ピクシブ百科事典

西日暮里駅

にしにっぽりえき

東京都荒川区西日暮里に位置するJR山手線・京浜東北線と東京メトロ千代田線、日暮里・舎人ライナーの駅名。
目次[非表示]

概要

東京都荒川区西日暮里に位置するJR東京メトロ東京都交通局の停車駅。

駅すぐのところに、日本屈指の進学校と言われる開成学園があるほか、駅前の道灌山通りの延長線上には、北島康介選手の実家の肉屋「(株)北島商店」もある。
駅真下の通路は荒川区唯一の山手線内側に行けるルートであり、そこから先は王子駅まで道灌山の坂とJRの線路・車両基地で塞がれている。

2017年を目処に駅周辺を充実させる都市計画が立っている。

ちなみに、谷根千にはいずれも電車一本で行ける唯一の駅だったりする。
(谷中:西日暮里駅→JR日暮里駅西口、根津:千代田線西日暮里駅→千代田線根津駅、千駄木:千代田線西日暮里駅→千代田線千駄木駅)

東京メトロ千代田線の西日暮里駅

1969年開業。後述のJRの駅の付近にある他、JRの地下からもそのまま乗り継ぎが可能。
上りと下りが異なる階層に位置する。

JR山手線京浜東北線の西日暮里駅

1971年開業。道灌山通りに交差する形でホームがある高架上の駅。
千代田線は常磐線のバイパスとして作られた経緯があるため、そこから山手線への乗り換えの便を図るために設置されたもの。品川〜田町間の新駅が完成するまでは山手線29駅の中ではもっとも新しい駅だった。ただし京浜東北線は快速だと通過してしまう。
山手線では唯一、地下鉄への乗り換え改札が設置されており、切符ICカードとも西日暮里での乗り継ぎには特例が設置されている。
ターミナルの日暮里駅と大して距離は離れていないため、大半はあちらに人が流れる。

西側からは山手線・京浜東北線の線路に並行した道が延びているため、撮り鉄に適している。この道を北西に進むとそのまま隣の田端駅にたどり着く。
駅の構造上客の落下事故などが相次いでいる。

日暮里・舎人ライナーの西日暮里駅

2008年開業。JR・メトロからはやや離れた位置にあるため線路の真下に長距離のペデストリアンデッキで繋がっている。おそらく同鉄道で足立区北西部方面から来た客が千代田線に乗り換えやすくするためのものと思われる。

停車駅

山手線・京浜東北線(各停)

日暮里駅 - 西日暮里駅 - 田端駅

千代田線

千駄木駅 - 西日暮里 - 町屋駅

日暮里・舎人ライナー

日暮里駅 - 西日暮里 - 赤土小学校駅

pixivに投稿された作品 pixivで「西日暮里駅」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 193

コメント