2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

もしかしてトンスラ(カトリック修道士)

概要

韓国で引用される由来のとされるが、地方によって差がある民間療法の一種に過ぎない。このため、汲み取り式便所に竹を差込んで、竹の中に排泄物が詰まって出てきたものにお酒を混ぜて飲む方法や6歳の子供の大便に水を混ぜ、丸1日発酵させ、炊いた白米と酵母、糞尿を混ぜて酒にする等様々な製法がある。


一部界隈ではこれの存在を以って「韓国には食糞文化がある」などと吹聴する向きもあるようだが、典型的なネットde真実案件であり、信憑性は低いという見方もある
ただし、光海君治世中である1613年に刊行され、李氏朝鮮の第一の医書とされる『東医宝鑑』において、鳥肉や獣肉で食中毒になった時は人糞汁、 毒キノコ中毒には人糞一升、重病者に人糞を食べさせることが秘宝とされていた。

漢医典に記される人中黄と呼ばれる甘草の粉末を人糞に混ぜたり、竹筒に入れた甘草の粉末を肥溜めに漬けて作成する漢方薬と成分や制作手法的には似たものであり、もっとも、こっちにしろなぜ効能があるかは科学的には解明されていない代物である


いずれにしろ、伝統酒とはいえ「骨折・打撲・腰痛に効果がある」と信じられてきた民間療法に過ぎないので、韓国ですら1960年代から飲む人が減って衰退傾向にある。

ちなみに、インドネシアにはコピ・ルアクという、マジもののうんこから作られるコーヒーが存在する。ただし、原料は人糞ではなくジャコウネコの糞である。
また、人中黄以外にも漢方典や古代チベット医典には秋石、人中白など牛や人の糞尿を利用した糞尿薬が多く掲載されている。

関連タグ

排泄物 韓国料理 ネットde真実

外部リンク

トンスル - Wikipedia

関連記事

親記事

さけ

兄弟記事

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました