ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「こうなったら信じようぜ!勝てるさ絶対に、入部したときを思い出してみなよ!今まで残ったのは、あの時本気で全国制覇を信じた奴だけだぜ!!」
 
注意:木暮であって小暮ではない。

人物

声:田中秀幸

7月12日生まれ。
湘北高校3年、178cm62kg、ポジションはフォワードだが、ガードも兼任している模様。
赤木と同じ中学出身で、湘北高校バスケ部の副キャプテン。
他の部員が赤木の熱意についていけず辞めて行く中、唯一赤木のもとに残った漢。元々バスケットを始めたのは『体力をつけるため』という理由で当初は赤木ほどの熱意は持ち合わせてはいなかったが、中学3年の引退試合で『やめたくない、バスケットが好きなんだ』と心の底からバスケットが好きだという気持ちを持つようになった。

桜木からはメガネ君と呼ばれる。桜木から唯一呼び捨てにされていない男性。
温厚な性格で、生意気で態度がでかい桜木ともすぐに打ち解けており、特にIH予選での陵南戦前は『少しでも長く今のメンバーでバスケを続けたい』という想いから夜遅くまで練習に付き合ったりしていた。
この時彼の『IHに行けなかったら明後日の陵南戦が最後だ』と言う一言は桜木の胸に強く残り、陵南戦で桜木がこの一言を思い出した事で冷静さを取り戻してフリースローを決めるシーンがある。

初期ではスタメンとしてそこそこの活躍を見せ、流川程ではないが3Pシュートを決めるなどポイントゲッターとして機能していた。物語中盤以降はスタメンを譲るものの地味にいい働きをし、主に花道や三井、流川などが怪我やスタミナ切れで抜けた穴を埋めるシックスマンとして出場する(ちなみに作中で描かれた湘北の試合に全試合出場している)。

湘北はレギュラーと控えとの実力差が大きいという選手層の薄さが弱点とみなされ(実際、海南の牧には圧倒され何もできないという場面がある)、陵南田岡監督に敗北要因とみなされるなど侮られていた。

木暮フリーだ!打て!

しかし、IH予選ではこれが仇となり、陵南戦では終盤ノーマークになったところ桜木のパスから3Pシュートを決めて事実上試合を決めており、田岡も「あいつも三年間頑張ってきた男なんだ… 侮ってはいけなかった…」と語った。このくだりが「敗因はこのわたし!」のコメントに繋がるのである。

全国大会でも控えプレイヤーとして怪我やスタミナに不安を持つ流川の控えとして豊玉、山王戦でもプレー。(描写は無いが確実に3回戦も出場しているだろう)
豊玉戦は特にプレーで目立つ事は無いが、山王戦では流川の休憩時間を稼ぐ、桜木に作戦を与える為の時間稼ぎとして活躍。全国区の松本相手にマッチアップしてこれといったリードを許さないなど確かな"つなぎ役"の役割を果たす。

練習中は妙なTシャツを着ている。普段は「湘北高校アメとムチ」のアメ側に例えられるほど温厚だが、怒ると意外と怖い。三井がバスケ部襲撃事件を起こしたことに関しては憤りをかなり感じていたようで普段の温厚な態度を捨て、『何が全国制覇だ…何がオレたちで湘北を強くしようだ…夢見させるようなことを言うなっ!!』と三井に対して怒りを露わにした。同時に三井をバスケ部へ戻るように必死に説得していた。

流川などの存在ゆえにあまり目立たないが、メガネを外すと実は意外とイケメンである。バスケ部襲撃事件でメガネが外れた際のキリッとした彼の表情は特に必見もの。

全国大会終了後は赤木とともに引退したが、原作終了後の黒板漫画では赤木ほど受験を堅苦しく考えておらず、OBとしてバスケ部に顔を見せていたようで「引退したから」という理由でバスケ部に顔を見せない赤木を諭していた。

余談

アニメ版における木暮役の田中秀幸は同作品のナレーションも務めているので、テレビシリーズのキャストクレジットで木暮の名前が出ることはない。ただし、劇場版では、ナレーションが描かれていない作品もあるので、その場合、木暮の名前が出ている。

関連イラスト

木暮公延
めがねくん


関連タグ

スラムダンク 湘北高校
赤木剛憲 三井寿
眼鏡 文字Tシャツ

関連記事

親記事

湘北 しょうほく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「木暮公延」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 447675

コメント