ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

概要編集

CV:石川英郎


陵南高校2年。猫背というか、屈んだスタイルが多いため勘違いされることが多いが、身長は188センチと流川より高い。中学時代のチームメイトである海南からの愛称は「フッキー(作中では直接呼んでいる描写は無かったが)」。


陵南が誇る脅威のスコアラーで、ポジションは武藤桜木とのマッチアップがメインだった事からPFであるが、海南戦では控えのCである菅平と交代した為、高砂とマッチアップしている(延長戦がアニメで描写された際は池上と交代して相手が神になっていた)。バスケ経験は中2の終わりごろからで浅く、高校入学当初は新入生の中でも一番下手だったが、同じ中学出身である神曰く、急速なスピードで成長していったという。

陵南バスケ部に入部後は、一番下手だったにもかかわらず同級生の仙道を過剰に意識し、田岡監督は当初からそんな彼のプレイにスケールの大きさを感じ、仙道と共に将来を有望視していた。


田岡監督は中学時代から名選手でプライドが高そうな仙道とは違い、無名であった彼にはまだ失うものは無いとして、仙道を褒めて福田は叱って育てる方針をとっていた。しかし、実際は福田の方が仙道よりずっと精神的に繊細であり(仙道はむしろ流川以上に図太い)、ずっと叱られ続けることで鬱憤が溜まり続けた福田は、よりによって練習試合中に田岡監督に手を出してしまい(パンチや頭突きを見舞うのではなく、怪鳥音を上げ額を小突いた)学校側にも隠せず無期限の部活停止処分とされてしまった。


そのため長らく練習に参加できず、ようやく謹慎が解けたインターハイ予選の決勝リーグにおける海南戦が、初の公式戦となっている。

オフェンス力は粗削りながら相当な実力を持っており、その何が何でもボールをゴールに入れるガムシャラなプレイスタイルは、湘北の貴重な得点源である三井を守備に回させる程の力を持っている。

ただしディフェンスは桜木の見え見えのフェイントに引っかかるほど下手。


ふてぶてしい表情に反して自己愛が強く、性格も繊細、そして感動屋であり、湘北に敗北した際には魚住の涙を見て溢れんばかりの涙を流していた(そのときでも仙道がサバサバしていたのとは対照的)。また、謹慎時間が長かったこともあって、活躍と自分への評価に飢えていたところがあり、周囲の歓声を受けると「もっと褒めてくれ…」と武者震いしていたこともあった。


魚住達が引退し、仙道がキャプテンとなったが、頻繁に練習をサボるようになっていたためキャプテン交代の噂が立てられる中、実力的に次は自分だとキャプテンの座を狙っている様子を見せた。


関連タグ編集

スラムダンク 陵南

関連記事

親記事

陵南 りょうなん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 751991

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました