ピクシブ百科事典

ゴキブリ男

ごきぶりおとこ

ゴキブリ男とは、仮面ライダーに登場するショッカー怪人の名称である。
目次[非表示]

「オレはゴキブリ男だ‼」
CV/峰恵研市川治(劇場版)

概要

仮面ライダー第55話『ゴキブリ男‼恐怖の細菌アドバルーン』に登場するゴキブリ(クロゴキブリ)型改造人間

ショッカーが開発した“人間を急速に老化させて3日以内に老衰させてしまう細菌をゴキブリに散布させる『ゴキブリ作戦』を実行しようとしていたマンション近くで、たまたま殺虫剤ゴキブリころり『ゴキコロリ』(実は全く効果の無いパチモン)を売りさばいていた悪徳セールスマン2人組の主犯格・黒木を素体に製造された。鳴き声は「レブレブレブレブ」

因みに悪徳セールスマン2人組を拉致した理由が、(どこからか洩れた作戦の情報を聞き付けて)金儲けの為に『ゴキブリ作戦』を妨害しようとしたという“全くの誤解も甚だしい”理由からであった…(そんなことで良いのだろうか?)。

相棒の改造された醜い姿(そりゃそうだ)とショッカーの恐ろしさに恐怖した相方の井川(懇願して改造手術だけは免れた)に例の細菌を詰めた風船を配らせていたが、被害者の1人であった吾郎の友人・正子の指摘で素性がばててしまった為、彼を連れてその場から撤退する。

しかし追いかけて来た本郷の追跡から逃げる途中で井川がを間違えて行き止まりにやってきた為、仮面ライダー新1号と交戦する羽目になってしまい、ドジを踏み、更には余りにもショッカーが恐ろしかったために組織から抜けようとした井川に細菌を吹き付けた隙に自身はその場から消え失せた。

その後、より感染力を増した細菌を風船に詰めて飛ばして実験を行い効力を確認した後、この細菌をアドバルーンに詰め、午後3時に太陽ビルの屋上から飛ばして空中から細菌をばら撒く『細菌アドバルーン作戦』を実行しようとするが、細菌の還元剤を出に入れ、井川から情報を聴き駆けつけた新1号に邪魔されたため最後の決戦へと突入。

激闘の末に最後は『ライダー反転キック』を受けビルから転落した後、黒木の姿に戻ると断末魔と共に溶け落ち、炎上して消滅した。

能力

からショッカー科学陣が開発した“人間を急速に老化させる細菌”を吐き出すことができる。
ただし、長い触角が傷ついたり破損するとこの能力を失ってしまう弱点を持っている。

また、ゴキブリの能力を持っているだけに飛行能力も持っている。

再生怪人としての活躍

映画『仮面ライダー対地獄大使』において再生怪人軍団の一員として登場。

富士山頂に建設された『ショッカー大要塞』の警備を担当しており、計画を阻止する為にやって来た仮面ライダー新1号と交戦する。

その際、新1号に捕えられてしまった挙句に作戦内容を話そうとしたため、カミキリキッドによって口封じのために光線で処刑されて、哀れ爆死した…(ちなみにその際の断末魔は「くやし~・・・ゴキゴキ~~・・・・」)。

関連項目

ショッカー怪人 ショッカー カミキリキッド ゴキブリ 仮面ライダー
オールド・ドーパント:同じく相手を老化させる怪人。

G仲間

ゴキブリスパイク ゴキブリジン メ・ゴギブ・バ ダークローチ アルビローチ コックローチ・ドーパント ゴキブリヤミー

pixivに投稿された作品 pixivで「ゴキブリ男」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 155

コメント