ピクシブ百科事典

ロシア正教会

ろしあせいきょうかい

ロシア正教会とは正教会(東方正教会)のロシアにおける教会組織・クリスチャン共同体である。
目次[非表示]

呼称

日本では「ロシア正教」と呼ばれたりしてそれ自体が独立した宗教・教派のように思われる事もあるが誤りである。
「○○正教会オーソドックス)」という名前の教派はエチオピア正教会アルメニア正教会(アルメニア使徒教会)などがあるが、ロシア正教会の場合それらと意味合いが違うのである。

ロシア正教会は東方正教会とも呼ばれる教派に属するコミュニティである。
彼ら自身、前に何もつけずに「正教会」「正教徒」と呼び、また呼称に「正教会」がある教派では最大規模であることから、単に「正教会」と呼んだ時、東方正教会のことを指すことが多い。
この記事でも以降は正教会=東方正教会という事で記す。

概要

988年にウラジーミル1世らによる集団改宗が行われ、まとまった数のキリスト教徒が誕生した。彼らの洗礼以前にも伝道は行われていた。

独立した教会組織として(最高位の聖職者たちである)総主教らに承認されたのは1589年のことである。
ロシアの広大な大地とその人口もあって、所属する信徒数は第二位のルーマニア正教会を大きく引き離すトップである。
ただしあくまで人数の話であり、ロシア正教会が他の正教会組織より上ということはない。

日本にも日本正教会という教会組織があるが、ロシア正教会からの伝道で誕生した組織であり、教会コミュニティとしてはロシア正教会の「娘教会」に相当する。
ロシア人正教司祭ニコライは「日本正教会訳聖書」の翻訳も手がけ、死後列聖されてからは「日本の亜使徒大主教ニコライ」として崇敬されている。

ロシアが共産主義ソビエト連邦体制になってからは他宗教同様迫害の対象となった。
政権は財産や施設(教会堂や修道院)の没収や破壊、宗教儀礼の禁止。一般信徒や修道士(女)や聖職者を逮捕したり、処刑を行った。
モスクワ救世主ハリストス大聖堂ヨシフ・スターリンの指示で破壊された。
大聖堂を破壊し、そこに無神論共産主義殿堂ソビエト宮殿」を建てる事で「宗教に対する勝利」の象徴にしようという計画だった。
しかし地下水の浸出やドイツ軍の侵攻によって計画は頓挫し、建設作業が完了することはなかった。
スターリンの死後、計画自体が取り消しになり、そこは温水プールになった。
ソ連が崩壊すると大聖堂を復元しようという動きが起こり、無事に建て直された。
再建にあたり現代の技術を用いてはいるが、その外装と内装は破壊前の形を再現したものになっている。
ソビエト宮殿を建てようとした反宗教者にとっては皮肉なことに、ロシア正教会再生の象徴的出来事となった。

プーチン大統領の重要な支持基盤の1つでここの影響で同性愛宣伝禁止法が制定された。
故に正教会は同性愛に厳しい一面も持つ。

関連タグ

聖ワシリー大聖堂 ニコライ堂

コメント