2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

コサック

こさっく

東欧~コーカサス地方で興った武装集団。或いは民族の一つと見られることもあれば、地位(役職)の一つとされることも。或いはコサックから命名された物事など。

概要

コサック(宇:Козаки 露:Казаки)は、ウクライナを発祥として東欧からロシア地方に存在する(した)軍事的共同体。
様々な集団(団体)が存在し、国や地域、時代によって何処にも属さない在野の兵であることもあれば、何れかの国に忠誠を誓った軍集団となったりと色々なコサックが存在した。
ロシア帝国南方辺境で結成された没落貴族やアジア系遊牧民の盗賊が基となった騎馬戦闘集団で、居住地域は、南ロシア(ドン・コサック)よりも、むしろウクライナ(ザポロージャ・コサック)であったが、ザポロージャ・コサックはロシア帝国に滅ぼされた。

16世紀、ドン川流域に現れたドン・コサックはロシアを代表する騎兵で、狩猟で生計を立てていただけでなく、オスマン帝国クリミア・ハン国との戦いで鍛えられ、ロシア帝国に自らを傭兵として売り込んでいた。
1773年、エカチェリーナ2世時代に起きたプガチョフの乱農奴制に反対するドン・コサックが蜂起したロシア最大の農民暴動。
日露戦争における旅順攻防戦において、ロシア帝国陸軍の戦力として活躍している。

ロシア革命後、赤軍に敗北したコサック諸軍は廃軍となった。ボルシェビキの弾圧により共同体としてのコサックも消滅した。
とはいえ「コサック騎兵」としては根強く残り、ドイツ軍捕虜の志願者で結成された親独派のコサック騎兵と「大祖国戦争」で大同団結した社会主義政権寄りのコサック騎兵が同時に存在していた。

現在でもウクライナ人はコサックの子孫とその文化継承者と自覚する意識が強く、一部の男性はコサックの伝統的な髪型であるチュブ(辮髪のようなもの)を特別な行事に臨む際にセットすることがある。

曖昧さ回避

関連記事

親記事

pixpediaで分割された項目 ぴくぺでぃあでぶんかつされたこうもく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「コサック」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「コサック」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 40644

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました