ピクシブ百科事典

コンドルヤミー

しあわせをもたらすあおくないとりさんがうみだしたやみー

コンドルヤミーとは、小説『仮面ライダーオーズ アンクの章』に登場する鳥系成長ヤミーの名称である。
目次[非表示]

概要

小説『仮面ライダーオーズ アンクの章』に登場する系成長ヤミーの一種。

800年前、『』の支配から逃れる為に自身の強化を計ったアンクが多量のセルメダルを生み出すために『王』にも匹敵する欲望の持ち主として白羽の矢を立てた盲目少女(名称不詳)の持つ“外の景色を観てみたい”という強い欲望を満たすために誕生した。

彼女が住んでいる(正確には実の父親に疎まれてに隔離されている)丘の上の小屋をとしており、彼女の欲望…というより願いを抱える為に次々に人々を襲撃し、その両目をくり抜くという猟奇的な犯行を行っていた。

最後は巣に戻る所を被害者たちの関係者に目撃され潜伏場所を突き止められて結果、宿主を(魔女とのレッテルを張られて)殺害されてしまい、自身を構成する欲望の供給源が絶たれ事でセルメダルへと還元し消滅した。

能力

鋭いで相手を引き裂く攻撃のほか飛行能力を有しており、鳥類でも随一の視力を持つコンドルがモチーフのヤミーだけあり、優れた動体視力で遥か上空から一気に急降下して狙いを定めたターゲットに襲かかり、一瞬にして両目を抉り取る事ができる。
その早業は襲われた相手が何が起こったのかわからないまま絶命する程のスピードを誇る。

なお、抉り取った目玉は巣へと持ち帰って(描写的に結構グロイが)宿主の少女に磨り潰して体液を宿主の目に掛ける事で、その目の持ち主が今まで観てきた景色を宿主に見せる事ができ、この能力を使って宿主の欲望を満たしていた。

余談

当初アンクは少女を利用して自身の強化を計るためにセルメダルを稼ぐために利用しようと考えていたようだが、彼女と交流している内に(グリードらしからぬ)感情を抱く=特別な存在へとなっていったらしく、ある日ヤミーが持ち帰って来た眼の持ち主が観た情景を見た事で精神崩壊を起こした彼女を見て激怒。その眼の持ち主(少女の父親)を惨殺している。
また、800年間の封印されている際に見た夢の中で彼女と再会し、彼女を背中に乗せると大空へ飛び立つを見ていたようだ。

なお、TV本編ではアンクのみが唯一自身のコアメダルに描かれた動物がモチーフのヤミーを生み出していなかったが、小説においてようやく実現した。

その他の「アンクの章」に登場するヤミー

ゴキブリヤミー
小説『仮面ライダーオーズ アンクの章』に登場する昆虫系成長ヤミーの一種。

ウヴァが『王』を斃す目的の為に『王』自身にセルメダルを投入する事で生まれたヤミーで、生命力の塊みたいな存在(非常にしぶといという意味)であるゴキブリをモチーフにした怪人で、ウヴァ曰く「奴にピッタリだな」とのこと。

並外れた欲望を持つ『王』から生み出された故に完全態のグリードたちに匹敵する力を持つとされるが、具体的な能力については不明。

他のヤミーやグリードたちとの連係攻撃で先代オーズを追い詰めた…かのように思われていたが、実際にはそれらはすべて芝居であり、最後は最初から『王』と通じ合っていたアンクの裏切りで一気に形勢が逆転したばかりか、ガタキリバコンボへとフォームチェンジした先代オーズの『ガタキリバキック』を受け呆気なく倒されてしまった。

ライオンヤミー
カザリが『王』を斃す目的の為に『王』自身にセルメダルを投入する事で生まれたヤミーにして、百獣の王ライオンをモチーフとした系成長ヤミーで、カザリは皮肉を込めて「百獣の王とはね。ヤミーになっても王でいたいなんて、流石だね」と言い放った存在。

具体的な能力は不明だが、容姿は恐らくライオンクラゲヤミーとほぼ同じような姿をしていたと推測され、その力は並外れた欲望を持つ『王』から生み出された存在だけに完全態のグリードたちに匹敵するらしい。

誕生直後に『王』を体内に取り込み身動きできないようにするが、自力で脱出されしまった為に、他のヤミーたちやグリードたちと連携して『王』を対戦するが、最初から『王』と通じ合っていたアンクの裏切りで体勢を崩された所へ、最後はガタキリバコンボへとフォームチェンジした先代オーズの『ガタキリバキック』を受け呆気なく倒された。

クジラヤミー
メズールが『王』を斃す目的の為に『王』自身にセルメダルを投入する事で生まれたメズール曰はくガメルが作ったみたいなヤミーね」と言わしめたの王者であるクジラをモチーフにした水棲系ヤミー。

明言はないが、水棲系ヤミーの特性から推測するに複数の個体が存在すると思われる。

更に並外れた欲望を持つ『王』から生み出された存在である為に完全態のグリードたちに匹敵するらしいが、具体的な能力についての詳細は不明。

他のヤミーたちやグリードたちと連携して『王』に戦いを挑むが、最初から『王』と通じ合っていたアンクの裏切りにより、逆に追い詰められた所へ最後はガタキリバコンボへとフォームチェンジした先代オーズの『ガタキリバキック』を受け逆に倒されてしまった。

関連項目

ヤミー(仮面ライダーOOO) アンクの章 仮面ライダーOOO

コメント