ピクシブ百科事典

目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. アメリカの推理小説家。代表作に『長いお別れ』『さらば愛しき女よ』など。本稿で紹介する。
  2. 漫画『キャプテン翼』の登場人物。こちらは、レイモンド・チャンドラー(キャプ翼)を参照のこと。


概要

アメリカの小説家、脚本家。
1888年にアメリカのイリノイ州シカゴに生誕し、1959年の70歳で死没する。
特にハードボイルド小説の旗手として知られ、代表作の『長いお別れ』はハードボイルド 作品の代名詞とも言える。
彼が生み出した探偵であるフィリップ・マーロウは、「撃っていいのは撃たれる覚悟がある奴だけ」という台詞でも有名で、仮面ライダーWに登場する主人公の一人であるフィリップの元ネタにもなった。

また、著者の現代の文豪である村上春樹が影響を受けた作家の一人としても彼の名を挙げており、特に上述した『長いお別れ』は、ドストエフスキーカラマーゾフの兄弟フィッツジェラルドグレート・ギャツビーと並んで、人生で最も影響を受けた本の一つに挙げているほどである。
後に村上は、長いお別れの翻訳を手掛けたこともある。

来歴

作家になるまでの来歴には、かなりふらつきがある。
生まれはアメリカだが、彼の生誕後に両親は渡英しており、イギリスで育つ。
その後、高校卒業後は大学に進学せずヨーロッパを回り、叔父の助けを得で公務員試験を受けて合格するものの、すぐに辞職。

雑誌の記者や編集者を務めるものの、生活が安定せず、職を求めて渡米する。
その後、サンフランシスコやカリフォルニアなどで暮らしている中で第一次世界大戦が勃発し、従軍。
職場転々とした末に、生活の補助のために作家として活動する。


関連タグ

キャプテン翼

関連記事

親記事

小説家 しょうせつか

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「レイモンド・チャンドラー」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「レイモンド・チャンドラー」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 491

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました