ピクシブ百科事典

カラマーゾフの兄弟

からまーぞふのきょうだい

カラマーゾフの兄弟とは、フョードル・ドストエフスキーの長編小説。およびに同作中に登場するキャラクターのことである。
目次[非表示]

概要

ドストエフスキー長編小説。1879年連載開始、1880年単行本出版。数多くの日本語訳、メディア作品、関連書籍が発表されている。
表題の3兄弟と父親との確執を中心に物語が展開される。
本作は読み手の解釈によって風刺小説や恋愛小説なと様々な側面を持つか、大まかには「三兄弟がそれぞれの視点から父親を殺した犯人を探し出す」というストーリーがメインとなるため、ミステリーものとされる事が多い。

日本では2013年フジテレビによって、舞台と登場人物達を日本に置き換えられてテレビドラマ化された。

あらすじ

成り上がりの大地主・カラマーゾフ家は、当主フョードル・カラマーゾフの強欲で色好みな性格のために、父子の間では終始いがみ合いが絶えなかった。ただ一人、僧侶の道を歩んだ末息子アレクセイだけは、家族の和解を願っていた。そんな中、フョードルが何者かによって殺害される事件が起こる。兄弟全員に父を殺す動機がある中、それぞれが互いの心情を探り合いながら犯人探しが始まる。

三兄弟とその周囲の人々の愛憎と思惑が交差していく中、果たしてフョードル・カラマーゾフを殺したのは、一体誰なのだろうか────?

キャラクター

地主フョードル・カラマーゾフの息子たち。
3人ともお互いに性格が全く異なっている。

長男ドミートリイ・フョードロウィチ・カラマーゾフ(愛称はミーシャ、ミーチカ)は、フョードルの前妻の子である。退役軍人で、放埒で堕落した生活から抜けきれない直情型の性格をしている。父親とは一番仲が悪く、作中では女性を巡って争っている。
ドラマ(日本人)版の名は、黒澤 満(くろさわ みつる)

次男イヴァン・フョードロウィチ・カラマーゾフ(愛称はワーニャ、ワーネチカ)は、フョードルの後妻の子である。理科大を出た知識人で、合理主義・無神論を気取っている。しかし、中には完全に信仰心を捨てられない部分もある。
ドラマ(日本人)版の名は、黒澤 勲(くろさわ いさむ)

三男アレクセイ・フョードロウィチ・カラマーゾフ(愛称はアリョーシャ、リューシェチカ)は、フョードルと後妻の子である。修道僧で、純情で真面目な美青年である。神の愛によって肉親を和解させようとする。家族思いではあるが、時おりカラマーゾフ家特有の残忍な性格が見え隠れする。
ドラマ(日本人)版の名は、黒澤 涼(くろさわ りょう)

関連イラスト

登場人物
「カラマーゾフの兄弟」詰めあわせ



ドラマ

カラマーゾフの兄弟
黒澤三兄弟



関連タグ

ドストエフスキー ロシア 海外文学 三兄弟
罪と罰 白痴 悪霊 未成年

pixivに投稿された作品 pixivで「カラマーゾフの兄弟」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 201493

コメント