ピクシブ百科事典

妖魔ゲモン

ようまげもん

ドラゴンクエストシリーズに登場する鳥型モンスター。中ボスとしても卑怯者として有名。
目次[非表示]

CV:後藤光祐(3DS版)

概要

DQ8に中ボスとして登場したのが初出の鳥モンスター。
ジャミラスの色違いで、こちらは全身真っ黒なカラーリングが特徴。
闇の世界出身だからか。
また、他の同種族とは違って頭には角が生えている。

DQ8ストーリー上の活躍(ネタバレ有り)

レティスの卵を人質(鳥質?)に取り、レティスに村を襲わせるなど、
なかなか卑怯な手口を使う。
ゼシカも、「レティスと関係なくても許せない」と語っていた。
断末魔で、人質の卵を破壊する等、最期まで往生際の悪いゲスである。
アイテム救済があるとはいえ、後味の悪いイベントだ。

戦闘では、凍てつく波動を使用しないため、単体の戦闘力はレティスよりも弱いとされるが、
一撃で300ポイント近いダメージを受ける痛恨の一撃は強烈。
激しい炎も吐くが、レティスのライデインに比べると、
ドラゴンシールドやフバーハで防ぎやすい。
ただ、おたけびでこちらの行動とテンション上げを妨害するデスターキーと、
バシルーラでチーム呼びを無効化してくるあんこくちょうを呼ぶため
全体的な厄介さは負けていない。
(余計に小悪党臭さが出ているともいえるが。)
マホカンタを使うため、全体攻撃呪文が使いづらいのも難点。
ヤンガスが岩石落としを覚えているなら、そちらを使うのもあり。

ドラゴンクエストモンスターズの活躍

Sサイズのジャミラス達と違って、メガボディ(Mサイズ・2枠サイズ)なのが特徴。
また、本編でも使うマホカンタは、特性「つねにマホカンタ」として持たせる事が出来る。
ステータスは、攻撃と素早さが高い。

テリーのワンダーランド3D

特性に「いきなり赤い霧」が追加。自分で主力技・空裂斬を潰しかねないが、
ギガボディ連中に一方的にボコられる可能性は減らす事が出来る。
といっても気休めだが。

一方、配合のしやすさでは、シナリオ上仲間にできるジャミラスと、
野生や他国のマスターからスカウトできるアトラスで配合できるため、比較的容易。
特性「ギロギロ(偶数ターンで敵にマインド(一回休み)効果)」や、
つねにマホカンタは、メタル狩りで役に立つ。

イルとルカの不思議なふしぎな鍵

本作で追加された「新生配合」によって強化。
新生配合すると、特性「炎ブレスブレイク」を習得する。
元々息封じ耐性は「無効」であった為、灼熱、れんごく火炎、オーロラブレス等で、
ガンガン攻める事が出来る。
また、新生配合時の特性入れ替えで、「つねにアタックカンタ」をつけたり、
不安な耐性面を補いやすくなった。

また、シナリオ上の「アスラゾーマ」との戦いでは、
アスラゾーマがザラキを唱えてくるため、
つねにマホカンタ持ちは非常に頼もしい。

関連タグ

ドラゴンクエスト ドラゴンクエストⅧ
DQモンスター・鳥系
ジャミラス サイレス エビルホーク
ダークジャミラ

関連記事

親記事

ラプソーン らぷそーん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「妖魔ゲモン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 521

コメント