ピクシブ百科事典

極道兵器

ごくどうへいき

石川賢の作品。極道の御曹司・岩鬼将造が常軌を逸した破壊と殺戮を繰り返すハイテンションバイオレンス漫画じゃぁ!!
目次[非表示]

わしゃ極道兵器じゃあぞ!!

センシティブな作品


概要じゃあ!!

極道兵器とは故石川賢が生み出したバイオレンスアクション漫画。石川賢作品の中でも異色の作品であり、最高傑作であるとするファンも少なくない怪作である。
作品の基本コンセプトはズバリ「ヤクザ仮面ライダーになったらどうなんの?

本作の特徴としては、主人公が完全に狂ってる事が挙げられる。殺人が大好きな主人公・岩鬼将造の過激な言動と度を超したバイオレンスが本作の魅力で、その凄惨さは陰鬱を通り越して清々しい程である。当初、石川はエネルギッシュながらもペーソス漂う「仁義なき戦い」的な作品を描こうとしていたらしいのだが、何を間違ったかエネルギッシュになり過ぎてこんなドワォ系な作品に…。まあ、氏の作風上、当然の帰結であったような気もしなくもない。
石川賢作品の宿命、打ち切りによって「でたなゲッタードラゴン」という所で終わってしまった。全3巻。

改造人間物というジャンルではほぼ同時期に某誌で連載されていた「最終兵器彼女」があるが、本作の作風はそれとはまったくの正反対であり、同じ時期に同じアイデアを与えても作者によってここまで違う物ができることの証明である。「最終兵器彼女を読んで鬱になった後極道兵器を読むと一気に躁状態になる」とは漫画ファンの口癖である。

長らく知る人ぞ知る名作の名を欲しいままにしていたが、2011年、まさかの実写映画化決定。日本もまだまだ捨てたもんじゃねぇな!!

ストーリーじゃあ!

あまりの過激さから組を追い出された御曹司・岩鬼将造は傭兵になり、世界の紛争地帯で大暴れし破壊と殺戮の限りを尽くしていた。そんなある日、先輩の傭兵・神竜から親父である組長が殺されたこと、そしてその背後に世界を牛耳ろうとする犯罪組織デス・ドロップ・マフィアが絡んでいることを知らされた将造は日本に帰国。
かくして将造とデス・ドロップ・マフィアとの空前絶後の大戦争が始まった!!

岩鬼将造

本作の主人公にしてドワォの化身。性格は気が狂ってるの一言で、破壊と殺戮が趣味のサイコさんである。一応、それなりに優しい所や義理堅い所もあるのだが・・・・。常人離れした怪力と射撃の腕前、そして剛胆というか無神経というか、とにかく超合金Zのように丈夫な精神力の持ち主で、どんな敵にも構わず突撃をかましては無関係の人諸共ブチ殺していく狂犬のような男。ページをめくるたびに誰か殺していると言っても過言ではない。物語中盤、左腕と右足を使い物にならないほどに損傷してしまったが、内閣特務捜査官・赤尾虎彦に本人の意志ガン無視で改造手術を施され、左手は機関銃、右足はロケットランチャーにされ文字通り極道兵器にされてしまった。しかしそんな哀れな状況も「よくもこんなスバラシイ身体にしてくれたのう!最高じゃあ!」の一言で嬉々として受け入れますます破壊の限りを尽くすようになってしまった。改造人間の悲哀なんてなんのそのである。
物語が続いていたらサイボーグ化が進んでいき、最終的にはタイトル通りの100%サイボーグ兵器になって大暴れする予定であった。
ちなみにOVA「真ゲッターロボVSネオゲッターロボ」では内閣官房長官として彼の名前が挙げられている。こんなのが政界入りするとは世紀末もいいところだが、ある意味納得の人選と言えよう。
余りにも無茶苦茶だがこんなキャラを動かしやすくてお気に入りという辺りは流石はケン=イシカワである。

ショーちゃん名言録

弾なんぞ、怖いと思うから、当たるんじゃ~~~!うわぉぉ・・わしがにらみつけりゃ、地雷だろうが逃げ出すわい!!
人が死ぬ時の悲鳴がわしの耳から身体中を駆け巡るんじゃ・・・
もっと青少年にとって、不健全で不健康な街を取り戻さねば!!オッサン!日本はダメになるぞっ!!社会の正しい姿とは、目に見える健全さと、目に見える不健全さとがちゃんと、ここにあることだ!不健全さがない社会は、健全さも目立たない!!
この夏一番の波が来るぜ~~~~!
わしは核爆発見たかったんじゃ!だのにあないな線香花火でごまかしおって!

関連タグじゃあ!!

石川賢 ドワォ
最終兵器彼女…ほぼ同時期に連載されていた改造人間物。ネタは同じだが作風は正反対。サイカノが「残酷な世界に蹂躙される人間」を描いた作品なら、極道兵器は「世界を蹂躙する残酷な人間」を描いた作品と言える。

関連記事

親記事

石川賢 いしかわけん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「極道兵器」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 134868

コメント