ピクシブ百科事典

フェノール

ふぇのーる

ベンゼン環に水酸基が結合した構造を有する化合物。
目次[非表示]

フェノールとは、有機化合物の一種。芳香族化合物の一種でもある。
石炭から抽出されてできたなので、またの名を「石炭酸」と呼ぶ。

性質

ベンゼン中の水素原子1個をヒドロキシ基(-OH)に置き換えたもの。
常温では無色の固体で、有毒。皮膚に触れるとその部分が侵される。
水溶液中では非常に弱い酸性(二酸化炭素の水溶液である炭酸水よりも弱い)を示し、ナトリウムと反応して化合物を生成する。

製法

ベンゼンから作るのは一見簡単なように見えるが、簡単に作れるものではなく、実際の製造現場では以下の2通りの製法が使われる。

  • アルカリ融解法:ベンゼンアルカリ水溶液で数段に分けて反応させ、最終的にフェノールにする。
  • クメン法:ベンゼンから「クメン」と呼ばれる物質を生成させ、それを分解してフェノールとアセトンにする。

用途

消毒薬

昔は消毒薬として使われていたらしい。だが、発がん性が指摘され、今は使われていない。

樹脂原料

現在のフェノールの用途はもっぱらこれ。付加重合させると「ベークライト」と呼ばれる樹脂ができ、さまざまなところに使われている。

サリチル酸の原料

フェノールにカルボン酸を付加させるとサリチル酸ができる。
それにメチル基を追加したサリチル酸メチルは、解熱鎮痛薬として使われている。

関連タグ

ベンゼン ポリフェノール 化学 サリチル酸 

pixivに投稿された作品 pixivで「フェノール」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1729

コメント