ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

作詞:上杉昇

作曲:織田哲郎

編曲:葉山たけし

概要編集

1994年6月8日に発売されたWANDSの8thシングル。「世界が終るまでは…」は誤記。

スラムダンクの二代目エンディングテーマ。エンディングの他にも作品内屈指の名場面と名高い三井寿の「バスケがしたいです」や翔陽戦での三井の限界を超えた活躍のシーンでも使われたのは有名な話。


この頃WANDSはすでにテレビ出演を行っておらず、前年11月発売の「Jumpin´ Jack Boy」からも長らくリリースが途絶えていた。そしてボーカルの上杉昇もこの曲が発売される二月前のNirvanaカート・コバーン自殺に影響されグランジロックに深い関心を持っていた時期でもあった。

そのためなのか曲自体はそれまで目立っていたシンセサイザーはかつてほど目立たなくなり、ギター主体のロックテイストの強いバラードに仕上がった。


オリコンでは1994/6/20〜6/27間で二週連続1位を獲得。トップ100内にも5〜6ヶ月間(19週)ランクインするロングヒットとなり、120万枚を超えるミリオンセラーとなった。また、これがWANDSでは最後のミリオン作品でもある。


PVは羽田空港の倉庫を貸しきって撮影された。

アルバム『Little Bit…』収録曲「DON'T CRY」(ちなみに同タイトルの曲を上杉が同じく敬愛するガンズアンドローゼズが2年前に出してることから意識してると思われる)と繋がったストーリー形式になっており、上杉昇がクッションを「DON'T CRY」が流れるテレビに投げつけて再生を止めたところからこの曲に入る。


現在WANDS時代に否定的な意見を持っている上杉もこの曲はかなり気に入っており、現在所属しているバンド・猫騙やソロのライブでも披露している他、2018年に発売された自伝のタイトルにもなっている。


アニメタイアップ曲でもあるため、2012年のアニメロサマーライブでも上杉が作曲者の織田哲郎(TETSU)と共にサプライズゲストとして登場し、この曲を披露した。

2017年9月にも上杉が単独参加した台湾ライブでも大きな反響を受けた。さらには2019年10月にはバスケ繋がりで楽天のNBAイベントにも出席し、この曲を披露している。


また、2019年に新生ボーカル上原大史を迎えた第五期WANDSでも披露されているため、現在元祖上杉バージョンと新生WANDS上原バージョンの二種類が存在することになり、どちらも異なる意味合いで「本家」なので意見が割れそうな曲でもある。

2022年8月28日に「世界が終るまでは···[WANDS第5期ver.]」を配信した。配信当日は、さいたまスーパーアリーナで開催された「Animelo SummerLive2022-Sparkle-」に出演しアニメファンを驚かせた。


記録(オリコン)編集

初動売上28.1万枚
累積売上122.1万枚
最高順位1位(通算2週、1994年6月20日~1994年6月27日付)
チャートイン期間19週

関連動画編集

織田哲郎が語る「世界が終るまでは…」


関連タグ編集

WANDS スラムダンク 三井寿 バスケがしたいです ビーイング

関連記事

親記事

WANDS わんず

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 35404

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました