の襲撃を受け、黄金の刻印を奪われそうになる。なんとか難を逃れ、宰相のビジエルに面会するシンドバッド。
ビジエルは世継を定めず亡くなったマラビア国王により、国を任され摂政をしていたが、クーラの魔力による火球で顔に大火傷を負っており、黄金の仮面を付けていた。ビジエルもまた黄金の刻印を所持しており、2つの刻印を合わせると未知の孤島を示す海図らしきものとなった。
ビジエルはシンドバッドに「刻印は3つで一組のものであり、全て揃えば、クーラの野望を排し、マラビアを危機から救えるのだ」と語る。宰相ビジエル、シンドバッドの夢に現われた女奴隷マルギアナ、そしてその自堕落さを叩き直してくれと父親の商人から頼まれた若者ハロウンを船に乗せて、船乗りシンドバッドの冒険が始まった。
海図が示すのは、幻の島・レムリアへの道。霧の海域を通ってクーラを撒こうとするシンドバッドだが、クーラは魔術で、シンドバッドの船、その舳先のサイレン像を動かし、海図を奪い取ってしまった。だが、魔術を使ったため、クーラは老化してしまう。
レムリアに到着するシンドバッドは、番人が番をしている洞窟に辿り着く。そこで井戸の精霊に出会い、三つ目の黄金の刻印が北方に存在する事を示唆する。そして、それに伴う伝説をも口にした。黄金の刻印は、三つの大いなる力を授けるというのだ。
しかし、この事はクーラが新たに作ったホムンクルスによって知られてしまった。
先回りしたクーラは、北方の原住民に対し、彼らが崇める陰母神カーリーの像を動かす事で自分の配下に。そして、駆けつけたシンドバッドたちは、六本腕を持つカーリーの六本の剣と切り結ぶ。
果たして、黄金の刻印がもたらす大いなる力は、シンドバッドとクーラ、どちらが手に入れるのか。

登場モンスター

ホムンクルス


魔術師クーラが作り出した、小型の使い魔。
その大きさは、身長20センチ程度で、背中に大きな蝙蝠の翼を持ち、自在に空を飛ぶ(そのビジュアルは、ゲームに良く登場する『ガーゴイル』に酷似している)。
クーラが自身の生命力を用い、薬草などから創造した。劇中にも作り出すシーンがある。

サイレン

シンドバッドの船のへさきに取り付けられた、魔除けの女性像。人間よりやや大柄な木製の像。クーラの魔術によって動き出し、レムリア島に向かうシンドバッドの船から、海図を奪いとった。

陰母神カーリー

陰母神


レムリアの北方にある、原住民たちが崇める神殿の奥に安置されていた神像。六本腕であり、クーラの魔術によって踊り出し、さらにクーラが投げた剣を取って、六本に増殖。六刀流でシンドバッドたちに襲い掛かった。
本作の代表的なモンスターで、人気も高い。

ケンタウロス

半人半馬のモンスター。ただし、本作のケンタウロスは一つ目で、原住民たちに崇められ、生贄を捧げられていたらしい。人間というより類人猿や原始人のような姿で、優雅さよりも野蛮で獰猛な怪物として登場している。稚拙な棍棒を武器にするが、力任せに叩き付けるため、壊してしまった。
神殿内の奥に潜み、女奴隷マルギニアを生贄としてささげられる。その姿に違わず怪力で凶暴。同じく神殿の奥から出現したグリフォンと戦った。

グリフォン

前半身が鷲、後半身が獅子のモンスター。神殿奥から現れ、ケンタウロスと戦う。
実は井戸の精霊の予言における、善悪の戦いにおける善側の勢力。悪側のケンタウロスと戦う役目を帯びていたが、クーラにより後脚を切りつけられ、それが元で倒されてしまった。

:ケンタウロス対グリフォン


登場人物

シンドバッド

本作のシンドバッドは、王子ではなく船乗りで船長。
ただし、多くの冒険を行ってきた事から、国の王族や宰相などと対等に話せる立場にある。

ビジエル

マラビア国の摂政。前国王が後継ぎを指名せずに死亡したため、摂政として国王代理を務めていた。クーラの秘密を調べている最中に、魔術による炎を顔に浴びて焼けただれてしまった。そのため、黄金のマスクを被っている。焼けただれた顔は、後に窮地を逃れるのに役立つ事に。

マルギアナ

女奴隷。シンドバッドの夢の中にたびたび表れていた。その手のひらには、目玉を模したイレズミが入れられている。彼女に運命的なものを感じたシンドバッドは、彼女を連れて旅に出る事に。

ハロウン

マラビア国の裕福な商人の息子。自堕落な性格で、それを直すためにとシンドバッドに預けられ、船乗り見習いとなる。後に弓矢の才能を開花させ、ホムンクルスを倒す。

クーラ

マラビア国の魔術師。黄金の刻印が示す三つの大いなる力を狙い、そのために刻印を狙い、シンドバッドを狙っていた。生まれからして邪悪な家系らしく、使う魔術も邪悪な黒魔術との事。黒魔術を用いるたびに老化していくらしい。

その他

黄金の刻印

三つに分割された、黄金の刻印。シンドバッドがホムンクルスから手に入れた一つと、ビジエルが有していた一つ、そして行方不明の一つの別れている。
シンドバッドとビジエルの二つを合わせると、海図になり、幻の島レムリアへの道しるべになる。そして、レムリアの北方、異教徒の神殿奥にある『運命の泉』に、刻印を一つずつ投げ入れる事で、大いなる三つの力を手に入れる事が出来る。
その三つの力とは、『永遠の若さ(若返る)』『暗黒の盾(手にしていると透明になる)』『王者の冠(王として君臨できる)』。

スタッフ

監督:ゴードン・ハッセル
脚本:ブライアン・クレメンス
製作:チャールズ・H・シュニア レイ・ハリーハウゼン
出演者:
ジョン・フィリップ・ロー
キャロライン・マンロー
トム・ベイカー

関連記事

親記事

レイ・ハリーハウゼン はりーはうぜん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「シンドバッド黄金の航海」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 39

コメント