ピクシブ百科事典

リプレイ

りぷれい

リプレイとは、「再試合」、「再演」、「同時録画などの再生」などの意味がある。この項目ではこれ以外の項目を扱う。
目次[非表示]

リプレイとは

  1. ケン・グリムウッドにより1987年にアメリカで出版されたSF小説。
  2. ボードゲームコンピューターゲームなどのプレイ記録。
  3. テーブルトークRPG(TRPG)などのゲームを実際に遊び、その経緯をなんらかの媒体に記録したもの。本項で解説。

概要

実際にTRPGをプレイした際の様子を、録音等で記録に残しておき、後日あらためて参照可能な形に書き起こすなどしたものを指す。一般的にはゲームに参加した当事者の台詞や行動、ゲームマスターなどの思惑等が収録される形式(戯曲形式)で発表される。
一定のルールに沿って参加者が「キャラクター」として振る舞うと同時に、ゲームの外側で「プレイヤー」としても試行錯誤する様子を纏め上げるため、小説や対談などとも違った新しいジャンルの読み物(コンテンツ)と言えるが、そのもの自体の発祥は1980年代に遡り、ライトノベルの興隆以前から存在している。

プレイヤーたちのプレイ風景(および進行役たるゲームマスターによる様々な判定処理)と、プレイヤーの分身であるキャラクターが立ち回るゲーム世界という二つのレベルの出来事を並行して記述するため、没入感こそ強くはないが、自分で作ったキャラクターが思うままに動き(時にゲームマスターの鬼畜シナリオに翻弄され)、他のプレイヤー、キャラクターと助け合いながら難局を切り抜け、共通の目的を達成していく楽しげな様を横で見ているかのような、独特の感触が特徴と言えるだろう。

当初は国内で知名度の低い「TRPG」というゲーム形式を紹介しようという側面が強かったものの、現在ではアドリブ展開の魅力やプレイヤーらのやり取りの面白さを強調した、ライトノベルに近いスタイルの作品が増えつつある。

形式

このジャンルの作品は一般的に、台詞のト書き(戯曲)形式で記述される。その際、書き起こす本人の主観および記述する際の目的によって文体や書式が大きく変化する。プレイ内容の取捨選択――プレイ過程をすべて忠実に文章化する、一部のイベントを省略するなど――も、その目的や発行形式によって差異が出る。
また「リプレイ」と銘打ってはいても、実際のゲームプレイは行なわずに、各種ルールをベースにして小説形式で書かれたいわゆる「リプレイ風ノベル」も多い。

前述のとおり決まった書式こそないものの、明示的に小説などと区別するために、通常は登場する「プレイヤー」と、プレイヤーが演じる「キャラクターPC)」の心情や言動を分けて書いたスタイルのものをリプレイと呼ぶ場合が多い。
ゲーム内容とは直接関係のないプレイヤー間の雑談などを意図的に盛り込んだ作品もよく見られる一方、雑誌文庫などの媒体では表現し切れない事柄や、あまりにもプライベートなやり取りなどに関しては、文字起こしの際に省略や変更がなされる場合もある。

なお、外国のリプレイものにおいてこの形式はあまり見かけることはなく、どちらかというとプレイ内容を小説スタイルに再編して発表するのが主流。

近年の状況

近年ではゲームのルールブックシナリオ集など、TRPG本体のみの売り上げで十分な利益を上げることは非常に困難とされている。そのため、新規のTRPG発売時から既にリプレイを雑誌に掲載して作品を宣伝し、さらに「完全版」と称して書籍を販売し、費用を回収する事業計画がとられることが多い。
そのためリプレイの内容は「ゲームの遊び方や楽しさの紹介」よりも、表紙挿絵といった作品の個性(人気)で購買層を獲得しようとする傾向に拍車が掛かっており、TRPGリプレイラノベが加速している(作中に「プレイヤー」として声優イラストレーターなどの著名人を参加させる事例などが挙げられる。むろん、彼らにロールプレイングのセンスがあればそれはすばらしい作品になり得るのだが)。

加えて最近では、ノベルゲームのようなフォーマットを用いて、動画形式でリプレイを作成する場合もある。こうした動画リプレイにおいては、実プレイを伴わない純粋な創作である「仮想リプレイ」 「エアリプレイ」もしばしば存在する。

主な作品のリスト

(省略)

pixivにおけるタグの利用状況

pixivにおいては、自身の体験したゲームプレイをリプレイとしてイラストや漫画にしたもの、リプレイされた版権作品のキャラクターなどを絵にしたものなどが掲載されている。

関連タグ

TRPG セッション PC NPC GM 版権

pixivに投稿された作品 pixivで「リプレイ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 724682

コメント